お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】濱田巧インタビュー公開!

「お客さんあってこその試合。『濱田の試合は他の誰の試合よりも面白い』と思わせます」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「KNOCK OUT-BLACKスーパーフライ級/3分3R・延長1R」で、酒井柚樹と戦う濱田巧。「キックボクシングはあと数戦」と表明している濱田だが、その真意は? そして、そんな中で今回の試合にはどんなモチベーションで臨むのか?

 

──今回、対戦決定の際のコメントで「キックボクシングは、もうあと何戦かしかやりません」という発言がありました。これは?

濱田 まだちゃんと発表はしてないんですけど、MMAに挑戦したいと思ってまして。だからキックはあと何戦かということですね。

──そうなんですか。その理由は?

濱田 もっと総合的に強くなりたいと思っていて、使える技の多いMMAが実戦的に強いんじゃないかと。変な話、リング外で戦った時にはMMAの技術の方が使えるんじゃないかと思って、ちょうど1年ぐらい前からパラエストラ柏と松戸に行かせていただいてるんです。

──そうなんですね。

濱田 MMAをやっていると新しい技を覚える感覚が引き金になって、格闘技を始めた頃のことを思い出して楽しくなっちゃって。それで本格的に挑戦したいなと思うようになりました。来年には試合に出られたらいいなと思ってます。

──先ほど「リング外で戦った時」という言葉がありましたが、それはストリートファイトということですか?

濱田 はい。自分は体が小さいので、ケンカとか売られた時に……まあ、本当にやりはしないんですけど、そういう時に対抗できるような強さを身につけたいなと思って。何でもできる人間になりたいと思ってて、MMAだけじゃなくてジークンドーだとか、そういうのもいろいろやってみたい、いろんな技を覚えたいと思って。

──実際、キックはあと何戦ぐらい出場するつもりですか?

濱田 ハッキリ決めているわけではないですけど、少なくとも今年いっぱいはキックを頑張ります。その後は、状況次第によっては分からないですけど。今はとにかく、一戦一戦を大事にしていきたいですね。

──そうなると、今回の試合についてはどういうモチベーションでしょう?

濱田 今言ったように一つひとつの試合を大事にするということで、勝ち負けも大事なんですけど、熱い試合をしたいなと思ってます。いい試合をして、宮田プロデューサーに「また濱田を使いたい」と思わせる試合をしたいですね。ベルトがほしいという気持ちもあるので、チャンスがあるなら獲りにいきたいと思います。

──ただ、現在は3連敗中ということになりますが。

濱田 そうですね。まあ、自分の試合ができれば満足はするので、連敗ということ自体はそこまで気にはしてないんですけど。でも結果は大事だし、応援してる人に勝つ姿を見せたいというのはあります。

──そして、このところ試合間隔が空いてますよね。今回の試合が8ヵ月ぶり、その前も8ヵ月空いていて。

濱田 そうなんですよ。ちょこちょこ試合のお話はいただいてたんですけど、コロナの状況もあったり、いろんな都合で流れちゃったりして。特にケガとかはないし、やりたかったんですけどね。タイミングさえ合えば、2~3ヵ月に1回ぐらいのペースでやりたいなとは思ってます。

──勝ち星的にも、早く試合をして払拭したいというところでは?

濱田 はい。コロナで練習にも影響が出てたりしてたんですが、今はしっかりやれていて、準備は万端なので。

 

 

──今回は酒井柚樹選手との対戦です。印象は?

濱田 もちろん以前から知っていました。以前ははまっこムエタイ所属で『REBELS』にも出ていたので、いつかはやるかなと思っていたんですが、移籍して他団体に上がるようになったので、もう対戦の機会はないのかなと思ってて。だから対戦のオファーが来たときはちょっと驚きました。小柄ですけど、前に出て戦ういい選手だと思ってます。彼となら面白い試合を作れそうだなと思って、受けさせていただきました。

──なるほど。

濱田 対戦相手にはリスペクトを持って試合するようにしてるんですよ。ナメて試合をすると相手のいいところも見えないし、返り討ちに遭う可能性もあるので。今回も相手の強さをしっかり認めて、練習や対策に取り組んでます。リスペクトなしでは強くなれないので。

──どう戦ってどう勝ちたいですか?

濱田 作戦とかは特にないんですけど、試合をする時に心がけていることがあって。それは、必ず盛り上がる試合をするということなんです。お客さんをどう楽しませるかということを意識して戦っています。興行というのはお客さんあってのものだと思うし、そのお客さんが求めるものを提供しなきゃいけないので、常にノックアウトを狙って、前に出て戦ってます。

──今回もそういう試合をすると。

濱田 お互い守り合ってる試合なんてお客さんは面白くないし、「濱田の試合は他の誰の試合よりも面白いな」と思ってもらえるのが一番ですね。今回もお客さんを意識して、いい試合を見せられるように戦います。

──team AKATSUKIの良太郎代表からは、この試合について何か言われていますか?

濱田 いえ、特にはないですね。僕の好きなようにやればいいという感じです。相手選手の映像などを見て、「こうしてくるから、こうしよう」というような話はしてるんですけど、ある程度は僕が決めて、そこに代表がアドバイスをくれるという形になってます。ある程度、自分で考えて戦ってます。

──では今回の試合で、一番見てほしいポイントは?

濱田 動きがどうとかじゃなくて、「コイツ、ガンガンいくな」「熱い試合をするな」と思ってもらえたらいいと思ってます。僕自身を見てほしいというか、攻める姿勢、気持ちを感じてもらえたらいいですね。その上で、今回は必ず勝った姿を見せたいと思います。

 

 

 

プロフィール
濱田巧(はまだ・たくみ)
所属:team AKATSUKI
生年月日:1994年12月8日
出身:千葉県松戸市
身長:165cm
戦績:18戦10勝(5KO)7敗1分