選手紹介

世界最高峰王者

ヨードレックペット・オー・ピティサック

ยอดเหล็กเพชร อ.ปิติศักดิ์/????????? ?? ???????

所属:T-Ded 99 Muay Thai Gym

1994年12月2日生  タイ出身  -型

身長162cm  ライト級

  • 第2代KING OF KNOCK OUT ライト級王者
  • ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者
  • 元ルンピニースタジアム認定ライト級王者
  • ヨードレックペット・オー・ピティサック
  • ヨードレックペット・オー・ピティサック
  • ヨードレックペット・オー・ピティサック
  • ヨードレックペット・オー・ピティサック

2018年3月6日、ムエタイ界で最も権威のあるアワード、サイアムスポーツ社認定ムエタイ部門でMVPを受賞。二大殿堂、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアム認定王者というスーパーチャンプを更に飾り立てる最高栄誉を得たヨードレックペットは、2018年春現在、ムエタイ最高選手であることは間違いない。

パンパヤック(2013、14、15年連続MVP選手)やセンマニー(そのパンパヤックのライバルでファイトマネーが最も高いと言われる選手)といったムエタイスーパースターたちに競り勝った史上に残るグレイテストだ。

2016年3月21日、ヨードレックペットと対戦し判定0-2で惜敗した“ムエタイ都市伝説”ヤスユキ(2017年に引退)は「とにかく頑丈。僕のパンチが何発も当たったんですけど、まるで壁を殴っているみたいでした。間違いなく今最高のファイターですよね。パンチも蹴りも強い。それがテクニックで相手を翻弄するような小賢しいことはせずに真正面から勝負する。相手の攻撃を避けるくらいなら殴られても殴り返して倒そうとする具合ですから、まさにKNOCK OUT向きなんじゃないですかね」とその凄味を語っている。

2018年4月14日、“Mr.KNOCK OUT”森井洋介の保持するKNOCK OUTライト級タイトルに挑戦し、驚異的なタフネスと攻撃力を見せつけ、2ラウンド、左ヒジ打ち一発で鼻骨を粉砕しTKO勝利に戴冠。

強すぎるムエタイの象徴、こんな途方もない王者に誰が勝てるというのか?

そんな諦観が漂う中、同年8月19日、ヨードレックペットに挑んだ“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞は、怪物王者に臆することなく立ち向かい、フルラウンドを闘い抜いて判定こそ敗れたものの、三日月蹴りなどの攻撃を「効いた」と言わせしめた。

そして、同年10月7日より開幕したKNOCK OUTライト級アジアトーナメントの初戦、準々決勝。当初、相手は中国のファイターだったが、怪我で参戦不能となり、試合1週間前のオファーを受諾した岩城悠介に変更となった。対戦相手が変わろうが、ヨードレックペットは動じることなく、ここで再び盤石の強さを見せつけ、右ミドルキックでダウンを奪取して快勝。髙橋戦で垣間見せた隙など微塵も感じさせず優勝候補筆頭の力を見せつけた。

小野寺’s Eye

森井洋介の持つ王座へ挑戦するため初登場した2018年4月。それはあまりにも衝撃的なknockoutデビューであった。

丸太のように太い足から繰り出されるローキックとミドルキック。そしてその1発で森井から王座をもぎ取って行った肘打ち。どれもが想定外の威力を持つ。

現在本場タイでも連戦連勝。誰がヨードレックペットの快進撃を止めるのかと世界中で注目されている。

尋常ならざるタフさと強打を併せ持つこの最高峰王者に土をつけるファイターなどこの世に存在するのか!?

選手情報

Fighter’s Info

試合動画

ヨードレックペット vs 岩城悠介 KNOCK OUT 2018 cross over KING OF KNOCK OUT ライト級アジアトーナメント1回戦

ヨードレックペット・オー・ピティサック vs 高橋一眞 KNOCK OUT SUMMER FES.2018

Mr.KNOCK OUT・森井洋介 VS 世界最高峰王者・ヨードレックペット KNOCK OUT 「SAKURA BURST」 2018.4.14

พันธ์พยัคฆ์ ม.รัตนบัณฑิต VS ยอดเหล็กเพชร อ.ปิติศักดิ์(パンパヤック vs ヨードレックペット)

คู่เอก พันธ์พยัคฆ์ ม.รัตนบัณฑิต - ยอดเหล็กเพชร อ.อัจฉริยะ 134 ปอนด์ ศึกวันชัยชนะ เวทีลุมพินี

過去5戦績