お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】会見レポート

4月25日(日)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT 2021 vol.2』の記者会見が3月31日(水)都内にて行われ、出場が決定していたKNOCK OUT-BLACK女子アトム級王者・ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)の対戦相手が発表された。

ぱんちゃんはKNOCK OUT-BLACK女子46.5kg契約のスーパーファイトでJ-GIRLS&WMC日本女子ピン級王者・MIREY(HIDE GYM)と対戦する。

昨年11月『REBELS.67』のMARI戦で勝利したものの拳を負傷したために戦線離脱。ようやく完治したことで今大会での復帰戦が決定したぱんちゃん。当初、復帰戦の相手は日本人大物選手とのスーパーファイトが内定していたが、諸事情でそのカードは消滅。そうした中で3月8日の記者会見でタイからタイ人を招聘を予定し、契約体重も調整中だったという。

会見に出席した宮田充プロデューサーは「3月22日に緊急事態宣言が解除されたことで、タイからの入国許可を下りると想定していましたが、未だ政府の判断で新規外国人の入国停止解除の目途が立っていない状況です。タイ人を4月25日に招聘する可能性は0ではありませんが、来日してからも約2週間の自主隔離期間を考えないといけなく、タイムリミットも迫っています。一番良くないのは、ぱんちゃん選手の試合がなくなってしまうこと。そこでぱんちゃん選手が所属するSTRUGGLEジムさんと協議した結果、対戦相手のタイ人を断念し日本人選手に切り替えました。そうした中で決定したのがMIREY選手です」と今大会のカード決定に至った経緯を説明。

続いて、ぱんちゃんは「正直、2月、3月と試合ができずモチベーションを保つことに必死でしたが、そういう時に戦いたい選手の一人の選手と決まりかけていて4月25日に向けてモチベーションが上がって対策して勝てるという自信が付いていた中でそのカードがなくなってしまいました。だいぶ落ち込んでいた時に強いタイ人を呼んでいいただけるということで、そのモチベーションで頑張ってやっていましたが、コロナの影響でタイ人の入国は厳しいということでした。とにかくまだ戦っていないベルトを持っている強い日本人選手と戦いたいということでオファーも出してもらい何選手か断れた中でも、応じてくださったのがMIREY選手でした」という。

MIREYとは2019年10月の『KNOCK OUT×REBELS』で対戦し、判定勝利しており、「MIREY選手が応じてくれなかったら試合が私の試合がなくなっていたかもしれないので急遽オファーを受けて下さったことを感謝していますが、私は再戦がしたいわけではなく、挑戦する試合をしたいと思っていて、正直このカードを聞いた時はうーん……という感じではあります。でも試合を楽しみにしているファンがいるので、今回は再戦ですがモチベーションを上げて倒せる試合をしたいと思います。次回はぜひ自分の戦いたい選手と組んでもらえるようにいい勝ち方をします」と複雑な心境ながらも力強く意気込みを語った。

その後、記者との質疑応答となり、前回対戦したMIREYの印象について聞かれると「当時自分はめちゃくちゃ弱かったのに、前回の映像を見返したら、しっかりいい勝ち方をしていました。私との試合の後のMIREY選手の奥脇選手との試合(2020年2月9日)を見たのですが、(MIREYは)そんなに変わっていませんでした。一度勝っている選手に絶対に負けるわけないのですし、今回必ずダウンを取ってもっと差を付けたい」と前回以上の差を見せて勝てると自信満々。

負傷していた拳の状況については「2月に入ってから徐々に良くなり、2月半ばには割と気にせず打てるようになりましたが、3月13日の大会には間に合いませんでした。今は気にせず打てますので全然問題はありません」と特に問題はないという。

約半年ぶりの試合ということで減量面に関しては「1年に2kgぐらい増えていて、今先ほど体重を測ったら52.3kgありました。今回初めて身体は大きくなっていますが、いつもぎりぎりでの減量ではなく余裕がありながらやっているので大丈夫だと思います。みんなから(身体が)大きくなったと言われますが、そんなに大きくなってますか?(笑)筋トレを頑張っているので、ちょっと大きくなり過ぎているのかなと。でも46kgでも行けると思います。一回ベルトを防衛して階級を上げたいと思うのですが、46kgだと戦いたい相手はいないのかなと」と体重に関しても問題がないとした。

自身のSNSでは、スクワットなどでの筋トレ足を強化していることを公開しており、「今、太腿が凄いことになっているんです。太くないですか? 太腿が一番成長中で、足、お尻の部位に負荷をかけて分けてやっています。体幹だけでなく、足の軸も鍛えているので、そこで蹴りの威力も変わってきます。前回MIREY選手とやった時は押し負けていた部分があったので、そこも負けないですし、同じ相手だと成長度合いを見せられるのでちょうどいいのかなと思います。5カ月間、練習だけしているので成長している部分も試したい」と成長した姿も見てもらいたいという。

ぱんちゃんを指導するSTRUGGLEの鈴木秀明会長も「5カ月間、手の負傷で試合はできていませんが、その期間も努力していたところを見せられる試合になれば」と期待を寄せる。

今後の具体的な目標を聞かれるとぱんちゃんは「私が負けると思われる相手とやって、しっかり勝つこと。一回決まりかけた相手の話を聞いた時は、拳の状態が万全でなくても凄くモチベーションが上がって今まで一番嬉しかった。その感情で練習すればもっと強くなれるのでお願いします!」と宮田Pに強い相手との対戦を懇願した。

会見終わりには1分30秒のミット打ちを行い、右ストレート、右ミドルといった強烈な打撃を披露し好調をアピールしたぱんちゃん。復帰戦でどのような姿を見せてくれるか。

なお、ぱんちゃんへのリベンジを狙うMIREYからは「1年以上ぶりの試合になるのでワクワクしています。(ぱんちゃんの印象は)特にないです。お互いに時間も経って、試合数を重ねているので成長し合えていると思います。前回の試合は自分の試合ができなかった。会場の雰囲気に飲まれたこともあったので、今回は自分の試合をして勝ちたい。久しぶりの試合なので、MIREY旋風を吹かせます! 期待してください!」のコメントが届いている。