お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】加藤和也インタビュー公開!

「勝って気の済むまで焼肉を食べまくりたい!」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「KNOCK OUT-BLACKスーパーバンタム級/3分3R・延長1R」で、炎出丸と戦う加藤和也。昨年は3戦して3連勝という勢いのままに『KNOCK OUT』に初参戦を果たす彼は、大ベテランの炎出丸を倒して上に行こうという意欲が満々。茨城の大食いファイターは旋風を巻き起こすか?

 

──『KNOCK OUT』初参戦が決まりました。今3連勝中で、いい流れなのでは?

加藤 そうですね。参戦が決まって素直にうれしいですし、アマチュアのときから見ていた舞台なので、自分がそこに立てるということが楽しみです。

──今の好調の理由はどういうところですか?

加藤 その前の年が3連敗で、そこで技術的なところというよりメンタル面を見直しました。「絶対ぶっ倒す!」という気合いが空回りしていて、倒しに行かなくていい場面で無理やりいっちゃって、そこで合わされて倒されたりしていたので。去年からはメンタルの持っていき方を変えて、「お客さんにぶっ倒すところを見せて喜ばせてやろう」とかは考えずに、先生から教わったことだけを集中してやるように徹底したら、結果がついてくるようになりました。プレッシャーとかをうまく力に変えられるようになった感じです。

──今回は炎出丸選手との対戦です。かなりベテランの選手ですが、印象は?

加藤 何試合か見させてもらったんですが、ローキックが強くて、打ち分けが上手だなという印象です。あと、日本人にはなかなかいないような試合数をやっているので、向かい合ってみないと分からない強さがあるのかなと感じてます。

──炎出丸選手はここまでほとんどの試合がヒジありルールでした。だからこれまでの試合映像のイメージとは違ってくる可能性もありますよね。

加藤 そうですね。だからサウスポーの選手の映像を見たり、炎出丸選手より長身な選手の映像を見たり、「ヒジがなかったらこう来るかな」というのを考えたりしながらイメージしています。あとは試合になってみないと分からない部分もあるので。

──どう戦いたいというのはありますか?

加藤 自分のいいところを出して、今回もしっかりと、自分のやるべきことを集中してやりたいと思っています。

──『KNOCK OUT』には初参戦ということで、自己紹介的に自分のファイトスタイルを言うとすれば、どうなりますか?

加藤 自分の持ち味はパワーとアグレッシブさだと思うので、そこを生かした試合をしつつ、もともと伝統派空手出身なので、キックボクサーにはないようなステップを生かして格上の炎出丸選手を倒したいと思います。

──伝統派空手というと、RIZINの堀口恭司選手、K-1の山崎秀晃選手らが活躍していますが、加藤選手もバックボーンとして生きているんですね。

加藤 高校までやっていたんですが、階級がなかったので、背の低い自分が180cmとかの選手と戦うこともあったし、体重も全然重い選手ともやっていました。そうなると普通に同じ距離から入ったのでは全然届かないので、小さい選手は自然とステップワークやスピードを磨くようになるんですよね。それを身につけないと勝てないので。僕もそういう部分を生かして戦いたいと思います。

 

 

──『KNOCK OUT』は先日REBORNという形になりましたが、この先はどう考えていますか?

加藤 炎出丸選手はすごくキャリアのある選手なので、まずここで勝つことが第一で、その先はまだ考えてないですね。勝てば未来が待っていると思うので、倒しに行きたいと思います。

──写真も拝見したんですが、かなり大食いと伺っています。ラーメン6杯並んでいる写真がありましたが、あれをお一人で食べたんですか?

加藤 あれは一人で食べました。ラーメンが大好きというわけではなくて、おいしいもの全般大好きなんですけど。よく食べるのは確かで、友達とか親も引くぐらい食べます(笑)。今回勝って、おいしいものを気の済むまで食べたいです(笑)。

──軽量級のスーパーバンタム級ですが、そんなに食べて大丈夫なんでしょうか(笑)。

加藤 太りやすい方なので、普段は週1回だけ思いきり食べるようにしてます。その日は息抜きを兼ねて、何でも食べてます。

──回転寿司だと40皿は平気という話も聞きました。

加藤 回転寿司は、50皿ぐらいはいけますね。

──それはすごいですね! 何か記録みたいなものはありますか?

加藤 それが大食いチャレンジみたいなものはやったことがなくて、コスパの悪い大食いなんですよ(笑)。

──では、今回勝った後に「何でも食べていいよ」と言われたら何を食べますか?

加藤 焼肉ですね。地元でいつもお世話になってる焼肉屋さんがあって、そこには勝ったらまず行きますね。

──試合後の励みなんですね。

加藤 そうですね。減量中は大食いの動画を見たりしているので(笑)。勝って食べるのと負けて食べるのでは味が全然違うので、勝っておいしく食べたいですね。気が済むまで。

──では最後に、今回の試合で、一番見てほしいポイントは?

加藤 やっぱりパワーとアグレッシブさですね。そこが一番の強みなので。勝って焼肉を腹一杯食べます!(笑)

 

プロフィール
加藤和也(かとう・かずや)
所属:ドージョー☆シャカリキ
生年月日:1994年9月5日
出身:茨城県筑西市
身長:161cm
戦績:8戦4勝(1KO)4敗