インタビュー

MIREY「精一杯のことをやらせてもらって勝ちにいく」10.4『 KNOCK OUT × REBELS 』 第4試合「MIREYvsぱんちゃん璃奈」

10月4日(金)後楽園ホールにて開催されます『 KNOCK OUT × REBELS 』第4試合で、ぱんちゃん璃奈選手と対戦する、MIREY選手のインタビューを公開いたします。

――リングネームのMIREYにはどういう意味があるのでしょう?

「本名は米村ミレイといいます。お父さんが日本人でお母さんがペルー人で、私はペルーで生まれました。5歳の時に日本に来てそこからずっと日本にいます」

――ハーフは一般的に身体能力が高いと言われてますが、ご自身でもそう思いますか?

「そうなんですか!? 私は結構不器用なので何度かやらないと身体に染み付かない方だと思うのでそんなことはないのかなと思います(笑)」

――キックボクシングを始めた理由を教えて下さい。

「最初はダイエット目的で始めました。当時は体重が重くて体調的にも問題がありました。格闘技は元々観るのが好きだったので、普通にトレーニングして痩せるよりも格闘技をやりながら痩せようと思い、3年半で30kg減りました(笑)。私の身体の変化に周りはめちゃくちゃ驚いてましたね」

――どうしてプロになろうと?

「アマチュアの試合に出たことでスイッチが入り、プロの試合を見て楽しそうだったので私もプロになろうかなと思いプロライセンスを取りました」

――今までにスポーツ経験はあったのでしょうか。

「特になかったです」

――今回、KNOCK OUT初参戦が決まりました。心境はいかがですか?

「KNOCK OUTが旗揚げされてから映像をYoutubeなどで見ていていつか上がりたいという気持ちは凄くあったので、チャンスをもらえて嬉しい気持ちとワクワク感などプラスな気持ちで楽しみでいっぱいです」

――KNOCK OUTで印象的な試合や選手はいますか?

「梅野源治さんの試合や不可思選手と秀樹選手の試合が印象的で、最近だと(小林)愛三選手は気になっていた選手でした」

――対戦するぱんちゃん選手についてはどのような印象があります?

「色んなところで名前を聞きますよね。会見で並んだ時に身長が高くて手足が長いなと思ったので、そこに気をつけていけばいいかなと。私自身、背は低いので、プロデビュー戦の時から対戦相手はみんな大きかったですね。ぱんちゃん選手は今年4月に対戦した祥子選手と同じぐらいの背の高さで、中に入り込まないといけないので背の高い選手はちょっと苦手です。でも、いいパフォーマンスをしながら自分の持っているものを出せるようにしたいと思っています」

――ぱんちゃん選手は「今回はMIREY選手のパンチをもらわずにリーチ差を活かした戦いをしたい」と言われてました。

「実際に向き合ってみないとわからない部分があります。ぱんちゃん選手はいい選手なので、自分のスキルがどう適応できるのか楽しみです」

――ぱんちゃん選手は今回がプロ5戦目です。チャンピオンとして負けられないという気持ちはありますか?

「ぱんちゃん選手のキャリアが低いとは思わないです。選手はみんな減量して、日々の練習をこなして勝てるように一生懸命努力しています。相手のことを格下とは思わず、自分の持っている技、いいところを出して女子格闘技がもっと盛り上がるように注目していただきたいと思って戦うだけです」

――どういう試合をイメージしてます?

「ぱんちゃん選手だけでなく、私はどんな選手と組まれても、試合をさせてもらうからには精一杯のことをやらせてもらって勝ちにいくという気持ちでやらせていただきます」

――練習ではどういうことを強化していますか?

「皆さんに言われているように、私はハードパンチャーなのでそこのスキルを伸ばしたり、7月28日の上原真奈戦の翌日から1カ月間、タイ修行にいってきそこでやってきた筋トレを帰国してからも欠かさずやっています」

――タイではどのようなことを強化してきたのでしょう。

「タイのジムには2か所、前半はゲオサムリットジム、後半はMTM Academyに行きました。ゲオサムリットではパンチが凄い選手が多く、パンチを強化したことで今まで打てなかったパンチが打てるようになりました。MTMは基礎を重視しながら蹴りを中心に練習して、フィジカルでスタミナを強化してきました。日本の練習とは全然違うので、自分を色々と成長させてもらったので得るものが凄くありました」

――今年4月J-GIRLSチャンピオンになり、練習に対する姿勢などで変わった部分はありますか?

「ベルトを獲ってどうこうではなく、私の目指しているところは1番になることなので、色んな選手の映像を見て自分にマッチした部分がないかとか考えたりと常に向上心を持ってやっています」

――KNOCK OUTでの目標はありますか。

「今回出させてもらうからには、皆さんをあっと言わせるいい試合をして、次も出させてもらう選手になること。まだKNOCK OUT初戦前なので言いづらいのですが、ベルトを懸けて強い選手とやらせていただきたいと思います。あと、母国のペルーでは大会がなく盛り上がっていないので、私がチャンピオンになることでムエタイ、キックボクシングをもっと広めていきたいです」

――ペルーにはキックのジムはありますか?

「数年前に1カ月間ペルーに帰った時、練習できないのが嫌だったので自分の住んでいるリマという地区でジムを探したらキックのジムがありました。指導方法が日本とは違ったので、もっとしっかりした指導が出来るように変えていきたいなと思いました」

KNOCK OUT × REBELS 

◆日 時
2019年10月4日(金) 開場 17:00 開始 17:30
◆会 場
後楽園ホール
◆アクセス
〒112‐0004 東京都文京区後楽1−3−61 TEL:03-5800-9999
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、
地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード
◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP 30,000円 完売
・SRS 15,000円 残りわずか
・RS 10,000円 残りわずか
・S 8,000円
・A 6,000円 完売
・B 4,000円 完売
※当日券は各500円アップ

◆販売日時
一般発売
8月24日(土) 10:00~
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:843-880) https://bit.ly/31J2maY
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999