インタビュー

耀織「距離を詰められても自分の方が蹴れます」11.1『 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 』第1試合「耀織(よしき)vs鈴木千裕」

11月1日(金)後楽園ホールにて開催されます『 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 』第1試合で、鈴木千裕選手と対戦する、耀織選手のインタビューを公開いたします。

――格闘技はいつから始めたんですか?

「僕の兄の遊笑(現在MA日本キックとJ-NETWORKでヘビー級1位)が小さい頃に空手をやり始めて道場に一緒に付いて行くうちに自分もやりたくなり、6歳ぐらいから空手を始めました。兄弟喧嘩は今はしていませんが、昔は下の3人の弟の中でも2つ下の弟(齋藤律)とはちょこちょこ喧嘩をしていましたね」

――!? 何人兄弟なんですか?

「6男1女の7人兄弟で自分は三男です(笑)。長男は空手の指導者で、次男が遊笑、末っ子の響波もキックボクシングをやっていて、他の兄弟は空手をやっている格闘技一家なんです(笑)。ちなみに父は如水会館千葉支部の支部長でして、僕が小さい頃は空手の大会でやる気がなくて負けるようなことがあれば怖かったですね……」

――空手時代にはどのような実績がありますか?

「実績にこだわって試合をしていないのであまり覚えてないのですが、フリースタイル空手で2度優勝などがあります。ちなみに兄弟の中では自分が一番才能があるのではないでしょうか」

――足技が得意ということですが、きっかけは? 誰かに憧れていたのでしょうか。

「特に誰かに憧れていたわけではないのですが、練習でローキック、ハイキックと普通の練習をしていても飽きてしまい、何か面白いことがやりたくて後ろ蹴りを途中で入れたりと色んな足技を練習をやるようになったのがきっかけです。暇があると、何か新しい技はないかなと探したり、自分の身体を動かしながら色んな技を試しています。ちなみにテコンドーの2回転する540度蹴り以外で、無理だと思った蹴り技はないです」

――一番得意な蹴り技は何でしょう。

「右の後ろ蹴りですね」

――今年6月のREBELSでは、極真会館2017全世界ウェイト制軽量級(70kg)優勝のキャリアを誇る与座優貴選手との蹴り技対決が期待されながらもパンチで勝負したのはなぜでしょう。

「なぜかパンチでイケるんじゃないか? 俺ってパンチ強いかも?と思ってしまって、B型だからなのかそう思ってしまうとそれ以外は考えられなくなり、パンチにこだわって勝負したのですが倒せませんでした(苦笑)」

――今回、KNOCK OUT初参戦が決まりました。KNOCK OUTにはどのような印象がありますか?

「大﨑一貴選手とタネヨシキ選手の試合が凄く印象的で、こんな凄い試合ができるんだ!? 自分も負けてられないなと旧KNOCK OUTでの試合を見て出たいと思っていたところ、新体制になり山口元気さんがプロデューサーになりました。僕は2度REBELSに出ているのでチャンスをもらえないかなと期待していたら急遽、オファーをいただいて、断る理由がないので出場を決めました」

――対戦相手の鈴木選手に対してはどのような印象がありますか?

「パンチの威力があり、ジャブを使いながらの距離の詰め方がうまい印象があります。そこを意識して相手の距離にならないようにしたいと思いますが、距離を詰められても自分の方が蹴れますし、色んな技があるので負ける気はしないです」

――10月4日のKNOCK OUT後楽園大会で鈴木選手は凄まじい突進力で橋本悟選手を1RKOしていますが、そこはどう対処しますか?

「突進力でいえば、ヘビー級のうちの兄の方があるので問題ありません。僕は今まで試合KO負けがなく、自分がKOされることも想像できません。練習中に100kgを超える兄のヒザ蹴りを喰らってミドルを蹴られてそれが顔面に当たった時くらいしかまともにダウンしたことがないんですよ」

――鈴木戦をクリアーして、今後KNOCK OUTで対戦したい選手はいますか?

「誰かとやりたいというよりも、他に僕のような選手はいなくて、対策を思いつかないので僕自身とやりたいですね。鈴木選手は熱い選手ですが、自分はそこまで熱い人間ではないので特にやりたい選手がいるわけではないんですよね……。ただ参戦するからには、まだベルトを持っていないのでベルトが欲しいですね。なぜ格闘技をやりたいか?と聞かれたら、まだ自分でもわからない部分があるので、一回ベルトを獲ったら何か見えてくるものが出てくるのかなと思います」

 

KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN

◆日 時
2019年11月1日(金) 開場 17:00 開始 17:30
◆会 場
後楽園ホール
◆アクセス
〒112‐0004 東京都文京区後楽1−3−61 TEL:03-5800-9999
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、
地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード

◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP(アフターパーティー付き)   ¥40,000(当日¥40,500)
・SRS           ¥15,000(当日¥15,500)
・RS             ¥10,000(当日¥10,500)
・S             ¥ 8,000(当日¥8,500)
・A             ¥ 6,000(当日¥6,500)
・アフターパーティー券   ¥15,000(当日販売なし)
※アフターパーティーは前売り購入者のみ購入可能

◆販売日時
・FC先行発売
2019年9月21日(土)10:00 ~ 2019年9月29日(日)23:59
・一般発売
2019年10月1日(火) 10:00~
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:844-242) https://bit.ly/2APrMIf
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999