お知らせ

古谷野一樹「KOを期待していて下さい」10.4『 KNOCK OUT × REBELS 』第2試合「古谷野一樹vs恭介」

10月4日(金)後楽園ホールにて開催されます『 KNOCK OUT × REBELS 』第2試合で、恭介選手と対戦する、古谷野一樹選手のインタビューを公開いたします。

――今回KNOCK OUT参戦が決まりました。

「KNOCK OUTは大きな大会で旗揚げした時から注目されていたのでずっと出たいと思っていたところ、今回のお話が来たので嬉しいです」

――KNOCK OUTで印象的な試合はありますか?

「RISE、K-1でよく見る選手ではない選手をKNOCK OUTは使っていますが、こんなうまい選手がいるんだ!?と思わせるようないいカードを組んでいる印象があります」

――今回、KNOCK OUTの出場メンバーに選ばれたのはご自身のどういうところを評価されたからだと思いますか?

「ここ最近はいい結果を残せてないのですが、こいつならKNOCK OUTらしい試合をしてくれると期待をされているからでしょうか。そう期待されると、KOも狙いに行ってしまいます」

――次の対戦相手、恭介選手の印象を教えて下さい。

「回転系の足技を使っている印象があります。僕はムエタイ系でミドルを多く使う選手は正直なところ得意ではないのですが、今回の相手はムエタイ系の選手の蹴り技ではないのでいい試合になるんじゃないかなと思います」

――パンチvs蹴りの勝負のなると予想してますか?

「そうですね。パンチの距離になれば倒すこともできるんじゃないかなと思っていて、練習ではパンチ主体のコンビネーションを磨いてます」

――古谷野選手は強打者として知られてますが、そのパンチ力はどのように磨かれたものでしょう。

「元々は小学生の時から高校1年の途中まで野球をやっていたのですが、坊主頭が嫌で辞めて腐っているところを高校の担任の先生に勧められてキックボクシングをやるようになりました。アマチュア時からKOができていたわけではなくプロになってからKOできるようになりましたが、自分的にはハードパンチャーだという意識はないです。魔裟斗さんに憧れていて、旧K-1の試合映像を見てパンチを研究しています。自分はパンチが強いと意識すると試合ではいい動きができなくなるので、あんまり考えないようにしています」

――KNOCK OUTで期待することはありますか?

「KNOCK OUTは基本的にヒジありルールで、自分はずっとヒジなしルールでやってきたので、とりあえずREBELSの60kgのベルトを獲ることを目標にしています」

――ファンにメッセージをお願いします。

「僕の試合は第2試合と順番は早いのですが、必ずいい試合をするのでKOを期待していて下さい」

 

KNOCK OUT × REBELS 

◆日 時
2019年10月4日(金) 開場 17:00 開始 17:30
◆会 場
後楽園ホール
◆アクセス
〒112‐0004 東京都文京区後楽1−3−61 TEL:03-5800-9999
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、
地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード
◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP 30,000円 完売
・SRS 15,000円 残りわずか
・RS 10,000円 残りわずか
・S 8,000円
・A 6,000円 完売
・B 4,000円 完売
※当日券は各500円アップ

◆販売日時
一般発売
8月24日(土) 10:00~
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:843-880) https://bit.ly/31J2maY
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999