インタビュー

重森陽太「僕の首を狩りに色んな団体の選手が集まるようにしたい」11.1『 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 』第3試合「重森陽太vs翔・センチャイジム」

11月1日(金)後楽園ホールにて開催されます『 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN 』第3試合で、翔・センチャイジム選手と対戦する、重森陽太選手のインタビューを公開いたします。

――2月の髙橋一眞戦以来のKNOCK OUT参戦となりますね。

「新日本キックで試合があったのでタイミングが合わず期間が空いてしまいました。以前は各団体のチャンピオンが集結したKNOCK OUTは新体制になってからは出場メンバーが変わりましたが、みんなでレベルの高さをアピールできる興行にしたいと思います」

――対戦相手は翔・センチャイジム選手になりました。

「今までに実現しなかった選手との対戦を新体制KNOCK OUT初参戦でできるので、KNOCK OUTでこんな試合の楽しみ方ができるんだ!?とファンに思ってもらえるような試合を見せられたらいいなと思います」

――練習ではどういうことを強化していますか?

「これといった翔選手対策ではなく、総合力を上げています。相手が得意とする組む展開になったらそれなりに対処する練習はしていますが、いつも通りの動きをベースにした練習になります」

――重森選手は打倒ムエタイを目指す新日本キック所属選手ということで、タイ人との選手も多いですが、スタイルの違う日本人選手と比べてどちらがやりやすいですか?

「日本人選手の方がやり辛く、タイ人の方がやりやすいですね」

――今回和製ムエタイ選手である翔選手は首相撲を得意としているだけにマニアックな試合展開も考えられます。

「最初このオファーを聞いた時は、翔選手には空気を読んだ試合をしてほしいなと思いましたね(笑)。翔選手も言っていたように首相撲からヒジ・ヒザの攻撃で来ると思いますが、しっかりとその面白さが伝わるような試合をしたいと思います。首相撲の展開だと日本人のお客さんには好まれないのですが、今回はしっかり組む展開でも負けることはないのでそれでもいいかなと思います。そこで優位に立てれば試合運びも楽になるわけですし。今年7月にWKBA世界ライト級王座決定戦で対戦したラックチャイがゴリゴリの首相撲の選手だったので、組まれた時には僕はしっかりブロックして長い距離の時にポイントをしっかり取る戦いをしました。試合を終えた時に、自分の中で不完全燃焼があり、もっとしっかり首相撲の展開に付き合っていたら面白い試合になっていたんじゃないかなと思いましたね」

――12月に引退試合をする選手と試合をすることに関してはどう思いますか。

「僕はまだ24歳なのでまだちゃんと引退のことは考えられませんが、自分もいつか引退を考える時が来ます。16歳でプロデビューしてもう8年も経っていて引退するのは30歳ぐらいの時だと考えると、今は折り返し地点でもあります。引退間近の選手との試合が決まったことで、自分はこのままでいいのか、意外と自分にも残された時間はないんじゃないかと自分自身を見つめ直すことができました。このマッチメイクでそういうことを考えるいいきっかけを与えていただけたと思います」

――今回はWKBA世界タイトルを獲っての初戦になります。世界チャンピオンとしてご自身で変わったことはありますか?

「江幡睦さん、塁さんがよく『このベルトの価値を高めないといけない』と言われています。その立場に自分も立ち、まずは国内のトップ選手とやって勝ち続けていけばこのベルトも価値も自然に高められると思っています」

――次の一戦をクリアー後、KNOCK OUTで目標としていることはありますか?

「昨年12月にKNOCK OUTのアジアトーナメントでボルドバートル選手にKO負けしているので、もう一度トーナメントを開催してもらって借りを返したいですね。もし実現すればワンデートーナメントを開催してもらって許可が出れば、一回戦でムエタイ流に前蹴りのみで流すような試合がしたいです(笑)。そういう戦いをしてもいいよと言われたら、僕は結構強いですよ(笑)」

――ファンにメッセージをお願いします。

「金曜の夜ということで忙しいとは思いますが、新生KNOCK OUTが生まれ変わるのが11月1日のBREAKING DAWN(夜明け)だと思います。面白いカードが揃っている中で、さらに新しい風を吹かせるのが重森vs翔センチャイの試合だと思うので、ぜひ注目して下さい」

――どんな夜明けが待っていますか?

「魅力のある団体だと選手が必然的に集まってきます。僕が団体を輝かせる選手になって、団体も輝かせたいですね。僕の首を狩りに色んな団体の選手が集まるようにしたいと思います」

 

KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN

◆日 時
2019年11月1日(金) 開場 17:00 開始 17:30
◆会 場
後楽園ホール
◆アクセス
〒112‐0004 東京都文京区後楽1−3−61 TEL:03-5800-9999
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、
地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分
https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード

◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP(アフターパーティー付き)   ¥40,000(当日¥40,500)
・SRS           ¥15,000(当日¥15,500)
・RS             ¥10,000(当日¥10,500)
・S             ¥ 8,000(当日¥8,500)
・A             ¥ 6,000(当日¥6,500)
・アフターパーティー券   ¥15,000(当日販売なし)
※アフターパーティーは前売り購入者のみ購入可能

◆販売日時
・FC先行発売
2019年9月21日(土)10:00 ~ 2019年9月29日(日)23:59
・一般発売
2019年10月1日(火) 10:00~
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:844-242) https://bit.ly/2APrMIf
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999