選手紹介

世紀末救世主

北斗拳太郎

Kentaro Hokuto

所属:ボスジムジャパン

1990年6月26日生  埼玉県さいたま市出身  -型

身長182cm  スーパーウェルター級

26戦20勝(9KO)5敗1分

  • SB日本スーパーウェルター級王者
  • 元J-NETWORKスーパーライト級王者
  • 北斗拳太郎
  • 北斗拳太郎

本名は貫井健太郎。
旧K-1で活躍していたアーネスト・ホーストに憧れていたことで、ホーストが学んだボスジムの日本支部、ボスジムジャパンに高校生の時に入会。喧嘩無敗の腕っぷし、ジムで磨かれた技術でKAMINARIMON、J-GLOW、アマチュアSBといったトップレベルのアマチュア大会を次々と制覇した。立ち技だけでは飽き足らずMMA(総合格闘技)のアマチュア大会『JML』全日本トーナメントやZSTアマチュア大会『PRE STAGE』の賞金トーナメントでも優勝ている。

 そして、人気漫画『北斗の拳』の主人公ケンシロウが着ていそうなジージャンにジーパン姿だったことから、ジム会長の案でリングネームは北斗拳太郎となり、2011年7月、J-NETWORKのリングでプロデビュー。(ちなみにボスジムでは、今までに千春“桃白白”、千春“ウォーズマン”、影日“ポパイ” 和徳、ハルク大城、剛田武、ゾンビ島田といったコミックなどから引用されたキャラクター名を使った選手を次々と輩出している)

 デビューして間もない頃は、ケンシロウを意識してジーパン調のスパッツで試合をするくらいだったが、徐々にコスプレもパワーアップ! 肩パッドを装着、髪型も元ネタに似せるなど現在はケンシロウになりきる“なりきり格闘家”として知られ、リング上だけでなく記者会見や試合後の控え室インタビューでも徹底してキャラを貫いている。

 試合ではさすがに北斗百裂拳などの北斗神拳が出ることはないが、強靭なフィジカルを武器に常に前に出て相手を潰すアグレッシブなファイトスタイルで12年にTRIBELATEキックスーパーウェルター級王座を獲得。

 15年にはJ-NETWORKスーパーウェルター級王座、17年に坂本優起を下してSB日本スーパーウェルター級王座を獲得した。18年11月、“ミスターSB”宍戸大樹をパワーで圧倒し判定勝利を収め、現役王者の強さを見せつけている。

選手情報

Fighter’s Info

過去5戦績