インタビュー

チャンヒョン・リー「ファンの皆様にいい試合を見せて大会を盛り上げたいと思います」2.11試合後インタビュー

2月11日(月祝)大田区総合体育館にて開催された『KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」』。

“Mr.KNOCK OUT”森井洋介選手から3ノックダウンを奪いKO勝利でトーナメント決勝戦へ駒を進めたチャンヒョン・リー選手の試合後コメントが届きました!

――試合を振り返っていかがですか?

チャンヒョン「自分の戦略通りに試合をすることが出来ました。森井選手とは試合の相性が凄く良かったのでいい試合になりました。自分が考えていたよりも早い結果になりましたね。」

――どのような戦略を立ててきました?

チャンヒョン「パンチとローキックで攻める作戦でいました。」

――あんなに早い段階でローキックが効くとは思ってました?

チャンヒョン「最初から効かせられると思ってましたね。」

――ローキックを強化してきたり、下半身を鍛えてきたのでしょうか?

チャンヒョン「フィジカルを強化してきたのでローキックを効かせられたんだと思います。」

――先に森井選手の左ローをもらってましたが、そのダメージはないですか?

チャンヒョン「森井選手のローでのダメージはなく、以前に対戦した裕樹選手の強いローを受けても特に問題はなかったです。」

――決勝戦で対戦するヨードレックペット選手の印象を教えて下さい。

チャンヒョン「身長が低くて自分と体格が似ているので、いい試合が出来ると思います。」

――どういう試合展開をしたいですか?

チャンヒョン「今日のようにアグレッシブに攻めてKO出来るように練習してきます。」

――今までにタイ人と対戦した経験はありますか?

チャンヒョン「ヒジなしルールで3戦やって3勝2KOしました。」

――ムエタイ選手に対して苦手意識はないですか?

チャンヒョン「それは内緒です(笑)」

――3月10日にはRISEの-61kg世界トーナメント参戦が決まっていますが、コンディションはいかがですか?

チャンヒョン「特に怪我はないですし、コンディションも問題ないです。」

――ファンにメッセージをお願いします。

チャンヒョン「日本人ではなく韓国人の私が決勝戦に行くことになりましたが、ファンの皆様にいい試合を見せて大会を盛り上げたいと思います。」