お知らせ

橋本悟がKO勝利で7年ぶりのリベンジに成功!大﨑孔稀がKO勝利で2月大会に連続参戦決定!1.16『ROAD TO KNOCK OUT vol.3』

1月16日(水)に渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催された『ROAD TO KNOCK OUT vol.3』。

KNOCK OUTの本戦で敗れた選手や有望な若手選手が集結し、勝利がKNOCK OUT本戦へ直結するイベント『ROAD TO KNOCK OUT』が約1年半ぶりに復活!
全6試合中4試合がKO決着となった今大会の全試合結果を掲載します。

 

メインイベント “激闘大魔神”橋本悟 vs “夢の住人”北川“ハチマキ”和裕

勝者:橋本悟

2RKO勝ち 2分24秒 ※3ノックダウン

7年ぶりの再戦。1Rからアグレッシブに攻める北川に対し、2R、橋本が右ハイでダウンを奪う。さらにパンチ連打でダウンを追加すると、最後に右ストレートでKO勝ち。橋本がリベンジに成功した。

 

第5試合 “ゴールデンボーイ”大﨑孔稀 vs “ハートブレイク”タネヨシキ

勝者:大﨑孔稀

2RKO 1分48秒 ※3ノックダウン

1Rはお互いに慎重な出だし。2Rになるとパンチの打ち合いとなり、大﨑が左右連打でダウンを奪う。そして右ストレートでダウンを追加、左フックで3度目のダウンを奪いKO勝ち。2月11日大会でタネヨシホとの対戦が決定した。

 

第4試合 “NO KICK NO LIFE”石井宏樹 vs “野良犬”小林さとし

エキシビジョンマッチのため勝敗なし

石井がスーパーマンパンチ、右ハイと手数で小林は攻められるもアッパー、ボディブローと強打を返していく。小林のパンチで石井は鼻血を出すほどの白熱したエキシビションマッチとなった。

 

第3試合 “ワイルド貴公子”杉本卓也 vs “ザ・パニッシャー”松本芳道

勝者:松本芳道

判定0-2 ※29-29、30-28、30-29

1Rからパンチを散らしていく松本。2R、杉本は左右ハイで反撃するものの、ボクシングテクニックで上回る松本が細かい連打で主導権を握る。3Rも的確なパンチを当てた松本が7年4カ月ぶりのキック復帰戦で勝利した。

 

第2試合 “スターボム”竹内将生 vs “赤い薔薇の遺伝子”加藤有吾

勝者:竹内将生

2RTKO勝ち 1分31秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ

1Rに加藤が左フックでダウンを奪って優勢に試合を進めるも、2Rに竹内がヒジでカットに成功。加藤はドクターストップで、竹内が逆転勝利した。

 

第1試合 “激闘お祭り男”中尾満 vs “全弾フルスイング”番長兇侍

勝者:番長兇侍

2RKO勝ち 1分18秒 ※左フック

1R、中尾の左ミドルに、番長は左ボディで対抗。2Rには圧力を強める番長が飛び込みながらの左フックで中尾をKOした。