選手紹介

毒針エルボー

キヨソンセン・FLYSKYGYM

所属:FLY SKY GYM

1990年5月24日生  タイ出身  -型

身長165cm  ライト級

178戦104勝(11KO)68敗7分

  • WMCインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者
  • 2012年豪ムエタイチャンピオン
  • キヨソンセン・FLYSKYGYM

小比類巻貴之を破るなど日本で活躍したタイ人ファイター、フンファーが日本人女性と結婚し創設した神奈川県綾瀬市のムエタイジム「フライスカイジム」の選手兼トレーナーとして来日したキヨソンセンは、在日ムエタイファイターとしてトップクラスの実績を残している。

ほとんどの試合を勝利し、特筆すべきは高いKO率。ハイキックや右フックによる一撃ノックアウトもあれば、ヒジ打ちで叩き壊すような戦慄シーンを現出させることもある。パンチも蹴りもオールラウンドに操るが、本人は「ヒザ蹴り、ヒジ打ちが得意」「私のヒジ打ちは“斬る”だけでなく“倒す”ことができる」と得意技に自信を持っている。

キックボクシングのあらゆるスキルをマスターしたタイ人選手は、世界中で指導者として重宝されるが、キヨソンセンのように選手兼任で積極的にリングに上がるタイプも珍しくない。そんな在日タイ人ファイターは、大きく二つに分別できる。「試合を仕事として淡々とこなす」淡白タイプと「タイ本国の試合以上に意地になって倒しに行く」高プライドタイプである。これまでKNOCK OUTに出場し、“神童”那須川天心と接戦を演じた“最強先生”ウィサンレックなどが後者の好例で、彼らは日本人生徒が応援する中、その力を鼓舞すべく全力を引き出し、更に日本のキックボクシングスタイルを熟知しており一律に倒しにいく。

ムエタイの二大殿堂、ラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムなどで200戦近くを闘い抜き、2018年現在、28歳と心技体充実した年齢のキヨソンセンこそはその典型と言えよう。

そして、試合1週間前、KNOCK OUTライト級アジアトーナメント出場選手の欠場により急遽参戦が決まった“Mr.KNOCK OUT”森井洋介戦。普段はシャイで静かなサッカー好きのタイ青年がリングの上で豹変した。独特なリズムで打ち込む右ミドルキックは、森井の左わき腹を赤黒く染め上げ、カウンターのヒジ打ちなどでヒヤリとする場面が幾度にもわたった。フルラウンド5回戦の判定は1-0でキヨソンセンをジャッジ1名が支持する有利のドロー。続く延長戦、鬼神と化した森井の猛攻に沈んだが、確かな実力を示してみせた。

小野寺’s Eye

タイの国技であるムエタイ。そのほとんどが幼少期の頃から家庭を支える為にリングに上がり続ける。キヨソンセンも当然そこでしのぎを削り、揉まれてきた。

その一発で試合を終わらす事が出来るハイキックや肘を武器に、数々の日本人ファイター達を降して来たキヨソンセン。これに加え、日本人選手の闘い方を熟知している点も怖い。闘うことが日常のこのムエタイ選手に、隙は見当たらない。

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

森井洋介 vs キヨソンセン・FLYSKYGYM KNOCK OUT 2018 cross over KING OF KNOCK OUT ライト級アジアトーナメント1回戦

過去5戦績