お知らせ

不可思がKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者に!『KNOCK OUT SUMMER FES.2018』全試合結果

8月19日(日)に『KNOCK OUT SUMMER FES.2018』が大田区総合体育館で開催されました。

またも激戦続きとなった今大会全7試合の試合結果を掲載します。

 

第1試合 “ボルケーノ”水落洋祐vs“激闘大魔神”橋本悟

勝者:水落洋祐

4RKO 1分06秒
※水落の左フックでレフェリーストップ

圧力をかけ手数を出していく水落。橋本はガードで耐えながら右ロー、フック。手数、パワーで優勢に立つ水落に対し、橋本は逆転のチャンスを狙い右ストレートをヒットさせる。
4R、勝負をしかけパンチのラッシュを繰り出す水落の左ボディからの左フックに、橋本は耐えきれずダウン。橋本は立ち上がり反撃を狙うも、再度水落の左フックが決まったところでレフェリーストップとなった。

 

第2試合 “グリーンモンスター”緑川創vs“ミスターSB”宍戸大樹

勝者:緑川創

2RTKO 1分26秒
※緑川の肘によるカットでレフェリーストップ

序盤から手数の多い緑川に対し、宍戸は様子を見ながらバックスピンキック。緑川の圧に押されてか手数が少ない。
2Rに入り、エンジンのかかった宍戸の手数が増えてきたところで緑川のジャブからの右ヒジ一閃。額がパックリと割れ一発ドクターストップで緑川のTKO勝利となった。

 

第3試合 “ライジングドラゴン”能登龍也vs“ワンダーボーイ”大﨑一貴

勝者:大﨑一貴

2RKO 1分12秒
※大﨑の右ストレートでレフェリーストップ。大﨑がトーナメント準決勝進出。

能登の強いパンチを冷静にブロックしすぐに左フックを返す大﨑。強烈なローキックで能登を下がらせると、一気に強いパンチをまとめて顔面とボディに打ち分け、左ボディからの右フックでダウンを奪う。
仕留めにかかる大﨑は左フック連打からの右ストレートで2度目のダウンを追加し、能登は何とか立ち上がるも足元がふらつき、レフェリーストップとなり、宣言通りのKO勝利でトーナメント一回戦突破となった。

 

第4試合 “SUNRISE PRINCE”石井一成vs“プリンスキラー”政所仁

勝者:石井一成

5R判定3-0(50-48、50-47、50-46)
※石井がトーナメント準決勝進出。

政所が飛びヒザ蹴り、ハイキックを繰り出しつつ、左右の強打を放つが首相撲になると石井が肘、膝の上手さを見せつける。
3Rになると政所に疲れが見え始め、石井は首相撲、前足払いで政所の体力を消耗させる。最後までパワー、手数を落とさずにムエタイテクニックの上手さを存分に発揮した石井が再戦を制しトーナメント勝ち上がりを決めた。

 

第5試合 “世界最高峰王者”ヨードレックペット・オー・ピティサックvs“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞

勝者:ヨードレックペット・オー・ピティサック

R判定3-0(50-48、50-48、50-47)

序盤、右ミドル、ワンツーを繰り出す髙橋にヨードレックペットはインロー、左ミドル。パンチをヒットさせる髙橋だが、徐々に左ミドル、左ローがヒット。左インローでたびたびバランスを崩すようになる。
勝負に出る髙橋は距離を詰めて左右フック、肘や三日月蹴りも繰り出すが、ヨードレックペットは左ミドル、蹴り足をキャッチしてのパンチを狙いつつ、左ミドルを蹴り続けた。

 

第6試合 “Mr.KNOCK OUT”森井洋介vs“爆腕”大月晴明

勝者:森井洋介

3RKO 2分52秒
※森井の左右フック連打でレフェリーストップ

3R、足を止めて打ち合う両者だったが、森井の右フックに大月がグラつく。森井は肘もヒットさせるが大月は倒れない。反撃をしかけようと大月が右ローを蹴ったところに森井がカウンターの右ハイでダウンを奪う。
ダメージの残る大月に、左右フック連打をあびせ仕留めにかかる森井。大月が棒立ちになったところでレフェリーストップとなった。

 

第7試合 “WONDER BIRD”不可思vs“太陽戦士”秀樹

勝者:不可思

5R判定2-0(50-49、48-48、49-48)
※不可思がトーナメント優勝。KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座戴冠。

4Rに秀樹の左ストレートで不可思がグラつくものの、秀樹の猛攻をしのいだ不可思の逆転右フックが秀樹の顎にヒットしダウン奪取。
最終ラウンド、逆転を狙う秀樹はパンチとヒジ打ちの猛攻をしかけるが、右ミドルを蹴っての右ストレートで応戦。両者パンチを繰り出す中、試合終了となった。
判定2-0により不可思が悲願のKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座を手に入れた。