お知らせ

【KNOCK OUT ~The REBORN~】田村聖インタビュー公開!

「連続KOで優勝して、NKBの強さを見せたい!」

3・13『KNOCK OUT ~The REBORN~』の「KNOCK OUT-BLACKスーパーミドル級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R」で、吉野友規と対戦する田村聖。NKBではミドル級王者の経験もあり、2019~20年の「NKBミドル級トーナメント」では全試合KOで優勝もしている。『KNOCK OUT』2戦目の彼はどんな意気込みで乗り込んでくるのか?

 

──今回、『KNOCK OUT』の王座決定トーナメントにエントリーが決まった時には、率直にどう思われましたか?

田村 「まさか自分が」みたいな感じで、ビックリしました。

──NKB王座も獲得されてはいましたが、特に「PRIMA GOLD杯NKBミドル級トーナメント」あたりから経験値の上がり方がハンパなく、それが今回までつながっている感じですね。

田村 そうですね。あのトーナメント前後から他団体との交流が増えてきて、自分のやる気もどんどん上がっていったので、やっぱりそこは大きいですね。

──NKBは基本的に鎖国状態でしたが、その時代から「他団体の選手ともやればできる」という自信は持っていたんですか?

田村 いや、「NKBは、外に出てもレベル的にダメなんだろうな」と、勝手に思っちゃってました。自分も、他団体の選手と対戦するということ自体、思ってもいなかったので、他の団体の選手とかも全然知らなかったんですよ。だからトーナメントでは他団体の選手とばかり当たって、全部KO勝ちで優勝できたので、すごく自信になりました。

──その中で、自分のレベル、強さについて再発見した部分というのはありましたか?

田村 「パンチでKOできるんだな」というのは思いました。デビューから何戦かはKOできてたんですけど、その後しばらくはそういう勝ちがあまりなかったし、3ノックダウンで勝つことはあっても一発で仕留める試合がなかったんです。でもトーナメントでは一発KOもできて、「やっぱり自分はパンチがある方なんだな」と思いました。

──というところで、今回の王座決定トーナメントでは準決勝で吉野友規選手と対戦することになりました。

田村 剣道で優勝したというのは知ってます。キックの試合は、YouTubeで確認できるものは見たというぐらいですね。

──相手の映像はそんなに見ない方?

田村 相手が負けた映像があれば、それを見て相手が負けるところをイメージできるんですけど、吉野選手は負けた試合がないので、特に今回は見てないです(笑)。いつも、自分が勝つイメージだけ持っていたいので。

──では、吉野選手の印象と言っても……。

田村 パンチが強いということは認識してます。それだけ分かってればという感じです。逆に自分が得意なところを出さないと勝てないので。

──「こう勝ちたい」というのは?

田村 やっぱりパンチで勝ちたいですね。できれば足から崩して、意識を下に下げて……とは思ってます。NKBトーナメントの決勝戦(清水武戦)ではローを効かせてからパンチでKOできたので、あれは自分の中でよかったなと思っていて。トレーナーからも言われていたし、ずーっと反復練習してきたことがやっと出せたので自信になっていて、今回もそれができればと思ってます。

──今回はKNOCK OUTスーパーミドル級で75kgというリミットですが、そこについては?

田村 問題ないです。普段、NKBミドル級は72.575kgがリミットですが、ナチュラルで82~83kgあって減量も若干楽なので、いい動きができると思います。

──今回は4人のトーナメントですが、決勝で戦いたい選手は?

田村 いやもう、どっちも有名な選手なので、どちらでもいいですね。有名な選手とやりたいなと、ずっと思っていたので。

──2試合勝てば、『KNOCK OUT』のチャンピオンということになります。

田村 ベルトがあると自分から発言できるので、ほしいですね。今は何か言っても相手にされないというか、拾ってももらえないので、思いっきり発言したりできるようになるんだなあと。

──ではそうなったら、言いたいことがある?

田村 いや……「強い選手とやりたい」とは思ってるんですけど、誰が強いのかはあまり知らないので(笑)。

──そこは今も知らないんですね(笑)。でも『KNOCK OUT』のチャンピオンということになれば、必然的に強い選手が用意されることになるでしょうからね。

田村 『KNOCK OUT』自体、ずーっと出たいと思ってたんですよ。強くないと呼んでもらえないと思っていたので、ずっと憧れでした。

──そこで「NKBの強さを見せたい」という気持ちも強い?

田村 それはかなりあります。「ここで勝てば、NKBにもっとお客さんが呼べる」と思うので。でも、NKBでは打ち合いが好まれるんですけど、自分は打ち合いはあんまりしたくないんですよね(笑)。

──そこは複雑と(笑)。では、田村選手が思うNKBのよさとは?

田村 僕は、お客さんが近いところがいいなと思ってます。ずっと応援してくれてるお客さんの声は、セコンドよりよく聞こえますし。NKBでそういう人から応援してもらえると、すごく元気が出ます。

──今回が『KNOCK OUT』2戦目なので、田村選手のことを会場や配信で初めて見るというお客さんもいると思います。「俺のここを見てくれ」という点は?

田村 入場とかパフォーマンスは全然しないんで、本当に試合の中身、特に右のパンチを見てほしいです。当たれば倒れるという自信があるので。

──ズバリ、優勝する自信は?

田村 100%あります! そんな甘くはないと思ってますけど、NKBトーナメントの時みたいに今度も全部KOできれば。

──ありがとうございました!

 

プロフィール
田村聖(たむら・ひじり)
所属:拳心館
生年月日:1988/7/23
出身:新潟県阿賀野市
身長:177cm
戦績:20戦13勝(9KO)6敗1分
タイトル:元NKBミドル級王者