レポート

KNOCK OUT 2020年戦略発表と2.11大田区総合体育館大会についてのお知らせ

11月14日(木)「KNOCK OUT 2020年戦略発表会見と2.11大田区総合体育館大会についてのお知らせ」が都内にて行われました。

2020年KNOCK OUT 戦略発表

■ピラミッドの構築
これまでのKNOCK OUTはヒジありのリングとしてのイメージがあったが、2020年のKNOCK OUTは「ヒジあり、ヒジなし両方のルールにおいて立ち技の最高峰を目指すリング」というコンセプトのもと再始動。
REBELSは格闘技の聖地後楽園ホールにてREBELS王座を目指し、REBELS王者がKNOCK OUTの出場権を得る。

■2020年のKNOCK OUTとREBELSの興行について
KNOCK OUT―――――――――――――――――――――――――――――――――
2月11日(火祝)KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1 大田区総合体育館
9月12日(土) KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2 大田区総合体育館
その他興行名称は「KNOCK OUT CHAMPIONSHIP REBELS」として、KNOCK OUT CHAMPIONSHIP(本戦)出場のための選抜大会となる。
主催:12月より社名変更の株式会社ブシロードファイト
REBELS―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2月29日(土)REBELS.64 後楽園ホール
4月29日(金)REBELS.65 後楽園ホール
7月8日(水)  REBELS.66 後楽園ホール
8月30日(日)REBELS.67 後楽園ホール
11月8日(日)REBELS.68 後楽園ホール

■わかりやすさと独自の世界観
また、KNOCK OUTでは“わかりやすさ”を追求するため、
ヒジありのルールを「REDルール」、
ヒジなしは「BLACKルール」の名称となり、それぞれのルールにて王座も設立。
また、階級名称は数字表記に改められる(例えば、従来のスーパーバンタム級表記は55.5kgに)。
なお、REBELSでも今後この名称で統一される。

2.11 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1 64kgトーナメント決定!

64kg級でBLACKルールによる8人制ワンデートーナメント「無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX」の開催が決定。
現在ヤングアニマル誌上で連載中のマンガ「無法島」とコラボしたトーナメントとなり、会見に同席した作者の森恒二氏は「私は元々格闘技、キックボクシングが好きで、その中でもKNOCK OUT、REBELSが好きなので少しでも応援できればと思いました。私の漫画の作風としてはサバイバル漫画が多く、“トーナメント=サバイバル”という形なので、漫画の新しいプロモーションの形として一緒にお手伝いさせていいだたき、一緒に盛り上がっていければいいなと思います」とコメント。

KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX出場選手は
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
丹羽圭介(TEAM KSK)
橋本悟(橋本道場)
与座優貴(橋本道場)
バズーカ巧樹(菅原道場)
の5名が現在決定。残り3選手は現在交渉中となる。

山口プロデューサーは「誰も判定で勝とうという選手はいません。倒し屋を意識して集めました。KNOCK OUTの新しい未来を体現できる選手です」とメンバーの選出理由を語った。組み合わせは後日発表される。

以下、参戦が決定した各選手の意気込み

鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
「今回、このトーナメントメンバーに選んでいただき、意気込みは今までと一緒です。有言実行します。僕が絶対にチャンピオンになります。全員KOします。判定じゃダメです。絶対KOします。」

(どういう試合をしたいか?)
1日最大3試合やりますが、僕のこのダイヤモンドパンチでいつ通り1Rで倒して、できるだけ時間をかけません。クレイジーダイヤモンドなので暴走に任せます。
(対戦したい選手は?)
全員とやってKOする自信もあります。全員ぶっ倒します。
(丹羽と対戦したら)
僕は二ワールドを崩壊させます!

丹羽圭介(TEAM KSK)
「今、無双ビートをどんどん出してます。この過酷なワンデートーナメントを制覇して、チーム・二ワールドの力を総結集させて、格闘技好きな人、格闘技好きじゃない人にまで届くような、ワクワクするような試合をしてこのベルトの価値を上げていきたいです。」

(どういう試合をしたいか?)
KNOCK OUTのリングなので判定ではなく1試合1試合を無双ビートで本気でぶっ倒します。日々進化しているので、2月に向けて無双ビートの進化版を見せます。
(対戦したい選手は?)
名指しで言われているので鈴木選手。彼のパンチが届くのか、届かないのか。僕の無双ビートを使って、無双クレイジービートに巻き込みたいです。鈴木選手は若くてイケイケですけど、本当の苦しさ、辛さの奥行きを味わっていないと思います。自分がどういう状態になるのかを二ワールドの奥行きで味わってもらいたいと思います。

橋本悟(橋本道場)
「10月に(鈴木)千裕君にすぐにやられてしまって、何でこいつが出るんだ!?と思われてるでしょうし、出るか悩んだんですけど、ここで勝てたら復活したといえると思って出ることにしました。」

(どういう試合をしたいか?)
もちろん1Rから倒したい気持ちがありますが、判定決着になっても根性を見せられる試合をしたい。
(与座との同門対決は)
一番やりたくはありませんが、もし二人で決勝に上がれたら最高です。
(対戦したい選手は?)
先月10月に千裕君にやられたので、もう一度やりたいです」

与座優貴(橋本道場)
「キック転向1年足らずでこのような大きな舞台に出られることを非常に嬉しく思います。現状に満足せず、出るからにはしっかり優勝します。」

(どういう試合をしたいか?)
僕は空手出身なのでトーナメントには慣れていて、3分3Rも慣れてきています。全部延長戦にもつれたとしても、全試合で最後まで気持ちを見せて全選手を倒すつもりでいきます。
(橋本との同門対決は?)
決勝戦でやれたら最高です。
(対戦したい選手は?)
自分以外はこの階級のトップ選手なので、誰とやっても楽な相手はなく厳しい戦いになります。どの選手とやっても勝てるイメージでいきます。

バズーカ巧樹(菅原道場)
「2月まで火薬補給(バズーカ砲の)に集中します。」

(どういう試合をしたいか?)
3試合ともバズーカ砲を命中させます。
(対戦したい選手は?)
特にいないので自分の試合をするだけです。

良太郎 vs スアレック・ルークカムイが決定!

REDルールでREBELS-MUAYTHAIライト級王者・良太郎(池袋BLUE DOG GYM)と
REBELS-MUAYTHAIライト級暫定王者スアレック・ルークカムイ(タイ/STURGIS新宿ジム)のノンタイトル戦が決定。

良太郎コメント
「元々は10月にタイトルマッチでスアレック選手と対戦する予定でしたが、僕のケガで延期になりました。今回は事実上の統一戦だと思うので、勝った方がREBELSのチャンピオンといっていいと思います。ガンガン打ちあって楽しい試合になると思います。負けたら返上します。勝った方が正規王者で文句はありません」

スアレック・ルークカムイコメント
「大きな大会でいつも通り、楽しい試合をしてガンガンいきます。KNOCK OUTの黒・赤の両方のベルトを狙っていきたい」

日菜太・ぱんちゃん璃奈が参戦決定!

出場が決定した日菜太(クロスポイント吉祥寺)の対戦相手は現在交渉中。

日菜太コメント
「今年言い続けた新日本プロレス東京ドーム大会への道は、8月に負けてしまいましたが、僕はまだ諦めていません。『1.4東京ドームは棚橋! 2.11大田区は日菜太!』と言ってもらえるように、大田区を自分の力で満員にして、その権利を来年勝ち取って東京ドームに出たいと思います。この試合を含めて3試合で東京ドーム辿り着きたいと思います。(2月の対戦相手に)浮上して来ている選手はいい相手です。その選手に勝ったら、夏に土をつけられたジョムトーンと再戦したいです。そこでKNOCK OUTのBLACKベルトを懸けて欲しいです。そこでベルトを取ったら、世界最強と思っている3強、シッティチャイ、ペトロシアン、アラゾフの一角と、最後に本気の試合をしたいです。そして勝って悔いなくキック人生を全うしたい」

出場が決定したぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)の対戦相手は現在交渉中。

ぱんちゃん璃奈コメント
「大田区大会に出るメンバーが凄い。ワンデートーナメントで1日3試合もする選手もいる中で、いい試合をしないといけません。結構自分的にはプレッシャーを感じていますが、64kgの選手に負けないように自分も熱い気持ちを持って、パワーでは劣るかもしれないけど、負けないようないい試合をしたいと思っています。今年2月にプロデビューして、ちょうど1年で大きな舞台でできるというのは本当に自分でも嬉しいです。デビューした時から1年後に必ずトップ選手なるという目標を掲げているので、2月にしっかり勝利して、来年は強い選手とどんどん戦っていきたいと思います。(ベルトに対する気持ちは)赤のかわいいベルトがいいのですが、首相撲があるルールは考えられません。今のルールを極めてから挑戦したいので黒のベルトを狙っていきたい。46kgで頂点を取って48kgでも戦っていきたい。(どんな相手とやりたい?)対戦したい相手を言えるのはベルトを獲ってからだと思うので、今は一切ないです。戦いたい選手はたくさんいますが、ベルトを獲ってからアピールします。(どんな1年だった?)私に対して一切誰も興味持っていなかったのに、この1年で応援してくれる人が増えました。こんなに大きな舞台に立てるとは思ってもいませんでした。恵まれているし幸せなことなので、結果でバッチリ見せたいと思います」

2020年2月11日(火祝)大田区総合体育館 KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1
チケット発売はFC先行発売が11月下旬、一般発売が12月上旬を予定
無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIXが軸となる2020年最初のビッグマッチにご期待ください。

無法島とは―――――――――――――――――――――――――――――――――――
累計330万部超の大ヒットサバイバルコミック「自殺島」。
そこでは語られなかった前日譚を描く衝撃作!!
20××年、政府は増え続ける凶悪犯に対し、試験的に流刑制度を復活させた。死刑に相当する凶悪犯62名が送られた島の名は、通称「無法島」――。家族を惨殺され、無実の罪を着せられ、この島へと辿り着いた一人の青年。あまりにも過酷な現実が、いま動き出す…。