なるべくしてなった決勝戦、最大級のチャンスなので何が何でも取りたい。12.10「KING OF KNOCK OUT 2017 in 両国」

2017年4月1日から始まった「KNOCK OUT初代ライト級トーナメント」。1回戦から約8か月経った12月10日、ついに決勝戦へ駒を進めた森井洋介のインタビュー ・このトーナメントは最大級のチャンスなので何が何でも取りたい ・1つのことを一生懸命やれば結果がついてくる ・なるべくしてなった決勝戦   もともとキックボクシングを初めてこういう風になりたいなどありましたか? やっぱりムエタイのチャンピオン倒して、一番強い!という風になりたかったです。 あと、大きな舞台で試合をしたいと思っていたり。 でも中々そういう興行とかがなかったので、今がすごくチャンスだなって思っています。   このトーナメントへの想いを教えてください。 本当にキック生活で人生掛けられる舞台だなって思えますね。 僕も30歳手前でキック人生もあとわずかかもしれない中、このトーナメントは最大級のチャンスなので何が何でも取りたいですね。 気持ちのテンションとか違いますか? 全然違いますね。あんなに多くのお客様が観てくれているというのと、KNOCK OUTのスタッフさんも本当にモチベーションをあげさせてくれる舞台を作ってくださるので。   ついにチャンピオンになれる権利を持っていますが。 やっとここまで来れたか。って感じですね。 狙ってましたけど、有言実行でやってこれたのでびっくりしました。やっぱり信じてやってきてよかったと思ってます。 小林さんとの練習もそうですが、キック・肘ありでやっていこうという意思をブレずにやってきた結果が今かなっていう。 このキックルールでやってきてというところですか? そうですね。みんなそこでK-1とか行ってしまうので。 知名度とか上がると思いますけど、本質的な、強さでいったらこっちのほうが強いと思いますし、絶対面白いと思っていたので。なのでブレずにやってきてよかったなって思いましたね。1つのことを一生懸命やれば結果がついてくるなって思いますね。   KNOCK OUTのほうがすごいだろというのを世間に知らしめたいみたいな気持ちとかありますか? 肘ありと、首相撲あり。僕の場合ですけどいかにしてパンチ・蹴り(ローキック)で倒すっていうのが僕のスタイルなので。 あんま言っていいのかわからないですけど、K-1はそれをなしのルールでやっているのは厳しいし、すごいなとは思いますけど、僕たちは全部ありでやる、倒すっていうのは負けてないなと思いますね。 正直ムエタイが一番強いと思うんです。相手の土俵でキックボクシングをやるっていうのが、自慢できるところだなと思います。 K-1は自分の土俵に上げてくる方法じゃないですか。 肘なし、首相撲なし、前蹴りキャッチなし、勝ったら技術的にもすごいと思うんですけど、僕は打倒ムエタイでやっていたので同じ土俵で試合をして倒したいと思っていたので、そこは絶対負けないなって思います。 第1試合目で対戦した宮越選手すごく強い選手でしたが、見事な勝利でしたね。 お互い勝っていけばどこかで当たるなとは思っていたので、それがまさか一回戦で当たるとは思っていなかったです(笑) その前にショボい試合をしてしまったので、逆に気合が入って結果的に良かったなっていうのが今の気持ちですね。 勢いに乗れたし、挽回できたしトーナメント1番最初の試合でいいスタートが切れたなっていうのが終わった後の感想ですね。   KOじゃなきゃといっていましたが、このリングはそうあるべきだなと思いますか? もちろんそうですね。 格闘技の本質って絶対そこだと思います。KOを観にお客さんは来てると思うんですよ。技術だけを見に来る人ってすごく少ないと思うんです。倒すか、倒れるかの技術が観たい。倒しに行くっていうのは本質だと思ってるので、判定がどうのこうのっていう時点で、プロじゃないなって思います。やっぱり格闘技はKOが一番だと思います。 準決勝町田選手との試合でしたが、ここでは負けられないなというところはありましたか? やっぱり町田選手が引退覚悟と言っていて、先が見えない相手に負けられないなと思いましたね。KOを引っ張るって言った以上。 その先が見えない選手に負けるわけにはいかないっていうのはありましたね。   見事な勝利でしたね。 ん~試合内容的には微妙だったんですけど、あれもあれで結果なので。 あれが肘ありの怖さであると思います。確かに町田選手覚悟があって前に来ていたんですけど、それだけじゃ通じないのがキックボクシングだと思うんで。 ってこんなこと言って大丈夫なのか俺(笑) 口で言ってるようじゃ負けないし、かと言って前にきて勝てるかって言ったら勝てない競技なので。結果がすべてだと思います、準決勝は。 両国国技館、森井選手にとって過去最大規模の試合になるかと思いますが。 めっちゃ緊張してますね。 リングに上がったらどんな景色が見えるのかっていうのと、対戦相手の勝次選手のプレッシャーもあるし。すごい楽しみですけど、いろんな意味でプレッシャーがすごいなっていうのがありますね。   小林さんが試合によって気合の入り方が違うとおっしゃてましたが今回はどうですか? … Continue reading なるべくしてなった決勝戦、最大級のチャンスなので何が何でも取りたい。12.10「KING OF KNOCK OUT 2017 in 両国」