KNOCK OUT × REBELS

KNOCK OUT × REBELS

2019 年10 月4日(金 )17:30 OPEN / 18:00 START

後楽園ホールhttps://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

◆主 催:株式会社キックスロード ◆協 力:ぴあ株式会社 株式会社Def Fellow 株式会社ブシロード

過去試合

試合結果

Match result

第1試合

KNOCK OUTルール 52㎏契約 3分3R

空龍
空龍

新日本キックボクシング協会日本フライ級2位

心直
心直

初代NJKF 45Kg王者

VS
判定0-1

(30-29、29-29、29-29)1R、蹴り技主体の空龍に、心直は上下に散らす蹴り技をすぐに返して優勢。2Rも心直がややリードも、3Rになると空龍がパンチをヒットさせる場面が増え、ドローに終わった。

第2試合

REBELSルール 60㎏契約 3分3R

古谷野 一樹
古谷野 一樹

恭介
恭介

VS
判定0-3

(30-28、30-28、30-28)1R、パンチで攻める古谷野に、恭介は右ローから多彩な蹴り技で対抗。2R、接近戦でパンチをもらう恭介は苦戦しながらも蹴り技を的確に当てる。3Rも随所で蹴りで優勢を印象付けた恭介が判定勝ちした。

第3試合

KNOCK OUTルール 70㎏契約 3分3R(延長1R)

喜多村 誠
喜多村 誠

松島 勲也
松島 勲也

VS
判定0-3

(30-28、30-28、30-28)1R、喜多村のローに対し、松島は得意の左ボディを炸裂させる。2Rには左ミドルで喜多村のボディをえぐって、徐々に松島が流れを引き寄せる。3Rもアグレッシブに攻める松島が判定勝ちした。

第4試合

REBELSルール 46kg契約 3分3R(延長1R)

MIREY
MIREY

J-GIRLSピン級王者

ぱんちゃん璃奈
ぱんちゃん璃奈

VS
判定0-3

(30-29、30-27、30-27)1R、パンチ主体の攻めのMIREYに対し、ぱんちゃんは鼻血を出しながらも左右ミドル、前蹴り。2Rには、ぱんちゃんが首相撲からのヒザも当て動きを止めると、3Rもパンチと蹴りでペースを握る。MIREYのパンチを被弾しながらも優位に試合を進めたぱんちゃんが判定勝ち。

第5試合

KNOCK OUTルール スーパーフライ級52.5㎏ 3分3R(延長1R)

大﨑 孔稀
大﨑 孔稀

濱田 巧
濱田 巧

VS
判定3-0

(30-28、30-28、30-27)1R、濱田のカーフキックに苦戦する大崎だが、2Rには接近戦でのテンカオ、ヒジ、パンチと手数で圧倒。3R、動き続ける濱田に、大崎は何度もカウンターのヒザを合わせて主導権を握り大差を付けて判定勝ちした。

第6試合

KNOCK OUTルール 52㎏契約 3分5R

石川 直樹
石川 直樹

ジャパンキックボクシング協会初代フライ級チャンピオン

仲山 大雅
仲山 大雅

WBCムエタイ日本統一フライ級王者

VS
3R TKO

1Rは互角の展開の中、2Rになると仲山が左ハイでダウンを奪う。終盤には偶発性のバッティングで石川が右まぶたをカット。3R、仲山の攻撃がヒットすると、石川の傷口が広がり出血しドクターストップ。仲山のTKO勝利。

セミメイン 第7試合

KNOCK OUTルール フェザー級57㎏契約 3分5R

安本 晴翔
安本 晴翔

新人
新人

VS
1R TKO

1R早々、安本が左ハイをヒットさせると左右フックの連打でダウンを奪う。その後もパンチ連打で2ダウンを奪った安本がTKO勝ちで完勝した。

メインイベント 第8試合

REBELSルール 64㎏契約 3分3R(延長1R)

橋本 悟
橋本 悟

鈴木 千裕
鈴木 千裕

VS
1R KO

1Rゴングと同時に仕掛けた鈴木は右ハイキックをヒットさせるとパンチラッシュ。後退する一方の橋本に右フックを浴びせた鈴木が秒殺KO勝ちした。

オープニングマッチ①

REBELSルール 90㎏契約 3分2R

えっちゃん
えっちゃん

門馬 祐輔
門馬 祐輔

VS
判定0-3

(20-19、20-19、20-19)1R、ぶんぶんパンチを振り回すえっちゃんに、門馬は左右ミドルで迎撃。2Rになるとスタミナ切れで失速のえっちゃんに、門馬は最後まで攻め続け判定勝ちした。

オープニングマッチ②

REBELSルール 80㎏契約 3分3R

マニー・センチャイジム
マニー・センチャイジム

豊 圭一
豊 圭一

VS
2R TKO

1R、バチバチの打ち合いの中、豊が強打を炸裂させて2度のスタンディングダウンを奪う。2R、豊が左ボディを当てるとマニーは反撃できず戦意喪失。豊がTKO勝ち。