お知らせ

【KNOCK OUT ~The REBORN~】渡慶次幸平インタビュー公開!

「勝ったらマイクで言いたいセリフがあります!」

3・13『KNOCK OUT ~The REBORN~』の「KNOCK OUT-BLACKスーパーミドル級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R」で、松倉信太郎と対戦する渡慶次幸平。小泉竜の負傷欠場により出場のチャンスが巡ってきただけでなく、相手は以前から対戦を希望していた松倉。願ってもないチャンスに、渡慶次は「ラウェイファイターとして戦う」という。その真意とは?

 

──今回、負傷選手の代打としてトーナメントへの参戦が決まりました。渡慶次選手から名乗りを上げたということですが。

渡慶次 欠場選手が出て、山口元気会長に「どうする?」って言われて、断る理由はなかったですからね。やりたい選手でしたし。

──松倉信太郎選手とは、SNSでやりとりしてましたからね。

渡慶次 やりたいと思って呼びかけてたんですけど、その時はうまくいかなかったんで。でもここでやれることになったのは、やっぱり縁があったのかなと思います。

──近年はずっとラウェイで戦ってきてましたが、コロナの影響でラウェイの大会も開催困難となり、キックルールでの戦いが続いていますが……。

渡慶次 ここまで1勝2敗ですね。ただ、キックボクシングルールでの戦い方も分かってきたので、タイミング的にはちょうどいいかなと。ラウェイは5Rで判定がないので、相手も出てくるんですけど、キックは3R制でポイントがある戦いじゃないですか。そこでどうすればいいのかを考えていて、この3戦はキックにアジャストするための戦いだったんですけど、3戦やってみて「キックにアジャストする必要はないかな」と思って。だから今度はキックボクシングをやるつもりはなくて、異種格闘技戦をやるつもりでいます。

──キックvsラウェイの戦いということですね。ただ、ラウェイは使える武器もキックルールでは制限されると、単純に思うんですが……。

渡慶次 一番は、「うまく戦おうとせずに、倒せばいい」という、すごくシンプルなことです。ヒジがないとか投げがないとか、頭突きがダメとかいう話じゃなくて、もっとシンプルに、キックボクシングのファンから見ると「うわ、何だよこれ!」っていうような表現ですね。もちろんルールの中で。そういう表現ができれば、僕の勝利がより近づくかなと思います。

──キックにはない攻め込み方という感じですか?

渡慶次 そうですね。ラウェイ独特のリズムも含めて。MMAに近いものがあると思うんですけど。MMAの選手がキックに出ると、リズムが違うじゃないですか。あれに近いでしょうね。それで松倉君のバランスを崩すことが一番攻撃につながると思うので。まあそれはムエタイ、キックボクシングも同じで「相手のペースにさせない」ことは鉄則ですけどね。

──松倉選手は180cmで、身長差は12cmあります。前回、津崎善郎戦は長身の相手に攻めきれなかったという印象でしたが、そこについては?

渡慶次 相手が前に出てこないと、身長差はそのまま反映されちゃうんですよね。でも松倉君は出てきてくれると思うので、違うかなと。来てくれなければ、その時の準備もしてはいますが。見た目からして大きい相手と小っちゃい選手がやって、小っちゃい方が倒したら、誰でも盛り上がりませんか?ってことです。それが、僕が山本KID徳郁さんに教えてもらった、格闘技の一番カッコいいところだと思います。相撲でもそうですけど、小兵が大きい相手を倒すのが一番盛り上がりますよね。大きい選手には悪いですけど、大きい選手が勝つのは当たり前じゃないですか。でもそうじゃないよっていう場面を格闘技は作れるし、それを見せればお客さんは必然的に盛り上がるんで、そこをアピールしてお客さんを焚きつけるのがセオリーかなと思います。

──ちなみにラウェイで戦っていた階級というのは……。

渡慶次 ラウェイでは73kgの試合が多くて、タイトルを獲ったのは75kgの試合です。ベストパフォーマンスができるのは73kgだとは思うんですけど、松倉君とやれるんだったら体重は別に何kgでも。変な話、80kgでもよかったですし、今だと特に彼がT-98さんに勝った後なので、そういう付加価値がついた選手と戦えるチャンスに「いや、今回は勝つ見込みが薄いんで……」って断るようなら、僕は引退した方がいいと思うんで。

──なるほど。

渡慶次 今回のこの試合で、僕が勝つと思ってる人って、うーん……5%ぐらいだと思うんですよ。ウチの会長も、たぶん僕が負けると思ってるでしょうし。エンセン井上さんが当時UFCの現役チャンピオンだったランディー・クートゥアーから一本取って勝った試合があるじゃないですか。あれもそうだし、中井祐樹先生がジェラルド・ゴルドーから目を潰されても足を極め切った試合もそうだし、僕が目指してる格闘技というのはそこなので、そこの勝負で負けたくないんですよね。

──ということは、王座決定トーナメントだったり、新階級のタイトルだったりという要素は……。

渡慶次 そんなのは全然どうでもいいです(笑)。松倉君に勝つことの方が、よっぽど価値があると思います。決勝戦のことは、勝った後に考えればいいと思うので。このジャンルでは圧倒的なキャリアの差がある選手なので、それを倒した時に見える景色を、僕が見てみたいんですよ。すごいと思うんですよね、その景色って。

──それを確かめにいくと。

渡慶次 この試合に勝ったら、僕の今年の年収って倍になると思うんですよ。それぐらい、今の松倉信太郎というのは価値がある選手だと思ってるんで。そこに「どこまでできるんだろう、俺」というのが楽しみですよね。体格も技術も実績も彼の方があって、彼は連勝中で僕は連敗中で。だからこそ僕が勝つ可能性があるわけで。彼は今、僕という選手を迎え撃つというスタンスでいると思うので、そう思っていてくれたら僕にとってチャンスかなと。

──最終的に、勝つためにカギになる部分って何だと思いますか?

渡慶次 うーん……特にはないんだと思いますよ、カギなんて。試合中に僕が何かを掴んだら勝つでしょうし、松倉君が掴んだら彼の勝ちでしょうし。決着がつく瞬間に、勝利への執着が高い方が勝つっていう、それだけじゃないですか。

──それを掴む自信がある?

渡慶次 自信があるっていうより、僕は連敗中で、ミャンマーもああいう状況で、ラウェイの選手はキックボクシングでもMMAでも結果が出せてなくて、ラウェイの価値というところの勝負でもあるので、勝ってエンセンさんみたいに「俺が負けると思ってたヤツ、くたばれ!」って言ってやりたいです。エンセンさんのあの試合を、自分がやってみたいです。

 

 

プロフィール
渡慶次幸平(とけし・こうへい)
所属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1988/6/4
出身:沖縄県豊見城市
身長:168cm
戦績:3戦1勝(1KO)2敗 ※ミャンマーラウェイ戦績:16戦6勝(6KO)4敗6分、MMA戦績:11戦5勝6敗)
タイトル:第5回 Air KBZ ミャンマーラウェイ75kg級世界王者