お知らせ

KNOCK OUT 初代55.5㎏王者・江幡塁が12.31 RIZIN.20に参戦決定!!過去インタビュー振り返り(後半)

2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナにて開催されます『 RIZIN.20 』に、KNOCK OUT 初代55.5㎏王者・江幡塁の参戦が決定いたしました。対戦相手はKNOCK OUT旗揚げ当初より参戦していた那須川天心選手!江幡塁はこの対戦を見据えていた!?過去のインタビューで語った熱い想いを振り返ります。

初代スーパーバンタム級王者、江幡塁スペシャルインタビュー(後半)

チャンピオンが描く那須川天心戦への思いと、新生KNOCK OUTのビジョン

8月18日に東京・大田区総合体育館で開催された『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』にて、KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級初代王座決定ワンデートーナメントで優勝を飾った“伝統の継承者”江幡塁(伊原道場)。試合後には“神童”那須川天心との対戦をアピールし話題になったが、その発言の真意も含め新生KNOCK OUTのトップとして、心に秘めていた熱い思いを語ってもらった。

――トップとしてKNOCK OUTを引っ張っていく上で、KNOCK OUTのリングをどんな形に描いていきたいですか?

「KNOCK OUTという団体は、キックボクシングの競技としての面白さが詰まっている団体だと思うんですよ。KNOCK OUTはキックボクシングの団体。RISEもK-1も少し違うけど、『誰がいちばん強いのか?』となったときに『KNOCK OUTだよね!』『キックボクシングだよね!』と言われるような最強の団体。日菜太選手も掲げてましたけど格闘技界の中でメジャー団体にしていきたい。そのためにも天心君はもちろん55kgの日本一を決めるトーナメントを熱いうちにやりたいですよね。1回だけじゃなくもいいじゃないですか。興行的なことは分からないけど、まずはやることが重要かなと思います。小笠原選手とも2回やって、3回目も見たいと言われてるということは、やる度にいい試合になっていくこともある。ダメなら切り替えていけばいいだけの話ですから。とにかく盛り上がる試合をしたい」

――やはりキックボクシングをもっと盛り上げたい?

「そうですね。新日本キックボクシングの看板を背負って闘ってきたので、そこはずっと変わらないんですが、新日本をもっと担いで、メディアに出していきたいし、もっともっとキックボクシングの競技としての魅力を伝えるべきだと思ってて、KNOCK OUTが『キックボクシングを盛り上げるため』に立ち上がったのを見て、僕はKNOCK OUTでトップを取るべきだと思ったんですよ。今回その夢は叶って、次はどうするか?各団体のチャンピオンたちと対抗戦をして勝負をしたい。誰がいちばん強いんだと。僕が獲ったらKNOCK OUTは一気にトップに立つだろうし、そこに選手も集まるし、ウチの協会の若手も『こんな舞台があるんだ』って頑張る。結果的に全体が底上げされて、今はバズることが出来る戦国時代だと思っているので、そこで僕がKNOCK OUTという看板を背負ってるのは、より価値のあるものに出来るなと思っています。選手同士はやりたいわけですから、あとは選手が何を背負えるかじゃないですかね。天心君とはやりたいですね。足技も華麗だし彼はキックボクサーだと思うので。僕らは新日本キックの伝統は本物だと自負してますが、彼も惹きつける試合をしてメディアに取り上げられてきた。お互いが認め合った上で闘えば化学反応を起こすと思うからやりたいですよね」

――天心選手をはじめ各団体のチャンピオンと対戦するためにクリアしておきたいことはありますか?

「ありますね。ワンデートーナメントに出たことでいちばん感じたのは、3Rの闘い方なんですよ。RISEもそうですけど、3Rの試合が多いじゃないですか。各団体のチャンピオンとやるとなると3Rの試合も当然あると思うので、その対策はしなきゃいけないですね。やはりあのトーナメントはやって良かったですよ。3Rの試合を見る目が変わりましたね。5Rだったら勝てる試合を見るでも3Rだと勝ち逃げが出来ちゃうじゃないですか。3Rの闘い方があるんだなと、あのトーナメントを機に気づくことが出来たので、『覚悟』を持って備えます」

――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

「今回、テレビでも私生活から取り上げていただいたり、駅の巨大広告に載せていただいたりして、本当に反響が凄かったんですよ。トーナメントで優勝したことで、僕の名前を知った方も多いと思いますし、僕の実力を見て応援してくださる方も多いと思うんですけど、これが本当にスタートだと思っているので、今後皆さんが見たいカードを実現して、そして期待に応える。期待を超えていけるような選手になりたいと思っているので、これからのKNOCK OUTも期待してください」

――本日はありがとうございました。

(取材・文 / どら増田)