レポート

8月13日『K.O CLIMAX 2019』公開練習のレポートを公開!!

8月18日(日)『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』大田区総合体育館大会に出場する日菜太選手、丹羽圭介選手の公開練習が、2019年8月13日(火)クロスポイント吉祥寺にて行われました。8.18『K.O CLIMAX 2019』一般公開練習のレポートを公開いたします。

 

日菜太(クロスポイント吉祥寺)

タイ人トレーナーを相手にミット打ちを行った日菜太。6月REBELSでの坂本優起戦では左足の肉離れで得意の左ミドルを出せず不調だったが、今大会に向けては調子も良く、ジム内に快音を響かせた。「試合まであと5日ですが、凄くいい調整が出来ています。(疲れの溜まっている)この時期のミット打ちでも記者の皆さんにいいミットを見せられたかなと。凄く調子はいいです」と笑顔を見せる。

今回の相手ジョムトーンは2015年5月にWBA世界スーパーフェザー級王者(当時)内山高志とボクシングで対戦しており(内山が2RTKO勝ち)、内山と友好関係にある日菜太は「試合が決まってから内山さんとは連絡取っていません。内山さんから情報を得ないで、僕は僕なりにジョムトーンを超えたい」とムエタイ強豪狩りに自信。

ジョムトーンはボクシングテクニックだけでなく、キレのある左ミドルを得意としているが、「あの避けづらいパンチが怖い。でも僕の良さを出してKNOCK OUTという興行だけにしっかりKOして次のステージにいきたい。相手もサウスポーなので左ミドルをいっぱい蹴るのは難しいのですが、いい蹴りを見せられると思います。僕は右も結構蹴れるので、今回出すかもしれません」と蹴りでの攻防にも意欲を見せる。

ジョムトーン戦後には、変わらず来年1月の新日本プロレスの東京ドーム大会参戦を目指しており、「色んな人に認めてもらうためにもいい勝ち方をしないといけない。キック以外にもアプローチの仕方があるのであれば、何かをしたい。年内にもう一回、11月か12月に試合をやってもいいですし、もう32、33の歳の自分にとっては最後の一勝負なので悔いなくやりたいし、“お前何言ってるんだ!?”とアンチがざわついて欲しいですね。東京ドーム大会に出ることで最後に自分の中でいい爪痕を残しておきたい。リアルに人が倒れるところ、ダメージを重ねて倒れたり、頭部への打撃で一発で倒れたりするのはプロレスにはない部分なので、3分3Rの中でやり取りの駆け引きをプロレスファンに見てもらいたいですね。新日本キックもKNOCK OUTも会社は同じブシロードなので、どちらを見ても面白いというのを、作り上げていきたい」という。

そして、「今のキック界は(那須川)天心、武尊の2人が出るからその大会に人が集まります。そういう意味では、他の団体の大会にはそこまでお客さんが付いているわけではないと僕は勝手に思ってます。KNOCK OUT、REBELSがあるから見に行こうという人を単純に増やすためにも、選手個人が1人でも、200人、300人、500人、1000人のファンを掴みにいかないといけないと思ってます。そうしないと僕があと5年後に出来ることじゃないですし、僕がいなくなったら一気に300人、500人のファンがいなくなります。そういう人たちが僕がいなくても、新しい選手を観に大会に行こうという形を作らないといけないと思っています」と熱い想いも語った。

また、8月10日に開催された『REBELS.62』でリング上から挨拶した日菜太が「本当のキックボクシングブームをみんなで作りたい」と発言したことについては「K-1がキック界でセ・リーグだったらKNOCK OUT、REBELSがパ・リーグになれるように、RISEもあって三つ巴で盛り上がるように、KNOCK OUT、REBELSは面白くて凄いというのを作り上げないといけません。そういう意味でもファンと近い団体になって欲しい。試合以外でのイベントをやるとか、REBELSらしい、KNOCK OUTらしい色を出したい」と野望も語った。

 

丹羽圭介(TEAM KSK)

K.O TRYOUTでTeam良太郎のメンバーである井樋大介を相手に、スパーリングを披露した丹羽は回転の速いコンビネーションを見せ、「コンディションはもうだいぶ仕上がっています」と好調をアピールした。

今年4月にREBELS 63kg級王者を獲得し、王者として初の試合をKNOCK OUTで迎えることになり「KNOCK OUTはチャンピオンしか出られない大会だと思うので自分のステージが上がっているのを感じ、責任感を感じています。ただ戦って勝つのではなく、何のために戦うのかと考えた時に自分だけの想いだけじゃない戦いになっていると感じています。同世代の30代、先輩方の想い、希望、夢を叶える戦いをやって中年の星になりたい。その生き様としてのエンターテインメントを一つ一つリング上で命がけてやりたい」と熱く意気込みを語った。

今大会の第1試合、“爆腕”大月晴明(マスクマンズ)との一戦に向けては「分析はバッチリです。鉄球が飛んでくるので一発当てられたら終わり。それを回避していかにぶっ倒すか。鉄球は確実に飛んでくるので、それを前半でいかに勝負させないかが重要と思います」と対策も問題ない様子。

また、打倒大月に向けて“無双ビート”を用意してきたという。この無双ビートとは一体!?

「神雅氣さんという音楽家が格闘技が大好きで、以前から人の動きや言動、歩き方をビートで全て解析してくれる大御所がいるんです。モハメド・アリ、ワシル・ロマチェンコ、フロイド・メイウェザーといった世界のトップファイターはみんなビートの中で動いている、と分析されていて『一緒にやろうよ』と言っていただき、コラボする機会がありました。ギター、ピアノのリズムの中で動きを体現して音の中で練習をやっています。無双ビートでは、流れる水、円のような動きで、相手の空いているところを円で捉えていく。一方向だけで見ないで、全てを柔らかい攻撃で無限に攻撃を当て続けられるんです」

大月戦に向けては「大月選手のビートはこれで、それを上回るのがこのビートだというように作り込んでいます。大月選手は2拍子、頑張って3拍子の動きで。大月選手には一発の怖さがありますが、僕はそれを上回る拍子で戦い続けたい」と独特な表現で勝利を予告した。

大月戦後には、KNOCK OUTで自身の階級である63kgでトーナメント開催を希望しており、「勝った先に何があるかを応援してくれる人と一緒に思い描き、それをかなえていくストーリーが必要だなと思います。今回、大月選手を倒し、レジェンド枠を引き継ぐというのもひとつのテーマです。大月選手を倒して中年の星になりたい」とした。

 

K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER

◆日 時
2019年8月18日(日) 開場 13:00 開始 14:00
◆会 場
大田区総合体育館
◆アクセス
〒144-0031 東京都大田区東蒲田1丁目11番1号 TEL:03-5480-6688
京急線梅屋敷駅徒歩5分、京急蒲田駅徒歩7分、JR線・東急線蒲田駅徒歩15分
http://www.ota.esforta.jp/access/index.html

◆主 催
株式会社キックスロード
◆協 力
ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード
◆協 賛
株式会社エム・ティ・エム
◆入場料金(消費税込み)
・柵内VIP(特典付き)50,000円 残りわずか
・アリーナS 20,000円 完売
・アリーナA  12,000円 残りわずか
・アリーナB  10,000円 完売
・1FスタンドA  8,000円
・2FスタンドB     6,000円 残りわずか
・2FスタンドC 4,000円
※当日券は各1,000円アップ
◆チケット発売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:843-143) https://bit.ly/2QYWjLb
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999