お知らせ

石井一成vsタネヨシホの試合中止についてのお知らせ。4.29『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』

4月29日(月祝)に行われる『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』についてお知らせ致します。

メインイベントで対戦する予定でした石井一成とタネヨシホのフライ級タイトルマッチですが、タネヨシホが本日の計量をオーバー、2時間後の再計量もクリアできず、明日の12時の計量に向けて調整をしておりましたが、体調不良によりドクターストップとなりました。

よってこのフライ級タイトルマッチは中止となります。

この試合を楽しみにしていたお客様には誠に申し訳ございませんが、選手の体調を鑑み、試合を行うべきでは無いと判断致しました。

何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い致します。

これを受け、『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』はメインイベントをKING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント決勝戦&ライト級タイトルマッチとし、以下の通り試合を実施いたします。

また、石井一成選手に関しましては日本人初のラジャダムナンスタジアム&ルンピニースタジアム認定ミニフライ級王者 吉成名高選手(エイワスポーツジム)と3分1Rのエキシビションマッチを行います。

吉成名高

小学生時代からアマチュアジュニア大会で17冠王という”天才ムエタイ少年”。プロ転向後は、2017年4月にWMC世界ピン級王座、昨年4月には日本人4人目の快挙となるWBCムエタイ世界王座(ミニフライ級)を獲得。続けて9月にはIBFムエタイ世界ミニフライ級王座もKOで獲得し、日本人初のIBFムエタイ世界王者となった。
さらに昨年12月、ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級(105ポンド=47.6kg)王座を奪取。日本人として7人目のムエタイ最高峰ラジャダムナン王座に国内史上最年少の17歳で就くと、4月14日のBOMでフルマークの判定勝利でルンピニースタジアムの王座も獲得。ムエタイの2大殿堂、ルンピニーとラジャのタイトルを同時保持する統一王者は、タイ人以外では2人目という快挙を成し遂げた。

第1試合 水落洋祐vs山口裕人

第2試合 前口太尊vs松本芳道

第3試合 宮元啓介vs良星

第4試合 小林愛三vsイリアーナ・ヴァレンティーノ

第5試合 町田光vs岩城悠介

第6試合 エキシビジョンマッチ 3分1R
     石井一成vs吉成名高

第7試合 KING OF KNOCK OUTアジアトーナメント決勝戦&ライト級タイトルマッチ
     ヨードレックペット・オー・ピティサックvsチャンヒョン・リー

本件につきましての返金の対応は詳細が決定次第発表させて頂きます。
尚、チケットをもぎっていない(会場に入場していない)チケットに限りますのでご注意ください。

お問い合わせ
キックスロード
info@knockout.co.jp