お知らせ

岩城悠介「僕には何も失うものがないので覚悟を持って前に出るだけです」10.7『KNOCK OUT 2018 cross over』

10月7日(日)後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT 2018 cross over』に出場する岩城悠介選手の試合前インタビューを公開します!

 

――急遽KNOCK OUT参戦が決まりました。オファーが来た時の心境はどうでした?

岩城「9月29日にタイ・パタヤで行われたMAX MUAYTHAIで試合があり(2RKO勝ち)、終わった後にちょうど今回のお話がありました。夢のようなお話なのでビックリしたというのが一番です。急なオファーですが、試合までの2週間をタイのイングラムジムでずっと練習していて調整も問題ないですし、ケガもなく帰国出来たので特に問題なく臨めます。タイではムエタイのリズムに慣れたり、ヒジ打ち、首相撲などの技術をレベルアップさせるために行ってきました。」

――KNOCK OUTにはどのような印象がありますか?

岩城「チャンピオンクラスの選手しか出られないので日本キックボクシング界の最高の舞台だと思います。いつか自分も出てみたいとは思っていました。僕も打ち合いが好きなので、よく山口兄弟の試合を観ています。」

――対戦相手がヨードレックペットになりました。いきなりムエタイ最高峰との対戦が決まって、ためらいはなかったですか?

岩城「僕には何も失うものがないので覚悟を持って前に出るだけです。こんなチャンスはないので、今の世界最高峰の選手に触れられるだけでも僕にとってプラスになる話であり、ここは挑戦すべきだなと。あの時にやっておけば良かったという後悔だけは絶対にしたくないので、やってやろうと思いました。」

――ズバリ勝つ自信は何%ですか?

岩城「僕は一発がない選手ではありません。当たれば倒せると思いますし、やるからには100%勝つ自信を持っていきます。」

――元々格闘技はいつからやられたんですか?

岩城「スポーツ経験は野球しかなく、高校一年の時に軽音サークルの先輩に誘われてPCK連闘会に入会しました。キックのジムに入ったのは純粋に強くなりたいという想いがあったからです。ちなみにアマチュアではMA日本キック、BRAVEなどのリングで15戦して無敗のまま高校在学中にプロデビューしました。プロ2戦は二連敗からのスタートでプロの厳しさを教えられました。」

――ヒジで斬っている試合を何度か見ていて印象に残っていました。ご自身の武器は何でしょう。

岩城「やはりヒジとパンチです。有名なキックボクサーのヒジを見て研究したり、鈴木代表の教えに従ってやっています。アマチュア時代には、MAでよくメインに出ていた町田光選手の試合をよく見ていました。」

――トーナメントでうまく勝ち上がれば町田選手と対戦する可能性もあります。

岩城「今はヨードレックペット選手のことしか考えていません。ワンマッチだと思って臨みます。僕のことを知らない人は多いと思うので、その中でどれだけインパクトを残せるかが僕に中で重要なこと。その上でお客さんには楽しんでもらいたいですね。」

 

 

『KNOCK OUT 2018 cross over』

◆日 時 2018年10月7日(日) 開場17:00 開始18:00
◆会 場 後楽園ホール
◆住 所 〒112‐0004 東京都文京区後楽 1-3-61 TEL:03-5800-9999
◆アクセス JR 総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩 4 分
◆主 催 (株)キックスロード
◆協 力 (株)RIKIX (株)ブシロード
◆協 賛 ダイヤモンドブログ AINEXX

◆入場料金 (消費税込み)
SRS席 ¥16,000※完売
RS席  ¥10,000※完売
S席  ¥8,000 (当日¥8,500)
A席  ¥6,000※完売

◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999
https://goo.gl/YTEB1u
ぴあカウンター、サークルKサンクス各店、セブンイレブン各店
・RIKIX 03-3718-2353
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999
・ダイヤモンドチケット
https://goo.gl/Vvq9ou