インタビュー

岩城悠介「あいつ(岩城)とヨードレックペットをやらせてみたいと思わせる選手にならないといけない」4.29『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』

2019年4月29日(月祝)ベルサール高田馬場で開催される『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』にて、町田光選手と対戦する“聖域の超人”岩城悠介選手の試合前インタビューを公開します!

――昨年はどういう1年でしたか。

岩城「昨年10月のヨードレックペットという世界最高峰と言われている選手と戦ったことで経験値をもらったつもりではいましたが、12月の岡山ジム主催興行での59kg賞金トーナメントの準決勝(vs髙橋聖人)でポカをしてしまいました。宮城から岡山まで来てくれた方もいたのにああいう結果に終わり、あまりの自分のダメさにイラ立ちを感じ、大会翌日は1日中眠れなかったですね。テクニックのある相手にはここまで苦戦するんだなと感じ、自分の弱点もわかった試合結果でした。もう下ばかり向いてもしょうがないので上を向こう、逆にそこを詰めていけばやれるとも思ったので次は何倍も強くなって帰ってきます。」

――今回、ヨードレックペット戦以来、2度目のKNOCK OUT参戦が決まりました。

岩城「ヨードレックペット戦は代打出場だったので今回はしっかり結果を残してKNOCK OUTレギュラー選手として出場出来るようにしたいと思います。」

――実際にヨードレックペットを体感してどうでした?

岩城「全体的にバランスが良く身体が頑丈ですし、パワーもあり、正直パワーの差を感じましたね。僕はムエタイの選手とやったことがあんまりなく、攻撃力、タイミングも今まで対戦した選手とは違っていて格の違いもありました。スピード面に関してはのらりくらりとしたタイミングで蹴ってきて速いという印象はなかったのですが、バッチリ蹴られてしまいましたね。途中で怒ったような表情を見せることはあったのですが、僕の攻撃が入っても一切弱気な表情を見せることがなく、世界最高峰だからそりゃあそうだなとは思ってました。」

――身体が硬く、蹴った方が痛いということをこれまでにヨードレックペットと対戦した選手が言っていたのですが、実際そうでした?

岩城「自分が蹴って硬いとは思いませんでした。逆に蹴られて試合中は痛いとは思いませんでしたが、試合後は足がパンパンに腫れて痛かったです。身体が丸ごと持っていかれてしまうような、強烈なローキックでした。タイミングに関しては、蹴る瞬間まで顔を沈めてくるので上と下のどちらに攻撃が飛んでくるのかがわかりませんでした。」

――突然のオファーで準備期間が一週間しかなかったわけですが、もっとあれば試合内容は変わっていたとは思います?

岩城「あの準備期間だったからこそあそこまで出来たと思います。一週間前にタイで試合をしていて、僕の中では勢いというものがありました。」

――結果は判定負けでしたが、試合を終えて、世界最高峰とご自身の差はどのくらいだと感じました?

岩城「今の自分の立場ではっきり言えたことではありませんが、ちゃんとしたオファーを受けていつかまたやりたいとは思っています。やられたままで終わるのは一番嫌ですからね。あと、格闘技をやっている以上は強い選手とやらないと意味がないと思ってます。今回の相手、町田選手は世界タイトルを持っているので少しでもそういう強い選手との経験値もモノにして実力を付けていき、早ければ早いタイミングで再戦が出来ればいいでしょうし、あいつとヨードレックペットをやらせてみたいと思わせる選手にならないといけないと思ってます。」

――町田選手についてはどのような印象がありますか?

岩城「僕は選手に対して憧れはないのですが、町田選手に関しては尊敬を抱いてます。僕がMA日本キックにいた時代からトップ戦線にいた選手でしたし、当時は僕の先輩たちが町田選手とやりたいと言っている話を聞いていて遠い存在のイメージだったので、まさか僕がやれるとは思いませんでした。対戦相手として僕を選んでいただけたことは凄くありがたいことです。町田選手が持っている引き出しは僕よりも全然多いと思いますし、気持ちの面も強いでしょうが、逆にその気持ちの面でも負けたくないのでハートでぶつかりに行こうと思ってます。」

――町田選手の技術面の印象はどうですか?

岩城「12月に森井洋介選手を倒したチャンヒョン・リー選手とこれまでに2度対戦してしっかりやり合ってましたよね。あそこまでやり合うということは、しっかり戦略を緻密に組み立てているからやれるのでしょうし、技、フェイントの数も多く何でも出来る印象があります。町田選手はひたすら前に出てくるタイプで、僕と似ているので噛み合う試合になりそうです。」

――町田選手の必殺技、居合パンチなどの変則技の対策はどうでしょう。

岩城「練習では対策も考えてやっていますが、自分のスタイルを貫こうと考えてます。居合パンチへのカウンターも考えているのでぶつけてやります。町田選手は全然僕よりもキャリアが違うので、食ったら美味しい。僕からは奪いに行くものしかありません。ヨードレックペットとやる前も失うものは何もないと言いましたが、今回は準備期間をちゃんともらった上でのオファーですし、応援してくれる方もたくさんいるので、そういう人たちの想いも背負って町田選手の全てを奪ってやろうと思います。」

――町田戦をクリアーしてどういう1年にしたいですか?

岩城「強い選手をバンバン倒して、世界に一歩でも近づけるように上を見るだけですね。」

――12月に敗れた髙橋聖人選手もKNOCK OUTレギュラー参戦を狙う選手の一人です。リベンジは狙いますか?

岩城「そうですね。ワンデートーナメントの途中で対戦しているので、お互いにダメージを負ってない状態で戦えばまた違う展開になるのかなと思います。」

――最後にファンにメッセージをお願いします。

岩城「今回KNOCK OUT 2戦目で日本人対決なので、ヨードレックペット戦とは違う岩城悠介を見せるので楽しみにしていて下さい。」

 

KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」

◆日 時
2019年4月29日(月祝) 開場 15:00 開始 16:30
◆会 場
ベルサール高田馬場
◆アクセス
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワーB2 TEL:03-3208-0880
JR線,西武新宿線「高田馬場駅」徒歩5分、東西線「高田馬場駅」徒歩6分、副都心線「西早稲田駅」徒歩7分
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社RIKIX 株式会社ブシロード
◆協 賛
ダイヤモンドブログ AINEXX
◆入場料金(消費税込み)
・VIP(最前列・パンフレット付) 20,500円※完売
・アリーナA  10,500円
・アリーナB  8,500円
・アリーナC  6,500円
・立見席       3,500円
※当日券は各500円アップ

◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:842-103)
http://pia.jp/
・RIKIX 03-3718-2353