インタビュー

重森陽太『KNOCK OUTのベルトを協会に持って帰りたいという想いは強い』12.9「KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館」

12月9日(日)両国国技館で開催される『KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館』にてKING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント一回戦でモンゴル代表 ボルドバートル・アルタンドルグーン選手と対戦する重森陽太選手の試合前インタビューを公開します!

 

――今年最後のKNOCK OUT参戦が決まりました。

重森「昨年に開催されたKING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメントに参戦したかったのですが、新日本キック代表で勝次さんが出られていたので自分は出場出来ず、今回はアジアトーナメントに参加することが出来たので凄く嬉しいです。ここでしっかりと爪痕を残したいと思います。僕は新日本キックボクシング協会を代表して出場するのでKNOCK OUTのベルトを協会に持って帰りたいという想いは強いです。」

――勝次選手はKNOCK OUTに出て更に知名度が上がりましたが、そういう活躍は意識してました?

重森「そうですね。勝次選手もアジアトーナメントに出たかったと思うので自分が出る分、しっかり結果を残したいと思います。」

――出場メンバーを見てどのような印象がありますか?

重森「森井選手は、一回戦でキヨソンセン選手に負けたと思ったのですが逆転KO勝ちして突破したのでいつか戦ってみたい選手です。韓国のチャンヒョン・リー選手と町田選手が今度戦うんですよね? 僕の反対ブロックは盛り上げてくれればいいかなと思うだけで誰が勝ち上がってきてもいいです。」

――重森選手の一回戦の相手、モンゴルのボルドバートル・アルタンドルグーン選手についてはどのような印象がありますか。

重森「試合映像を見たところ、スタミナに自信を持っているのかひたすら前にがちゃがちゃ来るタイプでしたね。そこをしっかりといなせるところはいなして、打ち合えれば打ち合って早めに倒したいと思います。ライト級トーナメントはKO勝ちが少ないのでKO狙いで行きたいですね。向こうはスタミナで勝負しに来ても僕もスタミナに自信ありますし、テクニックでカバーしたいと思います。あとモンゴル人は体幹が強いといいますけど、本当なんですか?」

――アマラ忍選手によると、小さい頃からモンゴル人は馬に乗る習慣があり、バランス感覚、体幹が強くないと乗れないそうです。それで自然と鍛えられているとか。

重森「そうなんですね。自分も首相撲で鍛えているのでそれは問題ないと思います。」

――今回アジアトーナメントだけに国際戦となりますが、日本人対決よりも燃えますか?

重森「いや、日本人対決の方が燃えます(笑)。ですが、未知な部分の多いモンゴル人選手との絡みなので新鮮で面白い試合が出来るんじゃないかと思います。僕は昔からタイで試合をしてきてデータのない選手とやることが多く、それでも試合中に柔軟に対応できるのは長く続けてきたらから。それも自分の武器だと思います。」

――昨年3月に日本フェザー級タイトル2度目の防衛に成功して以降、階級を上げて無敗、ライト級での試合はまだ数戦ですが、調子はいい感じですか?

重森「最初の頃は調整の仕方はこれでいいのかな?と不安でしたが、最近はちょっとずつライト級に合わせた調整が出来るようになり、前々回、7月のヨーペットJSK戦からかなり調子がいいですね。前は181㎝あってフェザー級で試合していたのでかなり減量がきつかったです。一カ月間ずっと減量が続いてサウナスーツ着ての水抜きは2週間していましたから。今、実は試合ない時の方が体重は軽いんです(笑)。動かないとあまりお腹が空かないので食べないんですよね。」

――今回勝ち上がれば、来年2月の準決勝でヨードレックペット選手と対戦します。

重森「今はヨードレックペット戦に向けた練習しかしていないんですよ。森井選手が今年4月に負けた翌日から対策を始め、ディフェンス面を半年間やり、カウンターを最近練習しています。もうしっかりと準備はしてあるので、次の一回戦はしっかり勝ち上がらないといけないと思います。今すぐにでもヨードレックペット選手と試合がしたいぐらいですね。もう普通にムエタイスタイルで勝負しても勝てる自信もあります。」

――そんなに早くから準備を!?

重森「1Rに数発KOにつながる技を用意していて心に余裕を持った試合を進めていけるようにもしています。次の試合でその技を出し過ぎないようにしてボルドバートル選手をKOしたいです。もしヨードレックペット選手をKOすることが出来れば、ヨードレックペット選手に判定勝ちしている梅野(源治)選手をも超えることが出来ますよね。」

――決勝戦では誰が勝ち上がってくると予想しますか?

重森「やはり森井選手ですね。でも2月のヨードレックペット戦を超えれば優勝できると思うので2月が山だと思っています。」

――来年はどういう1年にしたいですか。

重森「順調に4月に優勝できれば、話も通りやすいと思うのでラジャダムナンスタジアムの王座に挑戦したいです。」

――ムエタイに勝つにはムエタイだけでなく、他の技術などが必要という選手もいます。重森選手はムエタイスタイルにこだわってラジャダムナンタイトル奪取を狙いますか?

重森「僕はムエタイを崩すために一度ムエタイを知るというスタンスでいます。日本人が同じムエタイで戦っても勝てないと思います。タイ人ってあまり前足を蹴らないですよね。オーソドックスだったら右しか蹴らないし、サウスポーだったら左しか蹴らない。ムエタイのテクニックを取り入れながら、僕は両方で蹴ることができ、ムエタイでは好かれないような技術を磨いてます。ムエタイの動きからいきなり空手の蹴りをやると当たりそうですし、ムエタイの試合では強打じゃないとポイント取れないのでそういうのも意識してます。」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。

重森「12月から僕のアジアトーナメントが始まります。準決勝では、今まで見てきたヨードレックペット選手とは違う、焦ったり、熱くなったりといった一面を引き出せると思います。そういうのを期待させるような試合をボルドバートル戦で見せます。ボルドバートル選手にはすでに眼中にないので、早く2月で試合をしたいですね。」

 

KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館

◆日時
2018年12月9日(日)14:00開場 16:00試合開始

◆会場
両国国技館(http://www.sumo.or.jp/Kokugikan/

◆アクセス
〒130-0015 東京都墨田区横綱1丁目3-28
JR総武線 両国駅西口下車 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩5分

◆主催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社  株式会社RIKIX   株式会社ブシロード
◆協 賛
ダイヤモンドブログ AINEXX

◆入場料金(消費税込み)
砂かぶり席(特別シート)  ¥30,000※完売
アリーナA(椅子席)     ¥12,000※完売
アリーナB(椅子席)     ¥9,000
アリーナC(椅子席)         ¥8,000
桝A席(桝席)      ¥7,000
桝B席(桝席)      ¥6,000
2階スタンドA       ¥7,000
2階スタンドB       ¥5,000
2階スタンドC       ¥3,000
※当日券は各1000円アップ

◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999
http://pia.jp/
ぴあカウンター、サークルKサンクス各店、セブンイレブン各店
・RIKIX      03-3718-2353

【注意事項】
◆チケットはいかなる場合(紛失・焼失・破損)でも再発行致しません。
◆選手の欠場により対戦カードが変更となる場合もございますのでご了承ください。
◆車イスでご観戦のお客様はKNOCK OUTホームページのお問合せフォームからお問合せください。
◆小学生以上の方はチケットが必要になります。小学校入学前のお子様は保護者様同伴の元、膝上での観戦に限りチケットは必要ございません。
◆桝席は1桝2人掛け(1人につき1枚のチケットが必要となります。)
◆桝席は相席になる場合がございます。
◆グッズ付きチケットについて
・ご購入いただいたチケットは当日会場に特設しているチケットぴあ特典引換所までご持参ください。
・お1人様1回限りの引換となります。