12月の両国では本当に強い小笠原瑛作を見せる。 12.10「KING OF KNOCK OUT 2017 両国」

那須川天心との対戦を目指し、さらなる進化を遂げようとしている小笠原瑛作のインタビュー ・相手がだれであろうと自分の闘い方をする ・12月の両国では本当に強い小笠原瑛作を見せる ・(天心戦)僕も準備はできているので、時が来れば   髙橋選手との対戦が決定しましたが。 正直今高橋選手とやるっていうのは自分としてはおいしい相手ではないのです。自分を成長させるためにさらに天心戦へ向けて仕上げていくだけなので、相手がだれであろうと自分の闘い方を全力であげていくという気持ちでいますね。   どんどん強くなっていくんじゃないんですか? 自分の中では天心戦を考えていた部分があったので、今回は。 高橋選手もサウスポーなので全然やってきたことは無駄にはならないと思います。 その先に天心がいるので。 その前に足元救われても意味がないので、12月の両国では本当に強い小笠原瑛作を見せてお客さんをわっと言わせたいですね。 那須川天心との対戦、来年には実現したいですね。 僕も準備はできているので、時が来れば。それまで楽しみに待っていてくれれば。   髙橋選手の試合とか見てどうでしたか? 長身、ミドルキック、膝蹴りとサウスポーのセオリーをすごくわかっている選手だなと思いました。 自分もやってきていることがあるので問題はないかと思います。 両国ではどんな結末を見せたいですか? 今年1年、KNOCKOUT全部KOできているので両国でもKOし盛り上げたいと思っています。     SPEED ACTOR 小笠原 瑛作 Eisaku Ogasawara 所属:クロスポイント吉祥寺 REBELS 1995年9月11日生  東京都出身  O型 身長168cm  スーパーバンタム級 30戦27勝(14KO)3敗 小学校5年生のときに現在も所属するクロスポイント吉祥寺に入会。アマチュアデビュー10連敗を記録するも、サウスポースタイルに構えを変えてから一変。連勝街道をひた走り、アマチュアキックの複数のタイトルを獲得し、天才少年と謳われた。プロデビューは2011年。デビュー戦を判定勝利を飾ると、2戦目にはムエタイの本場タイに遠征し判定勝利。その後も連勝を続けデビュー8連勝。9戦目には、山野寛之とREBELS-MUAYTHAIフライ級王者決定戦を行い判定勝利。無敗でプロのベルトを巻いた。しかし、10戦目で4冠王の加藤竜二と対戦し、上段回し蹴りで失神KO負け。プロ初黒星を喫すると、続くカンボジアに遠征しての試合でも現地選手にKO負け。手痛い連敗を喫したが、すぐに復帰戦を行いKO勝利。2つの国内タイトルを奪いながらの9連勝を記録。2015年12月には長く国内軽量級戦線を引っ張ってきたレジェンド、藤原あらしと対戦。ローから回転の速いパンチを見せ衝撃のKO勝利。軽量級の世代交代を印象づける内容で10連勝。2016年6月には、”神童”那須川天心との対戦を賭けたRISEバンタム級挑戦者決定トーナメントに出場。SB王者内藤大樹に僅差で競り勝ち、7月の決勝で村越優汰と対戦。2Rに村越得意のボディー攻めでダウンを奪われ、3Rに三日月蹴りでTKO負け。2014年1月から続いた連勝が12でストップ。打倒那須川天心の最有力と目され、あと1勝で那須川戦が実現というタイミングでの敗戦となった。 2016年10月23日にKNOCK OUT vol.0で宮元啓介戦が決定していた工藤政英と対戦。1階級上のREBELS55㎏級王者である工藤に対し、1Rに精度の高いパンチでKO勝利。大きなインパクトを残し「KNOCK OUT vol.0」で、工藤に代わっての宮元戦をアピールした。   「KING OF KNOCK OUT 2017 in両国」 ◆日時 2017年12月10日(日) 開場13:00 開始15:00 両国国技館(http://www.sumo.or.jp/Kokugikan/) … Continue reading 12月の両国では本当に強い小笠原瑛作を見せる。 12.10「KING OF KNOCK OUT 2017 両国」