お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】井之上弥生インタビュー公開!

「諦めずに戦って、また勝利の喜びを味わいたいです!」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「KNOCK OUT-BLACK女子45.0kg契約/2分3R」で、川島えりさと戦う井之上弥生。プロ4戦目にして『KNOCK OUT』初参戦、そして自身初の後楽園ホールということで、期するところがあるという。のんびりした口調に秘めた決意とは?

 

──今回、『KNOCK OUT』に初出場となりました。

井之上 『KNOCK OUT』というと出たい選手もたくさんいる中でお声をかけていただいて、驚きとうれしさがあります。

──相手の川島選手についてはどういう認識でしたか?

井之上 『KNOCK OUT』のナビゲーターをやられているということを聞いて、華のある選手なのかなという印象がまずありましたね。その後、デビュー戦を見させていただいて、負けん気の強そうな選手だなと思いました。ひるまずに前にどんどん出てくる感じで。

──その相手に、どう戦おうと思っていますか?

井之上 私は試合では下がり気味になってしまうことが多いので、私も前に出て行けるように頑張りたいと思っています。

──ここまでプロ3戦ということですが、長いブランクもあったそうですね。

井之上 そうですね。もともと痛めていた肩が悪化してしまったので手術を2回して、2戦目と3戦目の間が5年ぐらい空いてしまったんですけど、去年久しぶりに試合をしました。

──それだけ空いても、またリングに立ちたいという意欲は失われなかったと。

井之上 そうですね。いつかまた試合がしたいということをずっと思いながら、リハビリと練習をしていました。

 

 

──ちょっとさかのぼりますが、そもそもキックを始めたのはどういう理由だったんですか?

井之上 もともと運動は好きだったんですけど、キックはダイエット目的で始めました。近所にキックボクシングジムができたので、そこに通い始めたというのが最初です。だから試合に出ようとかプロになろうとかは全く思ってなかったんですけど、何となく続けているうちに「アマチュアの試合に出ない?」みたいな感じになって、それで試合をしたら「楽しいな」と思って(笑)。

──どういうところが楽しかったですか?

井之上 日常生活ではなかなかあそこまで極限の状態になるということはないので、そこが楽しかったです。

──ただ、プロではここまで3戦、勝ち星がない状態ですが……。

井之上 そうですね(笑)。これはあんまりよくないことなのかもしれないですけど、結果よりも「試合をする」ということが好きで楽しいというのがあるので。もちろん、そこで勝っていかなきゃというのはあるんですけど。勝てなくてイヤになるとかはないです。

──今回の試合についてはどうですか?

井之上 ずっと負け続けているので、それを断ち切りたいというのはもちろんあります。アマチュアで勝った時の、あの喜びをまた味わいたいです。

──そのために今回必要なものとは?

井之上 毎回、最初にスタミナのことが頭をよぎるので、その心配をなくせるような練習をして臨みたいと思っています。まだまだこれから、もうちょっと追い込んでいかなきゃというところですね。

──攻撃面で強化しているところは?

井之上 蹴りが苦手なので、蹴りも出していけるように練習してます。ただ、正直まだまだなんですが……(笑)。

──スタミナ面と蹴りが強化ポイントと。すみません、口調からの勝手な印象なんですが、もしかしてものすごくおっとりした性格ですか?

井之上 そう聞こえますか?(笑) 確かに、周りからも言われることはありますね。でももちろん、リングに上がったら勝ちたいと思ってますよ(笑)。

──いえ、そこを疑っているわけでは(笑)。では、ファイターとしての今の目標は?

井之上 今はやっぱり、まず1勝したいというところですね。その先はそこから考えるという感じで。今回の試合のテーマも、そこが一番大きいです。

──ここまで3戦は全部、新宿FACEでの試合だったということで、後楽園ホールでの試合も初めてということですね。そこについては?

井之上 やっぱり大きい会場なので、みんなからはけっこうプレッシャーをかけられてるんですが(笑)、そこで勝ちたいですね。

──試合ではお客さんにどこを見てほしいですか?

井之上 最後まで諦めずに戦い続けるところですかね。諦めずに戦って、初勝利をあげたいと思ってます!

 

プロフィール
井之上弥生(いのうえ・やよい)
所属:橋本PREBO
生年月日:3/3
出身:東京都町田市
身長:158cm
戦績:3戦3敗