選手紹介

岡山名物

翔貴

Syouki

所属:岡山ジム

1996年7月14日生  岡山県出身  -型

身長172cm  フェザー級

27戦10勝(6KO)12敗5分

  • ルンピニーボクシングスタジアムオブジャパン フェザー級王者
  • 翔貴

「岡山の名物は、桃、マスカット、そして、オレ!」
機会あれば、自ら考えたこのキャッチコピーを喧伝する傾奇者が翔貴である。

とにかく派手好きでビッグマウス。試合結果がそのパフォーマンスに追いついてはいないが、それを恥じるでもなく、毎試合、大見得を切ってファンを楽しませる。

タイ人トレーナーが常駐し、地方ジムながら地元興行も主催する岡山ジムでのびのびと育った翔貴は、天衣無縫そのままにプロとなりベルトも巻いたが、まだまだその程度では満足せずに上を目指している。

滅茶苦茶なキャラクターとは打って変わって、試合は、何気にテクニシャン。センス良く、ハイキックやヒジ打ちなど必倒の攻撃も備える。タイトル獲得時、96秒KO勝利の右ハイキックは、電光石火の切れ味だった。

KNOCK OUT初登場の2018年9月8日、栗秋祥梧戦では、「あのイケメンをぐちゃぐちゃにしてやりますよ!」と翔貴節全開で挑発しながら、試合は、微妙な内容でジャッジ1名の支持を得た1-0のドロー。先にKNOCK OUTで派手なKO勝利を収めている実力者と互角以上ではあったが、なんともズッコケた内容でもあり、それでも憎めないボケっぷりが唯一の救いだった。

しかし、おそらく翔貴は、逆境にめげることなくKNOCK OUT再登場を狙うことだろう。それが成った際は、天性のエンターテイナーを試合前後の発言やパフォーマンスもセットで楽しんでいただきたい。

小野寺’s Eye

自称“岡山名物”翔貴。

抜群のセンスを持ちながらも練習嫌い。それが仇となって結果を出せないパターンが多々あるが、周りのサポートで少しづつ開眼。

あとは本人次第。

持って生まれた才能を開花させ、上位に食い込むか注目だ。

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

栗秋祥梧 vs 翔貴 KNOCK OUT 2018 OSAKA 2nd

過去5戦績