選手紹介

永遠の反抗期

前口 太尊

Taison Maeguchi

所属:PHOENIX

1986年9月25日生  東京都出身  O型

身長168cm  ライト級

35戦21勝(15KO)14敗

  • 元J-NETWORKライト級王者
  • 特技(キックボクシング以外):テキーラ早飲み(5杯くらい)
    休日の過ごし方:飲み歩き
    最近ハマっていること:路上キックボクシング
    今ほしいもの:30万位まとまったお金が欲しいです。
    好きな音楽(ジャンル/アーティスト):別にいない
    苦手なもの・こと:ミドルキック
    愛用している物:rsc
    好きな本・漫画:ろくでなしブルース
    よく行く場所:リアン(四谷三丁目バー)
    ファンの皆様へ:歴史に残る試合をするので試合観に来てね。
  • 入場曲:Dead End in Tokyo/MAN WITH A MISSION
  • 前口 太尊
  • 前口 太尊
  • 前口 太尊
  • 前口 太尊
  • 前口 太尊
  • 前口 太尊

2010年4月にJ-NETの新人王決定トーナメントでプロデビュー。デビュー戦をKO勝利で飾ると、準決勝、決勝と相手が欠場で不戦勝となり、僅か1勝で新人王に。

その後も自慢の強打を武器にデビューから6連続KOの快進撃。

7戦目に初黒星を喫するが、加藤剛士や皇治といった実力者に勝利しキャリアを積み、2013年にJ-NETWORKライト級王者挑戦者決定戦に出場。増田卓仁をTKOで下すと、タイトルマッチでも、カズ☆ソーンパヤックをKO。初のタイトルを獲得した。

その後、中国で試合を行うなど海外マッチも経験。高橋幸光、大月晴明など、強豪選手を立て続けに破る快進撃で、階級トップクラスに名を連ねた。

2016年5月にRISEスーパーフェザー級王者の野辺広大と対戦。僅差判定負けを喫するも、改めて実力の高さを証明。

KNOCK OUTには、2017年6月17日にKING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント1回戦で初登場。“マッドピエロ”山口侑馬をKOしてベスト4となると、続く準決勝、勝次戦でKNOCK OUT史上に残るダウンの応酬を重ねた名勝負を演じた。勝負はKO負けとなり長期欠場を余儀なくされたが、再登場が待たれる名バイプレイヤーとしてファンの支持を得た。

そして、2018年10月7日、KNOCK OUTライト級アジアトーナメント出場者決定戦で“居合パンチャー”町田光との初対決という大勝負で復活。接戦の上、判定負けを喫するが、まだまだ待望の声が高い人気者である。

小野寺’s Eye

左右のパンチ連打に肘を織り交ぜ、タイソンと名の着く通り、高いKO率を誇る前口。強豪相手だろうが、ダメージを負おうが、怯まず諦めず、相手に向かって行く。
前口太尊の試合にハズレなし!

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

町田光 vs 前口太尊 KNOCK OUT 2018 cross over KING OF KNOCK OUT ライト級アジアトーナメント出場戦

山口 侑馬 vs 前口 太尊 KNOCK OUT Vol.3

大月晴明vs 前口太尊 NO KICK NO LIFE 2016

KNOCK OUT! 5/26放送分 「ライト級トーナメントに前口太尊 殴り込み!」

前口太尊 トーナメント優勝して世界発信できるのは俺! 6/17 TDCホール直前取材

【本屋キックを書泉グランデで開催!】前口太尊選手&小笠原瑛作選手よりコメント☆書泉チャンネル

過去5戦績