お知らせ

【KNOCK OUT 2021 vol.2】スクランブル渋谷代表・増田博正インタビュー公開!

「前回の試合は0点。試合後、かなり怒りました」

4・25『KNOCK OUT 2021 vol.2』の「無法島 presents KNOCK OUT-BLACKライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R」で、大谷翔司が王者・バズーカ巧樹に挑戦するスクランブル渋谷。その会長で大谷の師匠である増田博正会長は、昨年12月、大谷が勝った試合を「0点」と言い切る。では今回の再戦で、大谷にどのような試合をさせようとしているのか。大谷翔司、ベルト奪取のポイントは?

 

──最初に、昨年12月に大谷選手が勝利した前回の試合を振り返っていただきたいんですが。

増田 大谷的には、ほぼ0点の試合ですね(笑)。

──えっ、そうなんですか?

増田 はい。1R、2Rは支配されてしまって、やっと3Rにエンジンがかかったという感じだったので。まあローは効かせてましたけどね。

──では、作戦としては全然違う展開のはずだったんですか。

増田 そうですね。その作戦は今回やろうとしているので、あまり言えないんですけど(笑)。

──ですよね(笑)。では前回、大谷選手がその作戦を実行できなかったのはなぜでしょう?

増田 バズーカ選手のリズムですよね。あのリズムに合わせてしまったのが一番悪いところで。試合前から、「土足で歩いていけ」って言ってたんですよ。合わせるなと。

──ところが試合になったら、ちゃんと玄関で靴を脱いで、スリッパを履いてしまったと。

増田 そうですね(笑)。だから、大谷はポテンシャルを50%も出さないで終わってしまった試合でした。それが十分出せれば、最初からKOも狙っていたので。

──ということは、前回勝ったからと言って、気持ち的に有利とか楽とかは一切ない?

増田 はい。今回はしっかり倒して、ライト級でしっかり力を示していかなきゃいけないので。ライト級は強い選手がいっぱいいるので、「俺がいるぞ!」というのをアピールするためにも、KOして勝つというのが今回のテーマですね。

──それに向けての手応えは?

増田 修正に修正を重ねてやってきてますから、大谷の力がしっかり出て、作戦通りに動いてくれれば2R後半から3Rにしっかりダウンを取ってKOまでつなげてくれると思います。

──勝てばいよいよ『KNOCK OUT』の王者ということですが。

増田 チャレンジャーですけど、今は団体が乱立しているので、『KNOCK OUT』のライト級王者は強いんだということをしっかりと示すためにも、しっかりとした勝ち方をしてもらいたいですね。

──一方、バズーカ選手はリベンジマッチなので、かなり目の色を変えてくると思うんですが。

増田 バズーカ選手は本当に試合巧者だし、そこは警戒しながら出鼻をくじいていきたいです。

──バズーカ選手のことは前戦と今回の対策でかなり見えたところでしょうか。

増田 そうですね。お互い力は分かっていると思うんですが、大谷に関しては前回、ほとんど力を出せずに勝った試合でしたが(笑)。

──では大谷選手がちゃんと力を出したら、バズーカ陣営は驚くはずということですか。

増田 そうですね。前回とは別人だと思うんじゃないですか。

──大谷選手本人からは、その気合いは伝わってるんでしょうか?

増田 前回、僕からだいぶ怒られてますからね(笑)。まあだいぶ自信もついてきたようだし、「やれるぞ」と思ってる感じは伝わりますね。

──彼は最初に入会してきた時から、選手としてチャンピオンになるというのは想像できましたか?

増田 そうですね。いいもの持ってましたし。体格にも恵まれていてパンチも蹴りも強くて、カウンターも上手でした。

 

 

──自衛隊での経歴がありますが、そういった体の強さも最初から感じられたんですか?

増田 それはありました。自衛隊でもかなり長い時間、練習していたらしいので。ただ、いい意味でも悪い意味でもマイペースなんですよ。なので意識とか集中力という意味では気をつけました。それと、彼が自衛隊でやっていた徒手格闘術のクセを抜くのは大変でした。

──そうなんですか。

増田 詳しくは聞いてないんですが、徒手格闘術はポイント制だったと思うんですよね。だから当てて終わりっていうところがあったんですよ。手数を増やさせて、キックボクシング仕様にするのにはちょっと時間がかかりました。

──デビューからここまでは順調でしたか?

増田 順調……ではないですね。順調だったら3年でベルトを巻いてるはずだったので。そこはなかなか、昔のクセが抜けきらなかったところがありましたね。

──普段の大谷選手は、会長から見るとどういうタイプですか?

増田 物静かで、優しい子です。気持ちの中にはギラギラしたものを持ってるのかもしれないですけど、それを表に出すタイプではないというか。内に秘めた闘志はすごいものがあるんですけど、照れ屋なのかクールなのか、あんまり見せないですね。たくさんの選手を見てますけど、今ってあんまり気持ちの強い子はいない感じがするんですよね。だから選手によって指導の仕方も変えたりしてやってますけど。

──大谷選手に接するにあたっては?

増田 先ほども言った通りマイペースなので、危機感を持つようにとはいつも言ってます。焦る必要はないけど、危機感は持ってなさいと。ただ、イノベーションのベルトを獲ってからは「チャンピオンなんだ」という自覚がだいぶ出てきたようで、スパーリングを見てても意識が変わってきてますね。後輩たちを教えたりもして、自分が引っ張らなきゃというのは感じるようになりました。

──では、今回勝ってベルトを獲れば、さらに一皮むけそうですか。

増田 もっと早くむけてほしいんですけどね(笑)。まあ、今度勝てばまただいぶ違うとは思います。今回はBLACKルールですけど、アイツはヒジもうまくてどっちもいけるので、ライト級全体のトップまで行ってほしいと思ってます。

──今回、大谷選手のここを見てほしいというポイントは?

増田 流れの中のコンビネーションですね。それがキレイに出れば勝ちにもつながると思います。

──ありがとうございました!

 

 

プロフィール
スクランブル渋谷 代表
増田博正(Hiromasa Masuda)

1973年1月5日生/東京都板橋区出身/48歳
2013年4月 スクランブル渋谷代表に就任

◇獲得タイトル
WPMF世界ライト級チャンピオン
第18代全日本ライト級チャンピオン
第17代全日本フェザー級チャンピオン
初代J-NETWORLフェザー級チャンピオン

◇代表選手
板倉直人(REBELS-MUAYTHAIウェルター級チャンピオン)
板橋寛(Krushフェザー級チャンピオン)
T-98(WBCムエタイ日本ウェルター級チャンピオン/イノベーション日本ウェルター級チャンピオン)
雷電HIROAKI(REBELS-MUAYTHAIライト級チャンピオン/イノベーション日本ライト級チャンピオン/M-1ライト級チャンピオン)
大谷翔司(イノベーション日本ライト級チャンピオン)

◇モットー
楽しく、自分の可能性を信じ、諦めず挑戦する強い心

◇URL
https://www.shibukichi.com/contents/category/shibuya/