インタビュー

日菜太「キックには面白い選手がいるんだぞ、というものを見せたいですね。」8.18『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』スペシャルマッチ「日菜太vsジョムトーン・チュワタナ」

8月18日(日)大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』KNOCK OUTスペシャルマッチで、ジョムトーン・チュワタナ選手と対戦する日菜太選手のインタビューを公開いたします。

 

――これまでK-1を主戦場にしてきた日菜太選手ですが、今回KNOCK OUT参戦を決めた理由を教えて下さい。

「昨年3月にチンギス・アラゾフ戦で(3RTKO)負けてからアラゾフへのリベンジに向けて計画を立てていたのですがその可能性もなくなり、今後はREBELSで頑張っていこうと。そうしたらREBELSがKNOCK OUTを新体制で引っ張っていくということになったので、もう一回モチベーションを上げてこのリングを成長させ、KNOCK OUTに僕がやりたいアラゾフ、ペトロシアン、シッティチャイといった世界最高峰のレベルの選手とやれる舞台に持っていきたいと思うようになり、KNOCK OUT参戦を決めました」

――旧体制のKNOCK OUTにはどのような印象がありますか?

「派手に広告を打っているイメージが凄くありましたし、最初は(那須川)天心選手、梅野(源治)選手が出ていて凄く盛り上がっていた印象があります」

――各団体の選手がKNOCK OUT参戦を希望していましたが、日菜太選手はどうでした?

「僕はこれまでにキャリア66戦がある中で、ヒジありルール、3分5R制の試合形式というのは2試合ぐらいしかやったことがなく、いきなりそういうリングでやるとなると、今までそのルールでやってきた選手たちに対して失礼なんじゃないかなと思っていたんです。あと、旗揚げ戦の会見の時に僕は参戦予定選手として出席していたのですが、出場することなくフラれてしまったのでK-1で戦っていくことを決めました」

――ヒジありのルールを採用したKNOCK OUTのリングですが、今回、日菜太選手の試合はヒジなしルールで行われます。ヒジありルールだと、カットによる逆転TKO勝ちなど独特の面白さ、迫力がありますが、日菜太選手はヒジありに興味を抱いたことはないですか?

「そのルールにはそういう面白さもあり、僕の今のスタイルでヒジありルールでも強さをは見せられると思うのですが、ヒジ打ちでカットされてまだやれるのにドクターストップで試合を止められるという不完全燃焼の展開が僕は凄く嫌なのでやりません。今回、ジョムトーンとの試合ではヒジなしでも凄く面白くなるイメージは出来ています」

――前戦となった6月のREBELSでの坂本優起戦では、試合前の練習から左足の肉離れにより負傷したまま試合に臨み、パンチだけの戦いを強いられながらも延長戦の末に判定勝ちでした。その後、足の調子はいかがでしょうか。

「なかなか調子は良くなり、今週もいい練習が出来ていて7~8割は回復しています。今までは練習を頑張りすぎてまたケガして……という繰り返しだったので、もう20代後半の一番いい時の練習量をすることを止めました。今日ももうちょっとやりたいと思うところで練習を止めて、勇気をもって休んでいます。本当に追い込まないといけない2~3週間だけを集中して頑張ろうかなと。気づいたらもう32歳、8月26日で33歳になるんです(苦笑)。気持ち的には23歳の時と変わらず、強さに関しては昔よりも強くなっていますが、身体だけが衰えていてケガをしても回復力が遅くなっています。今は試合までに100の状態に持っていくためにも練習量を押さえなければいけません。20代の頃よりもテクニック面は上がっていますし、スパーをやっていてもいい感じで仕上がっていますが、凄く疲れを感じるようになりました。確実にいい状態で試合が出来れば強くなっているのは間違いないので、前回の坂本戦が凄くいい教訓になり、ケガをするまで練習で追い込むことは止めた方がいいのかなと思いました」

――5月のKNOCK OUT新体制発表記者会見では、「来年1月4日と5日の新日本プロレス東京ドーム大会があるので、そこで僕の試合を組んで欲しい」とキックスロードの木谷高明オーナーにアピールしたことで、さらに気合いが入りご自身を今まで以上に追い込んでしまった部分はありますか?

「そうですね。そう言った以上は坂本選手を相手に圧倒的な試合をしてやろうと思って、凄く練習を頑張ったら右足を肉離れして、試合直前には左足を肉離れするという凄く悪循環になってしまいましたが、あそこで負けないという最低ラインはクリアーすることが出来ました。新日本プロレス東京ドーム大会に僕単体が上がることで、プロレスファンにキックを知ってもらうことが出来ますし、今後、KNOCK OUTやREBELSが東京ドーム興行をやる第一歩になるんじゃないかと思ってます」

――プロレスはよく観戦に行かれているんですか?
「そうですね。新日本プロレスだけでなく、大日本プロレス、愚連隊など交流のあるレスラーがいる大会を観にいって凄く盛り上がっているのを感じます。格闘技とは全く客層が違っていて、プロレスは団体自体にファンが付いていて最初から最後までお客さんが帰ることはありません。格闘技ファンは選手の応援に来ていて、その選手の試合が終わると帰ってしまうことが多々ありますよね。プロレスファンのように、KNOCK OUTやREBELSにファンを付けることが重要だと思うので、そうなるように常に面白い試合を提供し続けてプロレスファンにも見てもらいたいですね。プロレスファン4万人のうち5%でもキックを見に行きたいと思ってくれれば、それだけで2000人になりますからね」

――日菜太選手は2013年3月にパンクラスのリングに上がってキックルールの試合をやっていますが(安河内将一に1RTKO勝ち)、MMAファンとキックファンの違いは感じました?
「MMAファンはキックファンと似ている性質はありますよね。格闘技オタクが多く勝ち負けを凄く気にしていて、気に入った選手が出る大会を観にいくケースが凄く多いですよね。一方、プロレスファンは勝ち負けはもちろん、選手が好きで試合そのものを楽しみながらその団体を1年を通して追いかけてます。それが唯一キックの大会で出来つつあるのが、新生K-1だと思います。武尊がいなくてもそこそこ客が埋まるというのは新生K-1の努力があったから。そこを目指していかないと、新生K-1がセ・リーグだったら、KNOCK OUTやREBELSはパ・リーグにはなれないですよね」

――そういう火付け役をご自身なら出来ると。

「やれるかどうかは挑戦しないとわかりません。記事になる、人に見てもらえる、アンチがどんどん騒いでもらえるようなことをどんどんやりたいですね。若い時は頑張ります!と言っておけば良かったと思うのですが、もうこの歳までやっている以上はそこまで意識してやらないと格闘技をやってる意味がありません。俺はもうこれで飯を食っていくと決めたので、キック界が繁栄してもらうためにも自分がやれることは何でもやっていきたいと思いますし、自分をここまで育ててくれたキック界に恩返ししたいという想いもあります。今は那須川天心、武尊と両スターがいることで格闘技は少し盛り上がっていますが、それが本当にキックブームなの?と問われれば、天心と武尊を追っているだけであって、他に追っている選手はいるかと言われたらいないかもしれません。今のこの状態のうちに、世間一般の格闘技ファンじゃない人たちに僕らの存在を知ってもらわなければいけません。そのためにも、この選手たちが出る大会にお金を出そうという流れにしていかないといけないと思います」

――東京ドーム大会では誰と対戦してキックをアピールしたいと思います?

「有名なプロレスラーとキックルールでやってもいいですし、別なルールでもやっていいと思っています。そうすることでキックには面白い選手がいるんだぞ、というものを見せたいですね」

――記者会見以降、木谷オーナーとは話されたのでしょうか?

「会見以降、話をしていないのでわからないのですが、その後のファン公開会見の時ではキックスロードの原田克彦社長しか来られていませんでした。5月の会見で木谷オーナーは『その心意気は非常にいいので、もしかしたら風が吹くかもしれません』と言ってくれているので、その風を僕が吹かせたいし、みんなで煽って吹いてもらいたいですね」

――東京ドーム進出の野望をアピールして周りの反響はどうでした?

「プロレスファンからツィッターで“お前ふざけんな”というメッセージが来ました(苦笑)。『新日本プロレスのレスラーでさえ上げれないレスラーもいる舞台なのに、お前何を調子に乗ってんだよ、この若造が!』と言われましたが、多分そういう人たちは僕のことを全然知らないんです。後から僕のことを詳しく調べてくれた書いた情報がネットに掲載されたら、『結構そこそこいい実績を残している選手がキャリアの終盤にそういうことを言われているんですね、すみませんでした。それでもプロレスのリングは神聖なので』と、凄く長文で色々と送られてきました(笑)。それだけプロレスファンは僕の発言を気にしてくれているみたいです。本当に実績のない人が言ったとしてもスルーだったと思うのですが、それだけ気にされているので8月の試合が終わってからもっと気にしていただけたら、と思いますね。そういうプロレスファンがキックの試合を観にきて、ブシロードが関係している新日本プロレスもKNOCK OUTも面白いよね、と言われる世界にしていきたいですね」

――今回対戦するジョムトーンについてはどのような印象がありますか?

「2015年5月にWBA世界スーパーフェザー級王者(当時)内山高志さんと戦った時の印象が強かったのですが(内山が2RTKO勝ち)、あの時はスーパーフェザー級の60.0kgで試合をやっていて身体が大きいので体重を落とすのは相当きつかったと思います。でも、2016年のクンルンファイトでは70kg世界トーナメントに出て準優勝するなどの結果を出しているので普通の選手ではありませんよね。内山さんがジョムトーンに勝った大田区総合体育館と同じ会場で今回も行われるので、僕も同じようなインパクトある勝ち方をして盛り上がるようことをしたいですね」

――今年2月に日菜太選手はラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者シップムーン・シットシェフブンタムを3RにローキックでKO勝ちしてますが、ジョムトーン戦前に同じタイ人にKO勝ちしているのは収穫になった部分もありますか?

「そうですね。よく考えたら、僕はアジア人選手にずっと負けてないんです。今までに負けたのはヨーロッパ系や黒人系の選手じゃないですか。そういう意味では僕とタイ人の噛み合わせはいいのかなと思います」

――タイ人選手を相手に得意意識は?

「この前やって、組みが凄く強いなと思いましたね。ムエタイルールじゃないので問題はなく、特に苦手感はなかったですね」

――試合ではどういう展開をイメージしてますか?

「パンチを食わないように、パンチで倒されないようにしたいですね。体格に関しては僕の方が圧倒していると思うので、パワーで押し切って盛り上がるように最後にKOで勝ちたいですね」

――ジョムトーン戦後、どのようにインパクトを与えて東京ドームにつなぎたいですか?

「もう年間に何試合もやれるような身体ではないので、今年11月か12月に試合をして来年1月につなげたいとも思ってます。みんなは無理でしょ?と思っているかと思いますが、俺は全然無理だとは思ってないですし、新日本プロレスに日菜太を上げることがメリットになると思われるような流れに持っていきたいですね。そして、みんなが注目される試合で終わりたいです」

――会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。

「今回、今の時点で250人ぐらいの方が僕の応援に来てくれます。あと一カ月で100人増やします。大田区体育館は3500人で満員なので、せめて10分の1は僕で集客して盛り上げていきたいですね。僕が一人で東京ドームに乗り込むことになったら、500人以上はお客さんを呼べるというところも新日本プロレスのリングにもアピールしていきたいです」

――今まで積み上げてきたキャリアが違う分、集客数も違いますね。

「本当ですね! 昔は100枚売れたら凄いという感じだったのですが、もう66戦もやっていると来てくれる方の人数も違いますね。今までずっと応援してくれている人も、新しく見てくれているお客さんも僕の試合を楽しみに観てているので、楽しみにしている人たちをガッカリさせないよう、一緒に夢を見てくれるように面白いことを発信していきたいですし、言った分だけの結果も残していきたいと思います」

 

K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER

◆日 時
2019年8月18日(日) 開場 13:00 開始 14:00
◆会 場
大田区総合体育館
◆アクセス
〒144-0031 東京都大田区東蒲田1丁目11番1号 TEL:03-5480-6688
京急線梅屋敷駅徒歩5分、京急蒲田駅徒歩7分、JR線・東急線蒲田駅徒歩15分
http://www.ota.esforta.jp/access/index.html

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード
◆協 賛
株式会社エム・ティ・エム
◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP(特典付き)50,000円
・アリーナS 20,000円
・アリーナA  12,000円
・アリーナB  10,000円
・1FスタンドA  8,000円
・2FスタンドB     6,000円
・2FスタンドC 4,000円
※当日券は各1,000円アップ
◆販売日時
※FC先行※特典付き
6月2日(日)10:00~6月7日(金)23:59
※一般発売
6月10日(月) 10:00~
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:843-143) http://pia.jp/
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999