お知らせ

喜入衆「『このチャンスを活かしなさい』と神様が言っている」2.11『 テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1 』第5試合「喜入衆vs峯山竜哉」

2月11日(火祝)大田区総合体育館にて開催されます『 テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1 』第2部・第5試合で、峯山竜哉選手と対戦する、喜入衆選手のインタビューを公開いたします。

――喜入選手といえば、毎試合リングイン後にセコンドから投げられたサッカーボールを客席に向けてヘディングする場面が印象的ですが、なぜやるようになったのでしょう。

「いつから始めたのは覚えていないのですが、金沢久幸さんとやった時(2005年5月6日)にヘディングしたことは凄く覚えています。そのボールがちょうどうちの姪っ子の顔面にぶつかって号泣したという話を聞いたんです。その試合の前あたりからですね。選手はそれぞれやり方は違ってもリングインしてパフォーマンスをするじゃないですか。自分も何か他の選手がやっていないこと、これって喜入だよね?と思われるようなパフォーマンスをやりたいと考えていて、当時はサッカーをやっていたので自分の名前のコールに合わせてヘディングをすればいいんだなと思ってやり始めました」

――ヘディングがうまく決まっているところを見たことがありません(笑)。

「現役でサッカーをやっていた時はヘディングが凄く下手くそだったのですが、さらに投げる人が下手くそだからなんです(笑)。その高さでどうヘディングするの!? という高さで投げてくるので、それは無理ですよ。ちなみにヘディングが決まったときはいい勝ち方をするといったジンクスは全くなく、ヘディングが失敗しても勝つ時はあります。※客席にいったボールはそのままプレゼントしているとのこと。ぜひ会場でゲットしよう!

――2019年はご自身にとってどういう1年でした?

「5戦して勝ったのが2月のルンピニージャパンウェルター級タイトル初防衛戦(vs太聖)のみで現在4連敗中なんです。4月の宍戸大樹さんとの試合ではヒジによるカットで負けたのですが、手応えがあったのでヒジなしルールにすれば良かったかなと思うぐらい後悔した試合でした(苦笑)。7月の“ブラックパンサー”ベイノア戦は1Rに効かせることができたのですが、2、3Rで巻き返されて強さを感じた試合でした」

――次で70戦目となりますが、顔の傷が今までの激闘ぶりを物語っています。今までに何針縫われたのでしょう。

「だいたい50針前後ではないでしょうか。去年もちょくちょく斬られましたし、久々に会う人には顔に傷が増えたことを突っ込まれます」

――100戦いきたいですか?

「多分無理でしょうね(苦笑)。せいぜい80戦が限界ですが、そこまで身体と心が持つかはわからない部分もあります」

――喜入選手は現在キャリア終盤の中、同世代の選手は引退されている方も多いと思うのですが、まだ戦い続ける理由は何でしょう。

「戦うことが好きなんでしょうね。例えば、今1億円をもらってすぐにキックを辞めるかと聞かれたら、辞めないと思うんです。純粋に試合をすることが楽しい。今年で41歳になるのですが、この歳でキックを続けるのは若い頃よりも色んなところをケガをしたり、身体がしんどかったりして大変なことが増えます。それでもやり続けるには気持ちを強く持っていないといけません。選手として人として父親として、総合的に強くあり続けたいという想いは常にあります。試合をすることでそういう自分自身にいられるんじゃないかなとも思っています」

――引退を考えたことはないですか?

「まだ考えたことはないですが、今すぐとは言わなくてもあと数年後にはあるのかなとは思いますね。戦う気持ちがなくなって弱くなっていると感じたら、引退する時かなと思うのですが、今はそれは全くありません。若い頃と比べてケガが治りにくかったり、慢性的なケガも少しずつあったりと気になる細かいところはあるのですが、まだ戦えないことはないのでそういうところをケアしながらやっています。体力に関しては、ちゃんと練習をやり込めば意外と大丈夫な面はありますね」

――20代の頃と比べて強くなっている実感は?

「試合経験を積むことが一番の練習になるので、感覚的に実力が伸びるものだと思います。元々僕は器用なタイプではないので昔よりもテクニックが増えたというようなことはありませんが、試合中に効かされたり攻め込まれたり、試合前にケガしたりとどんな時でも慌てなく対処できるようになったのは、長くやっているからこそ。試合前にケガをしたとしても、慌ててもしょうがないですし、ここが痛いならここの練習ができるからこういった練習でスタミナをつけていこうといった臨機応変な対応もできるようになりました」

――喜入選手は老舗団体J-NETWORKで2001年にプロデビューし、J-NETWORKの加盟ジム所属の主力選手としてJ-NETWORKを主戦場にしてきました。当時活躍していたJ-NETWORKの主力選手は喜入選手のみになりましたね。

「そうですね。一緒に頑張った西山誠人さん、黒田アキヒロ、牧野智昭、木村天鮮、ファイヤー原田……といったJ-NETWORKの仲間たちが徐々に引退したのを見ると、寂しい反面、古いメンバーは俺しかいないからまだ頑張ろうとモチベーションに変えられています。自分はあまり器用ではないですし、70戦やって負け越ししているので結果を出すことが一番大事ですが、選手としての評価を確立していくには諦めないでこつこつ頑張ることが大切かなと思います。J-NETWORK時代の途中からはちゃんとしたトレーナー、指導者がいなかったので決していい練習環境とはいえない中、ほとんど選手同士でミットを持ち合ったりスパーをやったり、ああでもないこうでもないと教え合うのが当たり前でした。さらに一人で練習することも多くなり、一人で走って一人でサンドバックを叩き……圧倒的にサンドバックを打つ時間が昔よりも増えていましたね。逆にそういう練習で新たに気づくこともあり、サンドバックを強く打ち込んで蹴り込むことは凄く大事なことであって、それをやることで今まではあまり右ストレートが得意じゃかったけど得意になったり、一発一発が強くなりましたね。そういう大変な時期でもMuay Thai Openのウェルター級タイトルを3度防衛したり(2017年4月2日)、ルンピニージャパンウェルター級タイトルを獲ったりと(2017年10月15日)結果を残すことができました。J-NETWORKの時代があったからこそ、今の自分があるのは間違いありません」

――今年は何試合やりたいですか?

「最低でも4試合やりたいですね。もしうまくいったら6試合。ちなみに所属しているNEXT LEVEL渋谷には若手のプロ選手もいますが、今一番試合をしているのは僕ですから(苦笑)」

――やはりキックが好きじゃないとそこまではできないですよね?

「そうですね。昔よりも試合をすることが楽しくなりました。今思い返すと、20代の頃はギラギラしていたというか、不純な動機でやっていたものがあり、試合をして芸能人みたいに有名になりたい、モテたい、テレビに出たいといった気持ちが先行していたから試合でも内面的なところであんまり地に足が付いていなかったので結果に結びつかなかったのかなと思いますね」

――今回、KNOCK OUT初参戦が決まりました。

「このタイミングでオファーが来るとは思っていませんでしたが、そのうち今回のように代打的な感じでオファーが来るとは思っていました(笑)」

――UMA選手が網膜剥離によるドクターストップで欠場となり、急遽出場となりましたが、いつでも試合に出る準備はしているのでしょうか。

「昨年12月のMuay Thai OpenでUMA選手にTKO負けしてからはダメージを抜いて体調を戻して、なるべく早く復帰戦ができるように持ってこようとは思っていました。今回の試合が決まって年末年始の予定を変えたので、いつでも戦える準備はできています」

――KNOCK OUTにはどのような印象がありますか?

「大舞台の印象があります。ジムの会員さんにKNOCK OUT出場が決まったことを伝えると、『えっ! そうなんですか!?』と他の大会に出るよりも凄く興味を示してくれます。ちなみに印象深かった試合は、ジムの後輩の(小林)愛三が以前に出て伊藤紗弥選手と対戦した試合です(2018年12月9日、KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館)。5Rの小林の豹変ぶりが凄かったです」

――今回の対戦相手、峯山選手の印象を教えて下さい。

「リーチのあるサウスポーですよね。直接会って話したことはなく、以前に一度対戦のお話があったので、Krushに出ていた時の映像を見ていたのでなんとなく覚えていました。Krushルールで負けていた試合だったので、今回のムエタイルールだともっとうまく戦ってくるんじゃないかなと思っています」

――峯山選手はJ-NETWORKウェルター級現チャンピオンということで感慨深いものは?

「そうですね。僕は2010年10月に挑戦して取りそびれているので(vs笹谷淳に判定負け)、現チャンピオンと対戦できるというのはモチベーションが上がります」

――峯山戦をクリアーして、今年はどういうことを目標にしていますか?

「昨年はUMA選手にLPNJウエルター級タイトルを獲られてしまい、あの負け方が悔しかったので、それを取り返すのが最大のモチベーションになっていましたが、彼は網膜剥離の手術をしたので当分は再戦は無理なのかなと。今は何を目標にやっていこうと悩んでいます(苦笑)。とりあえずは4連敗している中でもKNOCK OUTに出るというチャンスをいただいたので『このチャンスを活かしなさい』と神様が言っているものだと思って、初めてのKNOCK OUTで勝つことが大事だと思っています」

――最後にファンにメッセージをお願いします。

「プロデビューして20年近く経ち、気づいたらこんな歳でした。戦績を重ねていますが、負け越しています。僕はあまり戦い方がうまいタイプではありませんが、一生懸命頑張れば何とかなると思って頑張っています。キックボクシングじゃなくても、仕事でも何でもなかなかうまく行かないことで悩んでいる人たちが僕の試合を見て、少しでも頑張れば何とかなるとちょっとでも感じてもらえたらいいなと思っています」

 

 

テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1

 

◆日 時
2020年2月11日(火・祝) 開場 13:00 / 開始 13:15
◆会 場
大田区総合体育館
◆アクセス
〒144-0031 東京都大田区東蒲田1−11−1 TEL:03-5480-6688
京急線、梅屋敷駅徒歩5分 京急蒲田駅徒歩7分 JR線・東急線、蒲田駅徒歩15分
http://www.ota.esforta.jp/

◆主 催
株式会社ブシロードファイト
◆特別協賛
株式会社テレ・マーカー
◆協 賛
無法島 「©森恒二 / 白泉社」 株式会社H・Tハウジング
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード

◆入場料金 (消費税込み)
・柵内VIP           50,000円(当日51,000円) 残りわずか
・アリーナS          15,000円(当日16,000円) 残りわずか
・アリーナA          10,000円(当日11,000円)  完売
・1FスタンドA          9,000円(当日10,000円)
・2FスタンドB            7,000円(当日8,000円)
・2FスタンドC            5,000円(当日6,000円) 残りわずか

◆販売日時
一般発売
2019年12月7日(土)10:00~2020年2月9日(日)23:59
◆チケット発売所
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:844-919)
https://bit.ly/2Pr6IyP
ぴあカウンター、セブンイレブン各店