お知らせ

【SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2021 vol.1】栗秋祥梧インタビュー公開!

「今、自信に満ち溢れています。次の試合は見ないと損しますよ」

4・4『SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2021 vol.1』の「KNOCK OUT-BLACKフェザー級/3分3R・延長1R」で、兼田将暉と対戦する栗秋祥梧。豪快な勝利で頭角を現したものの、昨年から3連敗中。どん底を味わっている最中の栗秋は練習の内容も大きく変え、復活を期す。彼が今感じている「自信」の根拠とは?

 

──このところ、なかなか結果が出てない状況ですが……。

栗秋 何とも言えないんですけど……。本当に何も語れない状況になってしまって。でも、これも与えられた試練なのかなと思ってます。

──一つには、相手のレベルが上がってきているというのもあると思いますが。

栗秋 僕が上京した時からずっとチャンピオンクラスの選手ばかりとやらせていただいてるんですが、最近はすごく対策されているなというのも感じてます。正直に言うと、最近は誰も打ち合いはしてくれないですよね(笑)。

──それを打開するための練習というのは?

栗秋 2連敗した時に、「次に負けたら本当に何も言えないな」と思ってて。その次、シュートボクシングで笠原祐希選手と戦って落としてしまった時、逆に気持ちがスッキリしたというか。言葉で言うのは難しいんですけど……また一から、初心に戻ってやらないとなと思えて、試合のすぐ翌日から練習を始めました。僕、スパーリングをしたくなくて、ずーっとやってなかったんですよ。

──そうだったんですか。それはなぜ?

栗秋 ビビってたんですよ(笑)。小笠原瑛作さんのスパーとか見ると、「絶対ボコボコにされるだろ」って思ってたんです。だから試合ではぶっつけ本番で打ち合うみたいな感じで。でも今は週2回、2人ずつボクシングのスパーリングをやってもらうようになりました。小笠原瑛作さんだったり、今回一緒に試合に出る新田宗一朗だったり、井樋大介とか炎出丸さんとか鈴木千裕とか。階級関係なしにやっていこうという感じでやってます。その日その日のスパーリングを試合だと思って緊張感をしっかり高めて、でも緊張はせずに頭は使うという感じで取り組めているので、そういった面ではすごく成長できたかなと思います。

──いろんなタイプの選手とスパーしているんですね。

栗秋 九州のジムにいた時は薄ーいグローブしかない中でお兄ちゃんにボコボコにされていたので、打たれ強さはあったんですよ。でも自分が手を出すのが苦手というか、「一方的にやられるんじゃないか」と思ってしまうメンタルの弱さがあったんですけど、今はそれも改善して、すごくいい練習ができてます。

──クロスポイント吉祥寺には他にもたくさんの選手がいますが、スパーする選手はどう決めているんですか?

栗秋 僕の基準は、素早い選手と、パンチがバカ強い選手ですね。鈴木千裕なんかもそうですし。僕って、バン!って加速したらバン!って下がるタイプなんですけど、瑛作さんなんかは加速してからそれを継続できるんです。そういうのも取り入れたり、炎出丸さんは足を使いながら打ち合うのがうまいので、そういうのが勉強になるなと思ってます。今まで、いなされて打ち合いを避けられることが多かったんですけど、いなされる中でどうすれば打ち合いに持ち込めるかというのも気づきました。だから今回は期待してほしいです。

──手応えがあるんですね。

栗秋 一人一人、練習が終わったらアドバイスやダメ出しをくれるんですよ。そのきっかけになったのが、小笠原裕典さんとスパーした時に、「やっぱりどっかで一発に頼っちゃってるよね。それじゃあ、相手が下がってガードを固めたら平気で受け止められるよ」って言ってもらえて。その後にもっと具体的なアドバイスももらったんですけど、それは次の試合で出したいので言えないんですけど(笑)。

──大丈夫です(笑)。

栗秋 そこからスパーリングがメチャクチャ面白くなって、ジムのグループLINEに「○○さん、何時にスパーお願いします」っていつも書いてます(笑)。

──これまでの試合を見ていると、いける時はすごく勢いが出ますけど、うまくいかない時の崩れ方が大きいという印象がありました。

栗秋 そうなんですよ。今はそこに重点を置いてます。反省点はいつもそこで、「相手のペースに呑まれると何もできないでしょ?」って言われることも多くて。なので、ペースを取られても取り返せるような練習をすごくやってます。そこはやっぱり、頭を使ってやってます。

──これまで『REBELS』『KNOCK OUT』でも期待されていたことは感じてきたと思いますが……。

栗秋 僕、試合で引かないというメンタルは強いんですけど、日常でのメンタルはすごく弱いんですよ。試合前の自信が少しでもブレちゃうと、腑抜けたみたいな試合をしちゃうんですよね。だからあんまり周囲の期待とかは考えすぎないようにしてきました。そういう思いを背負った気にならないでいようと。そこでけっこう固まってしまうので、気楽にいこうと思ってます。

──今回は新宿FACEでの『SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2021 vol.1』の中心カードということになりました。そこは?

栗秋 ここ3戦の失敗は、自分で取り返すしかないんですよね。そういう内容の試合をしたいと思ってますし、やっぱり魅せないとファンはついてこないと思うんで。僕が「勝ちたい」と思った時点で、勝ち方を見せるのがプロだと思うので、「あの選手、やっぱりすごい魅力があるな」と思わせる試合をしたいです。

──というところで、今回の相手である兼田将暉選手については?

栗秋 レベルが高い選手ですよね。K-1甲子園で優勝してますし。K-1甲子園は、他の優勝者もみんなけっこういいレベルまで行ってますよね。そう考えると、レベルは高いんだろうなとは思います。僕は相手の試合映像はあんまり見ないんですけど、タイ人のトレーナーに1試合見せられて、「よけてからの返しがうまいよ」って言われて。そこも対策しながら、そのさらに上を行くスピードをつける練習をしてます。

──なるほど。

栗秋 今は自信に溢れてるんですよ。「負けて失った自信を取り戻すのは試合しかない」と思ってたんですけど、今は練習でどんどん自信をつけていて、相手が誰だろうと勢いに乗っていける気がしてます。

──しかもそれは「根拠のある自信」ですよね。

栗秋 はい。そう思わせてもらえるのも、先輩とか周りの人々のサポートのおかげなので、そこへの感謝の気持ちもリング上で表したいなと思ってます。

──3月大会で『KNOCK OUT』がREBORNとなって、主役争いも活発化してます。そこにも入っていかなきゃですよね?

栗秋 そうですね。フェザー級は安本晴翔選手もいて龍聖選手もいて、裕典さんも階級を上げて、しかもBLACKルールに来ました。僕も今回からBLACKルールでやっていくんですけど、今は誰にも負ける気はしないですよね(笑)。今は意味のある練習ができているので、試合でそれを証明して「やっぱり栗秋だな」と思わせるように、一人一人しっかりぶっ倒していきたいと思います。

──今回の新宿FACEは、その第一歩になりそうですね。

栗秋 ぶっちゃけ言うと今回は、僕がこれから成り上がっていこうという団体に、他団体から乗り込まれたという気持ちもあります。だからしっかり覆して、また輝けるような自分になっていこうと思ってます。だから今回は本当に見ないと損すると思います。それぐらい、自信に満ち溢れてるんで。

──それを見せてもらえるのが楽しみです。ありがとうございました!

 

プロフィール
栗秋祥梧(くりあき・しょうご)
所属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1997/4/23
出身:大分県日田市
身長:170cm
戦績:60戦39勝(20KO)18敗3分