インタビュー

松本芳道「俺は本当に昔より強くなっているのでそれを証明したい」4.29『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』

2019年4月29日(月祝)ベルサール高田馬場で開催される『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』にて、前口太尊選手と対戦する“ザ・パニッシャー”松本芳道選手の試合前インタビューを公開します!

――今年1月のKNOCK OUTでの杉本卓也戦が約8年ぶりのキック復帰戦でしたが、いかがでしたか。

松本「全然自分の実力が出せないまま終わりましたね。自分の攻撃だけを当てて、相手の攻撃をもらわないというのが練習でやっていた自分のスタイルなんですが、自分のジム(KICK-DIET 吉野町店)を計量の前日までオープンしていたことで試合当日まで足の疲れが残ってしまい、思っていた動きが60%しか出来ませんでした(苦笑)。昔よりも今はジャンプ力が付いているので飛びヒザも見せたかったのですが、足がうまく使えなかったことで見せられませんでした。今回は計量の2日前からジムを休みにして、自分の実力を出して前回と全然違うところをみんなにわかってもらいたいですね。」

――ジムの会員さんが見守る中、ジム代表として戦うことでプレッシャーはなかったですか?

松本「俺は緊張、プレッシャーには大丈夫なんですが、調整がうまくいかなかったことで満足した動きが出来なかっただけです。でも試合中は最高に楽しかったです。」

――対戦した杉本選手の印象はどうでした?

松本「上手い選手でしたね。ちゃんと対策してきて、僕の飛びヒザを前蹴りで封じてきましたし、パンチにカウンターでヒジを合わせてきたので近付きづらくなりました。」

――杉本選手は「松本選手はやり辛かった」と言われてました。

松本「本来は俺の距離だけで戦うことが出来るので、相手にとってはもっとやり辛いはずなんです。」

――久しぶりに戦った松本選手の姿を見て、応援してくれる方の反応はどうでした?

松本「あんだけ試合前に粋がっといて判定決着はダメでしょ?と言われましたね(笑)」

――久しぶりに動いて改めて気づいたこと、可能性を感じたことはあります?

松本「全然自分の実力を出せていないので感じてないですね。」

――今回の相手は前口太尊選手の印象はどうでしょう。

松本「KNOCK OUTで勝次君とやっている試合を見たのですが、ハードパンチャーだなと。僕が61.5kgまで体重を落として試合をすることはないので、前口選手とやることはないのかなと思っていたので特に意識していなかったのですが、急遽やることになったので楽しみですね。元々やる予定だった橋本(悟)選手はハイキックを出してくるので嫌だったのですが、前口選手だったら打ち合って面白い試合になりそうなので良かったです。俺はスリルが好きなのでスリルを味わえそう。前回、杉本選手はヒジとハイキック狙いであんまりパンチを打ってこなかったのでそんなにスリルを味わえず、面白い試合にならなかったんですよね。俺自身も蹴りが少なかったので、次は蹴りも出しますよ。練習では蹴りも強化していて、相手の蹴りを封じることも出来ています。」

――元プロボクサーの松本選手から見て、前口選手のパンチをどのように評価していますか?

松本「パワーもありますし、ああいうガタイだと筋肉がありすぎてストレートをあまり打たないのですが、結構打てるので警戒してます。一発でももらったらまずいなと。あと、俺は結構、相撃ちで当てて倒すことが多く、俺の顔に相手のパンチが当たっていると見えるかもしれませんが、当たる瞬間に顔を横にしてインパクトを逃しているので倒れることも効くこともないです。あと、ああいう大振りのパンチにはカウンターは合わせやすいですね。前回は、相手が勝手に倒れて試合が終わると言っておきながら倒せなかったので、今回こそはそれを実現させます。」

――何ラウンドKO宣言いきますか。

松本「特に意識してませんが、1Rで倒せるように最初からいきますよ。ずっとフィジカルトレーニングしてきてスピードもアップしたし、パンチ力、キック力など全体的に攻撃力が上がっているので何でも倒せますよ。」

――いつからフィジカルトレーニングを?

松本「ジムを立ち上げてからやり始めていて、トレーナーを付けずに自分で追い込むんです。みんなに指導するために、自分で勉強して自分の身体で試してから指導するようにしています。」

――前口戦をクリアー後に考えていることはありますか?

松本「とりあえず試合で自分の実力を出して、自分の実力を確かめたいですね。自分の実力を出し過ぎて短期決着に終わると、まぐれだとか言われちゃいそうですね(笑)。練習通りの実力を出せない人なんてたくさんいると思いますが、俺は本当に昔より強くなっているのでそれを証明したいです。」

――今のキック界はジュニア世代からキックをやっていた選手がトップ戦線で活躍しています。その状況を見てまだ30オーバーでもやれるというのは見せたいですか?

松本「そうですね。自分が30後半になっても全然動けているので環境が大事なんです。環境さえ良ければ、年齢はそんなに関係ないことだと思います。」

――やはり歳を取ると肉体的な衰えがあったり、疲れも溜まりやすいと思いますが、疲労回復はどのようにやられているんですか?

松本「疲労回復するために何を食べるべきか、など栄養について勉強してますし、あとはとにかく寝ること。たくさん練習して12時間寝れば疲れも残らないですね。以前K-1に出ていた頃は、港で力仕事をして夜に練習するスケジュールだったのですが、今はジムで指導しながら自分の練習も出来ますからね。環境が俺を強くしているのは間違いないです。」

――フィジカル、栄養面を勉強されているということで、勉強するのがお好きなんですね。

松本「そうですね。技術に関してはボクシングの試合映像を見ることが多く、パンチはパッキャオなどボクシングの世界チャンピオンのテクニックを参考にしています。昨年の大晦日に話題になったメイウェザーの技術ですか? あれは凄いですけど、真似できません。ディフェンスに徹しすぎて面白くないので、真似してはいけないケースですね。」

――会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。

松本「前口選手のファンの方が多いと思いますが、俺が倒してKNOCK OUTを盛り上げて、もっとキックボクシングを世間に広めます。俺の強さを証明するだけでなく、キックの面白さも見せます。」

 

KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」

◆日 時
2019年4月29日(月祝) 開場 15:00 開始 16:30
◆会 場
ベルサール高田馬場
◆アクセス
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワーB2 TEL:03-3208-0880
JR線,西武新宿線「高田馬場駅」徒歩5分、東西線「高田馬場駅」徒歩6分、副都心線「西早稲田駅」徒歩7分
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社RIKIX 株式会社ブシロード
◆協 賛
ダイヤモンドブログ AINEXX
◆入場料金(消費税込み)
・VIP(最前列・パンフレット付) 20,500円※完売
・アリーナA  10,500円
・アリーナB  8,500円
・アリーナC  6,500円
・立見席       3,500円
※当日券は各500円アップ

◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:842-103)
http://pia.jp/
・RIKIX 03-3718-2353