お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】炎出丸インタビュー公開!

「これがキャリアの集大成。新天地BLACKルールでベルトを狙う!」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「KNOCK OUT-BLACKスーパーバンタム級/3分3R・延長1R」で、加藤和也と戦う炎出丸。1月の新宿FACE大会で横野洋のヒジにTKO負けを喫したのを機に本格的にBLACKルールに転向し、これが第一歩となる。「最後の目標」というベルトまでたどり着けるか? その意気込みを聞いた。

 

──まず1月の横野洋戦は、今年一発目としては不本意なスタートになってしまったと思いますが。

炎出丸 体の仕上がりとか感覚は悪くなかったんですけど、ヒジありだったので、前に出る僕のスタイルだとヒジを狙われちゃうことが多いんですよね。そこでもらっちゃって一発でストップだったので、出し切れなかったなという印象でしたね。

──今回、BLACKルールなのは前回の敗戦が影響している?

炎出丸 そうですね。僕もキャリア終盤でいろいろケジメというか、どういう形にするか模索していく中でああいう負け方をして、すごく考えたんですよね。試合を終えて自分のスタイルなどを分析した結果、結局負けるときって、ヒジがほとんどなんですよ。ダウンを取られてボコボコにされるとかじゃなくて。ヒジで負けると、まだ体は動けるのでモヤモヤしてる部分があるんです。なのでBLACKで思いきり出し切って、ヒジでのストップとかなくやれるほうが、自分にとっていいんじゃないのかなと思って、BLACKルールで参戦することにしました。

──炎出丸選手といえばヒジありルールという印象が強いです。次が69戦目ですが、これまでヒジ禁止ルールの試合って何回ぐらい経験されていますか?

炎出丸 ほとんどないですね。新人の頃ぐらいじゃないですか?

──ですよね。ただKNOCK OUT-BLACKルールでは、得意の首相撲に制限がかかりますが、そこは大丈夫なんですか?

炎出丸 そこも分析したんですが、僕が得意としてたのは5Rの試合だったんですよ。5Rあったから粘り強くゲームを作っていくことができていて、強い選手にも勝つことができてたんですが、ほぼ3Rが主流になってきて、3Rヒジありだと僕が前に出るのを待ってヒジを合わせるような展開が多いんですよ。僕はダウンも少ないし、相手からすればヒジが有効だなと思われるのは、自分を逆分析しても思うんです。時代の流れで、『KNOCK OUT』だと5RはREDのタイトルマッチしかないじゃないですか。だから、メリットも少し消えるんですけど、デメリットをなくしちゃおうということで。その方が気持ち的にもいいんじゃないかなという感じです。

──では、BLACKルール向けの練習は1月の試合の後から本格的に?

炎出丸 そうですね。昨年10月の試合は相手の都合でBLACKルールだったんですけど、その時は、ヒジを完全に頭から消しての練習はしてなかったんです。

──ああ、あくまで前回は「仮」だと。

炎出丸 はい。今回はもう自分で決めたので、ヒジなしという部分を意識してトレーニングに励んでます。

──手応えはいかがですか?

炎出丸 まあまああります。というか、もともと僕はヒジはそんなに使わないので。相手の攻撃で気をつける部分としてヒジが減った分、やりやすいなというのはあります。もともと、ヒジで切ったり倒したりというタイプではなかったので。

──しかもBLACKルールでも、首相撲もある程度はやれますからね。

炎出丸 そこも10月の試合で「こんなにやれるんだ」と思って、計算済みではあります(笑)。

 

 

──というところで、今回の相手は初参戦の加藤和也選手です。印象は?

炎出丸 1試合だけ映像を見たんですが、まっすぐ入ってガンガン出てくるという印象ですね。出入りとか、リズムはちょっと違うのかなというのは思いました。僕が今まで主戦場としていたヒジありとは違うので、そこはちょっと気をつけてイメージしながら練習してます。

──どう戦いたいですか?

炎出丸 倒したいですね。新しくBLACKルールに挑戦するにあたってインパクトも残したいので、どうやったら倒せるかという練習をしています。

──倒すイメージは何パターンかできている感じですか?

炎出丸 そうですね。自分のパターンはいくつかできていて、そこにはめていきたいと思ってます。「はまれば」じゃなくて、自分で合わせていく感じです。

──タイトルに向けては?

炎出丸 宮田プロデューサーが入ったことで、今までの『KNOCK OUT』とはまた違った選手たちも入ってきていますよね。それには自分もワクワクしています。同階級には同門の小笠原瑛作がいて、僕もなかなか目標が立てづらい部分があったんですが、彼がREDのチャンピオンなので僕がBLACKにというのもあるんですよ。目標もなく、ただ何となく試合をしていると、応援してくださっている方々も乗れないと思うんです。そういうのもあって、新しい選手、若い選手を巻き込んでBLACKのトーナメントをアピールできたらなと思ってます。それにはやっぱりインパクトのある勝ち方をしたいです。

──キャリアもかなり長くなりますが、この挑戦が集大成という感じでしょうか?

炎出丸 そうですね。今回の挑戦も、最後に燃えられるところを目指していたんだと思います。だから今回、いろんな意味でプレッシャーもありますし、ワクワクと緊張感の狭間にいます。「負けたら終わりだ!」とかいろいろ考えちゃったりもするんですけど、結局、自分の中でそういう緊張感を求めていたんだと思います。ただノホホンと何試合かやるよりも、集大成として何かに懸けたかったんですよね。

──なるほど。

炎出丸 僕の中では8割9割、「もういいかな」という思いもあったんですけど、応援してくださる方々もいてくれたので、あと何試合か、タイトルマッチに向かう試合をすることで、見てる方も盛り上がるじゃないですか。そういうのを自分も感じたいし、一緒に作っていければという思いですね。僕はもう他団体に出るつもりはないので、ヒジでの敗戦とか、瑛作の存在とかいろいろつながって、今回の挑戦になったということです。

──それが今回の試合の、一番のテーマですね。

炎出丸 はい。中途半端にしたくないと思ってやってきたので、そのためにも今回は勝ちたいと思います。

 

 

 

プロフィール
炎出丸(ひでまる)
所属:クロスポイント吉祥寺
生年月日:1982年10月4日
出身:沖縄県中頭郡
身長:167cm
戦績:68戦32勝(5KO)28敗8分
タイトル:元J-NETWORKスーパーバンタム級王者