お知らせ

【KNOCK OUT ~The REBORN~】小笠原瑛作インタビュー公開!

「ベルトを獲るのは当たり前。今までとは違う試合内容で盛り上げます」

3・13『KNOCK OUT ~The REBORN~』の「KNOCK OUT-RED スーパーバンタム級王座決定戦/3分5R・延長1R」で、KING強介と対戦する小笠原瑛作。2018年10月の対戦では勝利している小笠原だが、今回は勝ってチャンピオンとなり、REBORNする『KNOCK OUT』を引っ張っていくと誓う。そこにかける彼の意気込みとは?

 

──今回、トーナメント決勝でいったん兄弟対決が決定し、そこからこのカードに至りました。準決勝の時点で、兄弟対決になるという可能性はやはり考えてはいたと思いますが。

小笠原 僕は最初からこのトーナメントに出ることが決まっていて優勝するつもりでいて、裕典は欠場した選手の代打として話が来て。そこでお兄ちゃんが出るか出ないかは会長と本人の判断だったと思うんですよね。僕は決勝に上がるということしか考えてなかったし、そこでお兄ちゃんが自ら出場するという決意を固めて会長もOKを出したということは、もしも決勝に上がってきたらやる可能性はあるなとは思ってました。

──でも実際に決まってみたら、やはり難しかった?

小笠原 そうですね、自分としては……気持ちよく試合することはできないですよね。僕の場合は、その気持ちにはなれなかったということです。

──というところで、KING強介選手が今回の対戦相手となりました。一度勝利しているということもあって、カード発表会見では差があるという前提での発言が見られました。前回の対戦を振り返ると?

小笠原 前回の対戦は、江幡塁選手にKO負けして、タイで1戦挟んでの国内復帰戦だったんですよね。倒された後ということもあって、ミスをしない戦い方をしたということもあり、最後まで攻めきれなかったなというのは、自分の中ではあります。守りに入ったとまではいかなくても、かなり警戒して戦ってしまったなという感じですね。

──その時に感じた相手の印象は?

小笠原 やっぱりタフな選手でしたよね。ただ、自分の中ではもっと打ち合ってくれそうなイメージがあったんですけど、その時はどちらかといえばクレバーに戦う選手という感じでした。しっかり頭を使って、相当、作戦を練って臨んでくる選手だなと。

──それも踏まえて今回は、会見でも「打ち合いをしてほしい」という発言がありました。

小笠原 そういう戦い方をしてくれた方が、僕のチャンスが増えるなとは思ってるんですけど、たぶんそうはならないなとは思うんですよね。だから前回と同じような展開になっても、一回勝ってる相手には改めて自分の成長を見せなきゃいけないなと思っているので、前回とどう違う内容で勝つかというところを見せたいですね。

──前回は敗戦後の復帰戦、今回は『KNOCK OUT』がREBORNする大会で王座決定戦と、シチュエーションだけでもだいぶ異なります。

小笠原 前回と今回の位置づけは全然違うと思っています。自分は『KNOCK OUT』を引っ張っていこうと思っているし、会見でも「団体を背負う」と発言しました。今回、『REBELS』が『KNOCK OUT』に統合されて一発目の大会でベルトが懸かっているということは、大会自体が自分にかかっているということなので、モチベーションも違いますね。

──これまでのキャリアでは、勝った試合でも相手のいいところを“出させてしまった”上で大逆転して盛り上がった試合もいくつもありました。そういう盛り上げ方とはまた違う?

小笠原 お客さんからしたら面白い部分でもあって、そこが僕の魅力でもあったとは思うんですけど、やっぱりいつまでもそういう試合をしていてもダメだとは思ってます。そこはコロナになってからの期間で、ずっと変えようとしてきている部分でもあるので、この新生『KNOCK OUT』では過去のような倒し倒されという盛り上げ方ではない試合内容で魅せたいなと思ってますね。

──勝ったらチャンピオンということも踏まえた上で、このところ『KNOCK OUT』の主役争いが活発化してきている中で思うことは?

小笠原 若い選手がたくさん育ってきている中で、安本選手だったり龍聖選手、ぱんちゃん選手だったりと目立つ選手もいっぱい出てきてて、それはイベントが盛り上がっていいことだとは思うんですけど、俺の使命というか……旧『KNOCK OUT』からずっと出ていて、『REBELS』もクロスポイント生え抜きの俺がずっと出てきた大会なので、そこにかける思い、そしてやっぱり自分が内容で示して他の選手たちを引っ張っていく気持ちというのはまた他の選手たちと違うなと思ってるので。もちろん他の選手たちにも頑張ってもらいたいですけど、自分の引っ張り方というのはまた違うなとは思ってます。

──そこで、自分が思う、自分のエースとしてのよさとか強みというのはどこでしょう?

小笠原 今完成に向けて作っている最中ではあるんですけど……過去は倒し倒されという盛り上げ方でしたが、今は穴なくしっかり倒すということが自分のやらなくちゃいけないことだと思ってます。試合内容で魅せるのが、一番説得力があると思うので。

──その上でベルトは不可欠だと思うんですが、改めて今回のベルトへの思いとは?

小笠原 自分の中では、ベルトを獲ってからが始まりというか、ベルトを持って『KNOCK OUT』を引っ張っていくものだと思っているので、獲ることは自分の中では当たり前だと思ってるし、それによってまた別のストーリーが作っていけて発言権も出てくると思ってます。だから今回はベルトを獲って当たり前の試合、その中に内容を問われる試合だなと思ってます。

──このタイミングでこの王座決定戦が組まれるという期待感も感じてますよね?

小笠原 はい。やっぱりそうやって僕のことを組んでくれているということには応えなくちゃいけないと思ってます。

──「新しい『KNOCK OUT』は小笠原瑛作でいくぞ」ということにさせる試合?

小笠原 そうしなくちゃいけないし、そうしようと思ってます。今回、今まで以上に時間をかけて相手の対策もして練習もしているので、その部分を、3月13日に期待して見てもらえればと思います。このコロナ禍でチケットを買っていただいていることには感謝しかないので、お客さんと一緒に大会を作っていければと。その中で僕はいい試合をするので、楽しみにしていてください。

──ありがとうございました!

 

 

プロフィール
小笠原瑛作(おがさわら・えいさく)
所属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1995/9/11
出身:東京都武蔵野市
身長:171cm
戦績:43戦36勝(18KO)6敗1分
タイトル:ISKA世界バンタム級王者(K-1ルール)