インタビュー

町田光「いかに自分らしくいられるか。自分の戦いが出来れば自ずと勝ちにつながります」4.29『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』

2019年4月29日(月祝)ベルサール高田馬場で開催される『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』にて、岩城悠介選手と対戦する“居合いパンチャー”町田光選手の試合前インタビューを公開します!

――昨年12月のKNOCK OUTライト級アジアトーナメント一回戦でのチャンヒョン・リー戦以来となり、今年初の試合が決まりました。昨年はご自身にとってどういう1年でしたか。

町田「12月以降、僕は試合をしていなかったんですね(笑)。練習はずっと続けていたのでそんな感覚があんまりなく、久しぶりに試合を迎えるという感じもしません。去年1年は思うような試合結果に結び付かなかった1年でしたね。ただ自分の中のキックボクシングというのものは少しずつ形になってきたところはあります。本当に格闘技は難しいと思うし、うまく行くことばかりじゃないから楽しい、本当に僕はこの競技が好きなんだな、とより最近思うようになりましたね。ずっとこれからも強くなりたいという気持ちを持ち続けるんだろうなと思ってます。」

――アジアトーナメント制覇、チャンヒョンへのリベンジなど色んな想いを背負って一回戦に臨み、敗れたことで自分自身のことを深く考えるようになったのでしょうか。

町田「練習でやってきたこと全ての実力が試合でそのまま発揮出来ているわけでもないですし、スパーリングをやる中でもうまくいかないこともたくさんあります。それが逆に面白くもありますし、奥が深いものでもあります。本当に僕はキックボクシングが好きなんだなと思います。」

――昨年6月にチャンヒョンとやっていて前回は再戦でしたが、最初に戦った時と比べて印象は同じものでした?

町田「やはり強かったですね。2度目の対戦で負けた時に“今実力が落ちているチャンヒョンなんかに負けた”とSNSで叩かれたりもしたのですが、それ以降も、チャンヒョンは今年2月に森井洋介選手に2RTKO勝ち、3月に裕樹選手に判定勝ちしています。僕はチャンヒョンとの2度目の対戦でダウンを取られてしまいましたが、試合中にKO負けすることはない、チャンヒョンのパンチで僕は倒れないという自信を試合中に確信しました。」

――チャンヒョンと初めて戦った時はヒジなしのRISEルール、2度目の対戦はヒジありのKNOCK OUTでの試合となりました。戦い方に違いはありました?

町田「RISEルールよりもヒジありのKNOCK OUTルールの方がやりやすかったです。僕は初対戦で彼のことがわかっているので、2度目ではより彼のことを意識して戦うことが出来ましたね。驚いたことに、チャンヒョンは意外と首相撲が強いんですよ。すぐにとは言わず、もう一度やりたいですね。今度こそは倒す自信があります。何で勝つというのは言い切れませんが、自分なら勝てるんじゃないかと自分に期待してます。」

――チャンヒョンにはぜひトーナメントで優勝してもらいたいという気持ちでしょうか。

町田「そうですね。優勝してもらいたいです。」

――次の対戦相手、岩城悠介選手についてはどのような印象がありますか。

町田「一言でいえば、侮れない相手で実力は間違いなくあります。まだ今の時点ではあまり知られていない分、やり辛さはあります。彼に勝って何か大きな物を得られるという試合ではないのですが、勝ちたいし、この試合は物凄く貴重な経験になると思います。」

――町田選手のここ数戦戦ってきた相手と比べると、キャリアに開きがある選手が相手となりました。ここで負けると全てを持っていかれるというプレッシャーはありますか?

町田「そういう怖さもありますが、今の僕の立ち位置では失うものはないので開き直って戦うしかありません。僕の方が強い選手とやってきたという実績も間違いなくありますが、試合になるとそういうのは関係なくなります。それが試合の怖さでもありますし、試合では僕自身、下手くそだなと思うこともあります。そういう意味でも色んなものを克服したり、新しい自分に成れるようにチャンヒョン戦が終わっての4カ月間で作り続けてきたのでそれを今回出すだけです。」

――試合に向けてはどういうところを強化していますか?

町田「戦い方そのものです。例えば、強い姿勢を作るか、どう距離を作るかなど細かい部分を今調整しています。うまく行くことばかりではありませんが、楽しいと感じてやるようにしています。」

――試合のテーマは何でしょう。

町田「いかに自分らしくいられるか。自分の戦いが出来れば自ずと勝ちにつながります。でもどこかでいい試合をしなきゃとかお客さんの目を気にしすぎたり、失敗を恐れたりして自分を見失ってしまったら、その時は負けてしまうのかなと思います。」

――ちなみに今までの試合で自分らしさが一番出た試合はありますか。

町田「今の自分の方が間違いなく強いのであの時の自分に戻ってああいう戦いをしたいというのはありませんが、憧れの選手、自分の好きな選手とやれた時は自分らしくいられたと思います。例えば、大月晴明戦(2017年12月10日)や不可思選手とのREBELS60kg級王座決定戦(2013年10月20日)の二戦は自分らしく戦えたと思います。」

――2019年初戦をクリアーしてどういう1年にしたいですか?

町田「チャンヒョンとの手応えもあったので今後は出来るだけ海外のトップ選手にどんどん挑んでいきたいと思うようになりました。出来れば異国の地で外国人を相手にどんどん居合パンチを出して、僕にしか出来ないものを見せていきたいと思います。そして海外の強い選手に勝つことが出来れば、自分の存在している意味が見出せるんじゃないかと。海外で僕は試合をしたことがなく国はどこでもいいので、僕なりのクールジャパンを体現したい。そのためにもまずは岩城選手に勝たないといけません。」

 

 

KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」

◆日 時
2019年4月29日(月祝) 開場 15:00 開始 16:30
◆会 場
ベルサール高田馬場
◆アクセス
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワーB2 TEL:03-3208-0880
JR線,西武新宿線「高田馬場駅」徒歩5分、東西線「高田馬場駅」徒歩6分、副都心線「西早稲田駅」徒歩7分
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社RIKIX 株式会社ブシロード
◆協 賛
ダイヤモンドブログ AINEXX
◆入場料金(消費税込み)
・VIP(最前列・パンフレット付) 20,500円※完売
・アリーナA  10,500円
・アリーナB  8,500円
・アリーナC  6,500円※完売
・立見席       3,500円
※当日券は各500円アップ

◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:842-103)
http://pia.jp/
・RIKIX 03-3718-2353