お知らせ

【SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2021 vol.1】森岡悠樹インタビュー公開!

「心を入れ替えて練習も変えました。1Rからガンガンいきます!」

4・4『SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2021 vol.1』の「KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級/3分3R・延長1R」で、横野洋と対戦する森岡悠樹。昨年、『KNOCK OUT』『REBELS』では2月の小笠原裕典戦、12月の古村光戦と、2試合続けて延長で涙を呑んでおり、ここで力を見せたいところ。そのために取り組んでいることとは……。

──ここまで『KNOCK OUT』『REBELS』ではなかなか結果が出てない状態ですが……。

森岡 小笠原裕典戦、古村光戦とチャンスをいただいたのに勝てなくて。どちらの試合もストレートを武器にKOを狙いにいってるんですけど、当てても決めきれない試合で延長まで行ってしまうという試合になってしまって。今回の試合って、後楽園大会に挟まれてますけど、そっちではなく新宿FACE大会にオファーをいただいたということが悔しかったんですよね。だからここはしっかり勝ちたいと思ってます。相手のことはそんなに気にしてないんですけど、今回はとにかくKOで結果を残したいと思っています。

──延長までもつれるぐらいで、惜しい展開ではあったと思います。足りなかったものとは何でしょう?

森岡 小笠原戦も古村戦も、試合全体で見ると自分が負けてるんですけど、パンチのカウンターだったり自信を持ってる武器はしっかり出せてるんですよね。ホントに「決めきれない」感じで、後から試合映像を見ても「何でここで攻めにいかないんだろうな」というところがあって、そういうところが敗因につながってると思います。

──それは気持ちの問題?

森岡 そうですね。自分の気持ちと、スタミナもたぶんあるんですよね。一度延長を経験しているので、心の中で「延長があるんじゃないか」と思って勝手にセーブしてしまうところもあって。

──延長を警戒して、本戦で出し切らずに終わってしまうと。

森岡 はい。そういうところを間違えてしまって、その後の流れで持っていかれてしまうというのもありますね。

──その改善のための練習では、どういうところを心がけていますか?

森岡 今回は3Rで終わっても延長になっても気にしないで1Rからガンガン攻められるように、スタミナと、ストレートでも蹴りでも一発一発、力を込めて出せるように、そういう練習をしています。

──スタミナ面ではどのような練習を?

森岡 以前からもやってはいたんですけど、練習量を増やしています。試合が終わった後に古村君と話したんですけど、キック一本の生活で3部練とかやってるらしいんですよね。やっぱり練習量で全然負けてるなと思って、いくら仕事しながらとは言え、同じ土俵でやってる以上は自分も増やさないとなということで、ダッシュだったりインターバル・トレーニングだったりを強化しています。もともと、身長が175cmなので55kgの階級では線が細くて、それも試合で相手と向かい合って体感したので、筋トレも増やすようにしてます。

──以前のインタビューで、船に乗る仕事で時間が不規則だと話されていましたよね。

森岡 そうなんですよね。そこを今まで言い訳にしちゃってた部分もあったので。やっぱり試合に出してもらってる以上は、「スタミナがなくて攻められませんでした」という試合をこれ以上見せられないなと思って、心を入れ替えてます。

──時間についてはどうにもならないところを、取り組みで変えるという感じですか。

森岡 はい。一人の時間でもダラダラせず、密度の濃い練習をしっかりやるように意識しています。もともとフィジカルとか筋トレは好きじゃなかったんですけど、それもちゃんと向き合うようにして。

──さて、今回の対戦相手である横野洋選手ですが、試合映像などは見られましたか?

森岡 1月の炎出丸選手との試合は見ました。身長は僕とほとんど変わらなくて、ガツガツ来るというよりは距離を取ってテクニックで戦う選手ですよね。僕が出ないと見合ってしまうことになって、しょっぱい試合になってしまうので、1Rからいけるように考えてやってます。

──横野選手は前回『REBELS』初参戦で、キャリアで大きく上回る炎出丸選手を倒して勢いに乗っています。そういう点については?

森岡 そうなんですけど、正直僕が戦ってきた裕典選手、古村選手の方が全然上だと思っているので、ここでも負けちゃうと本当に後がないと思ってます。地方から来て、「やってやるぞ」という強い気持ちで向かってくると思うので、気持ちで負けないようにしたいです。

──同時に、全大会で同じ階級のチャンピオンが決まりましたが。

森岡 小笠原瑛作選手はこの階級でも頭一つ抜けてるなと思っていたので、まだ「そこを目指します」という大口を叩けるレベルではないと思ってます。まず一つずつしっかり勝って、これまでに負けた選手とも戦っていって、リベンジする機会をもらえるようにしていきたいです。

──『REBELS』封印から『KNOCK OUT』がREBORNということで、各階級での戦いもより活発化しています。その中でアピールしていくために、ここから必要なことは何だと思っていますか?

森岡 僕が戦っているスーパーバンタム級は、テクニックがある選手は多いですけど、鈴木千裕選手みたいに1Rからガンガンいってドカンと倒せる選手は少ないですよね。そこを目指していけたらと思ってます。僕が持ってるものをしっかり生かせれば、そうなれると思っているので。そのために必要で、今一番重点を置いているのがスタミナとパワーですね。

──パワーの話は先ほども出ましたね。

森岡 まだまだ必要だと思ってますね。けっこうカウンターで入れることが多いので、ガードの上からでも効かせられるようなパンチ力が必要だと感じてます。あとパンチは得意なんですけど、蹴りをもらうとパワーの差を痛感するので、全体的なパワーを上げていきたいですね。そのために、今はジムで高重量のトレーニングをしっかりやるようにしています。ダッシュとかミット、スパーリングとかは好きなんですけど、地味な筋トレは得意じゃなかったんですよ。でもそれではやっていけないと思って、しっかりやっています。

──今回、一番見てほしい点はどこでしょう?

森岡 1Rからガツガツ攻めていこうと思っているので、最初からしっかり見てほしいと思います。

 

プロフィール
森岡悠樹(もりおか・ゆうき)
所属:北流会君津ジム
生年月日:1994/3/9
出身:千葉県木更津市
身長:175cm
戦績:13戦7勝(3KO)5敗1分