お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】麻火佑太郞インタビュー公開!

「古村選手との一戦だからこそできる、レベルの高い格闘技を見せたい!」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「KNOCK OUT-BLACKライト級/3分3R・延長1R」で、古村匡平と戦う麻火佑太郞。地元・長野から強さとチャンスを求めて上京し、前回の1RKO勝利を含めて2連勝中で注目度も上がってきた麻火は、この試合でさらなる躍進を狙う。今回、麻火はどんな試合を見せようとしているのだろうか?

 

──2月大会では1RKO勝利で連勝です。波に乗れているのでは?

麻火 いえ、前回のKOはたまたまというか、倒そうと思って倒したわけじゃないですし、自分の中ではまだまだ満足していないので、そういう意味では落ち着いてます。

──ただ、結果を残せたことはよかったですよね?

麻火 そうですね。勝たなきゃ次がない世界なので、そういう意味では勝てて安心してますし、紀州のマルちゃん選手も自分より勝率は高かったので、そういう選手にKOという形で勝ててホッとしてます。

──紀州のマルちゃん選手は初参戦でしたが、何もさせずにKOしましたよね。戦ってみての印象はどうでしたか?

麻火 前戦、大谷翔司選手とのイノベーションのタイトルマッチを見た時に、「倒せるかな」というのは正直思っていて、ずーっと相手選手をイメージして練習してきたのが試合でそのまま出せました。相手もイメージ通りだったし、自分もイメージ通りに動けたという試合でした。

──続いて今回は、古村匡平選手との試合となりました。

麻火 古村選手は去年、『KNOCK OUT』の「無法島 GRAND PRIX」トーナメントに出てましたよね。出るきっかけとなった動画がツイッターで出回っていたのを見た時に「ああ、強そうだなあ」と思って、いつかやりそうだなと感じたんです。自分はまだ『KNOCK OUT』にも『REBELS』にも出てなかった頃だったし、古村選手との接点もなかったんですけど、本当に感覚で「いつか戦う気がする」と思って。だから本当に組まれて、そんなに驚いてはいないです。

──やはりこの連勝が、古村戦を引き寄せたという形ですかね。

麻火 『REBELS』初参戦で中澤良介選手と戦わせてもらったんですが、僕の前が古村戦だったんですよ。その試合を見ていた時に、中澤選手が押し返す場面もあって、「中澤選手はすごく強いな」と思ってて。でもいざ臨んでみたらいい形で勝てたので、古村選手と自分にそこまで大きな差はないと思ってます。あと、2月大会は当初、大谷選手と決まっていて、今回は大谷選手とやれるのかなと正直、思って準備していました。それで古村選手との試合が決まった時に、古村選手より大谷選手の方が強いかなと思って、この方が気合いも入っているので、今回の試合は自分でも楽しみです。

──戦い方という面ではいかがですか?

麻火 実は試合映像はそんなに見ていないんですが、インパクトとかスピード、パワーはあるなと。戦績を見ても強いなというのは分かるので、油断はしていません。全力で臨みたいなと思っています。

──逆に自分がどう戦いたいというのはありますか?

麻火 今回は圧倒的な差をつけて勝ちたいと思っています。あと、毎回意識しているところなんですが、スピードでも差をつけたいです。

──スピードに関してはもともと自信のあるところなのでは?

麻火 そうですね。自分はパワーよりもスピードに自信がありましたけど、前回の試合はあまりスピード感がなくて。それは、前回はあえてパワーで勝負しようというのが自分のテーマだったからなんです。だから足技よりもパンチでしっかり威力を出して倒そうと意識していました。今回はスピードをしっかり出していこうと思っています。

──麻火選手は強くなるために長野から上京して、東京のジムに移籍したわけですよね。一方、古村選手は地方に拠点を置いて、東京で活躍しようとしています。同じ地方出身のファイターでも方法論は対照的ですよね。

麻火 自分もそこは思っていました。自分も以前は地方にいて、たまに東京に遠征して試合をする立場だったので、東京の選手、有名なジムの選手に比べたらチャンスが少なくて、悔しい思いもたくさんしてきたんですね。だから、古村選手が佐賀県から『KNOCK OUT』のトーナメントに抜擢されて、地方から東京に来て何戦もしているというのは、本当にすごいなあと思っています。

──ただ、目指す場所は同じなので、その点ではライバルですよね。

麻火 自分は試合前に相手を憎んだりする方ではなくて、しかも今回は珍しく同い年の相手との試合なので、親近感が湧いてるんです。だから変にバチバチするよりは、お互いの持っている者を出し合って、いい試合ができたらと思っています。これから『KNOCK OUT』はどんどん大きくなっていくと思うんですけど、自分たち2人も継続的に参戦していって、『KNOCK OUT』が大きくなっていくのを手伝いたいというか。お互いにイベントを引っ張っていけるような選手になると思うので、一緒に盛り上げようという思いの方が強いですね。

 

 

──先ほど名前が出ていた大谷選手は、同じ大会でバズーカ巧樹選手の王座に挑戦します。同階級として、タイトルマッチの行方も気になると思いますが。

麻火 自分でもビックリなんですけど、意外にそこまで気にしてはいないんですよ。今年ベルトを獲るというのが目標なのは変わらないんですが、もともと古村選手を除けば上にいるのは大谷選手とバズーカ選手だとは思っていたので、どちらにも勝てないとチャンピオンになれないと思って、ずっと練習してきました。なので、どちらがチャンピオンになってもやることは変わらないです。どちらも強い選手ですしリスペクトもしているので、自分は目の前の試合にしっかり勝った上でメインを見ようかなと思っています。

──では、タイトルマッチの2選手にも近づいているという実感がある?

麻火 そうですね、少しずつですけど。トレーナーと一緒に練習してきたことが試合で出せるようになっているということも感じていて、本当に少しずつですけど成長できてるなと思っています。まだまだ自分には伸び代しかないし、『KNOCK OUT』のベルトを獲ってもっと成長したいと思っています。

──今回の試合でよりタイトルマッチに近づくためには、勝ち方も必要になりますよね。

麻火 そこはすごく意識しているところですね。前回、初めてKOで勝てて、お客さんの印象もだいぶ変わったと思うんです。やっぱり倒すことがお客さんや『KNOCK OUT』の関係者にもインパクトを与えられると思うので、そう簡単には倒せないとは思うんですけど、今回もKOは狙っていきたいと思っています。

──ちなみに、「麻火佑太郞」というリングネームについてなんですが……。

麻火 はい(笑)。「佑太郞」は本名で、「麻火」はPHOENIXの前村代表が命名してくれました。PHOENIXは梅野源治選手をはじめ、伝統的にリングネームで戦ってるんですよね。でも自分はリングネームというものに慣れてなくて、本名がいいなと思っていたので代表に相談したんですが、「上か下か、どちらかは変えてほしいんだけど、検討できない?」ということで。もちろん強制というわけではないんですけど。

──やはりジムとして、原則的にリングネームにしたいということなんですね。

麻火 それで、どちらかというと「佑太郞」の方が残したいと思ったので、そうお願いしたんです。そしたら「佑太郞」に合う苗字の候補を3つぐらいいただいて、その中ではダントツで「麻火」がカッコいいなと思ったので、それで選びました。

──なるほど。

麻火 代表は画数などで苗字と下の名前の相性を考えるのが好きらしくて。「麻火」という字も画数でこれが一番いいらしいんですよ。

──でも実際、「麻火佑太郞」に改名してから連勝中ですからね。

麻火 そうなんです! それで「やっぱり『麻火』が合ってるな」と思って(笑)。最初は呼ばれ慣れなかったんですけど、今では『REBELS』から自分のことを知ってくださったファンの方が「麻火選手」って声をかけてくれるようになって、自分としても愛着が湧いてきています。字面もカッコいいですし、前村代表に感謝です(笑)。

──では最後に、今回の試合で一番見てもらいたい点は?

麻火 今回、レベルの高い格闘技をしたいと思っていて、そこが一番のテーマです。古村選手とだからこそ、それができると思いますし、自分たちにしか出せない雰囲気なりを作っていきたいと思っているので、他の試合にはないレベルの高さを皆さんに見ていただきたいと思っています。

──分かりました。ありがとうございました!

 

 

プロフィール
麻火佑太郎(あさひ・ゆうたろう)
所属:PHOENIX
生年月日:1999年8月20日
出身:長野県上田市
身長:174cm
戦績:14戦9勝(1KO)5敗